1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 国内
  4. 沖縄
  5. 沖縄本島
  6. 買物・土産
  7. 【期間限定~11/18(日)】浦添市美術館・竹久夢二展チョーおすすめ!【大正ロマン】

南の島からチャービラサイ
プロフィール

ニックネーム:
YOEC
居住地:
沖縄県
会社名:
よしもと沖縄エンターテイメントカレッジ
会社英字名:
YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.
会社所在地:
沖縄県
業種:
その他
自己紹介:
2011年4月沖縄に開校した養成所「よしもと沖縄エンターテイメントカレッジ(YOEC)」です。現在第2期生の生徒が在学中!
2期生の芸人の卵から、沖縄のさまざまな情報を発信していきます!

●たから
YOEC2期生の女子大生芸人!「高良ミエコ」です。
県民歴11年目の島ないちゃーであります。
沖縄のあれこれを紹介していきたいと思います。

●きゃんでぃしょっぷ
崎濱 秀人 28歳
外間 裕太郎 28歳
山城 雄佑 28歳
老若男女に愛され親しまれるキャンディ(飴玉)の様になりたいと願う
名前とは裏腹に見た目そんなに可愛くないトリオですが、
皆々様、どうぞあたたかく見守って下さい。

●プレイングサポーター
2011年8月に住み慣れた東京から沖縄についうっかり移住してきました。
ピン芸人のプレイングサポーター 浪崎ただしです。
41才のお笑い1年生です。そして沖縄生活歴1年。
新しい事づくめで刺激的な日々を過ごしています!

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

【期間限定~11/18(日)】浦添市美術館・竹久夢二展チョーおすすめ!【大正ロマン】

2012/10/17 22:21
YOEC
エリア:
  • 沖縄 > 沖縄本島 > 那覇・首里
  • 沖縄 > 沖縄本島 > 宜野湾・浦添
テーマ:
  • 買物・土産
  • / 歴史・文化・芸術
  • / 散歩・自転車
どうも、プレイングサポーター浪崎です。
一つ前の『奥武山公園、那覇まつり』が、このトラベルコちゃんの、国内ブログアクセスランキング3位になりました!ありがとうございます!

さて今日は台風接近に伴い風が強い中。
愛車のプジョー(ただし自転車)にまたがり、出発です。
今日は、那覇市天久から、『浦添市美術館』まで!
プレイングサポーター@新都心

沖縄モノレール、「ゆいレール」の「おもろまち駅」ヘ向けて58号線を結ぶ街、新都心を横断します。
那覇市内のホテルから出発したら58号を北上。
天久の交差点を右折。すぐに
天久りうぼう楽市
新都心の「楽市」(らくいち)があります。
沖縄きてのちょっとしたアクティビティー。
サンゴで引っ掛けて、水着がパー!とかになった時とか?
スポーツデポ
スポーツデポさんが頼りになります。

で小腹がすいたら
みの家とか、はなまるとか
みの家さんとか、はなまるうどんとか。

でもって、もちろん普通にここの正式名称は
『天久りうぼう楽市』
おきなわのスーパー、「りうぼう」
スーパーりうぼう
日用品は大抵揃います。あ。あと併設されてる。ダイソーが24時間営業
うーん!夜型民族の国琉球!
長期滞在の方はぜひ。あ。浪崎の日常酒。瑞泉《イエロー》の一升瓶はここで購入します。(1ミリもいらない情報)

さて先に進みましょう
急に天候が変わったりしたら。ぐらいっすかな
muji ユニクロ
ま、いったら、本土でも普通に買えるその安心感!
無印良品とユニクロ。
というかですね。旅行に行って、あ!あれ忘れた!の時に是非。

で。そしたらあとは、デジカメのメモリカードとか?
BB ベスト電器天久
関東では馴染みないけどベスト電器の更にお求め易い板。
BB天久。

でもって更に東へ
あっぷるタウン
COOPです。まあお買い物もさることながら、プレイガイドが入ってるので
イベントの内容などが確認できるので那覇ベースであちこち、という方には是非おすすめ。
特に、本土では入手しづらいような、伝統芸能の小さなステージとかそういったたぐいの情報があったりなかったり。

更に更に東へ。
沖縄県立美術館博物館
ここは県立の、博物館と美術館。
入口の屋外展示に沖縄各地の『石』とかあります。マニアックすぎるw

その道を挟んだ反対側
サンエーメインプレイス
サンエーメインプレイス。
専門店街で最近大幅改装おわりましたよ。
2階にムラスポ入ってるのでここでも水着やら。あとね。
ラッシュガード買うといいです、海行く人は。

この道の終点はまもなく。
DFSギャラリア裏手
DFSギャラリア裏手が見えてきます。ここ結構大事です。なぜか!
レンタカー返却場
沖縄滞在でレンタカーって方!ここで返却ってパターン多いはずです!入り口はこっちです!
なので、中北部から南下して買える場合は330号から来るとちょっとわかりにくいです。
逆に那覇方面から来たらこの新都心を通過。
楽市などでかるくおみあげGETしてからもいいのではないかな?と。

で。突き当りをが330号線。
浦添バイパス?などという形になるのです。
北上して行くと坂をグングンのぼります。
写真撮りませんでした。北風で上り坂。
チャリはしんどかった…いあまじで。

でもって中略。

着きました
浦添市美術館
浦添市美術館入り口
・・・・・読みにくいです。
中に進むとオブジェがあったりします。
なんとなく気になるこれ…
なんにみえます?
概念の構造
タイトルは…「概念の構造」…だそうです。なんか気になるけどタイトルが僕にはピンときませんでした。所詮凡庸w

でもって敷地を右折。
美術館敷地
なんか味のある感じ!
平日ってこともあったんでしょうが人も多くなくなんとなくしっとりと良い感じ。
美術館入り口
入り口近辺はこんな感じ。さらに
美術館エントランス
エントランスを入ると天窓のドームからの光が柔らかく照らします。
(あ。ここまでは写真撮って良いそうですが、もちろん、館内の方に許可、ひと声かけましょうね。)

でもってこの浦添市美術館。
琉球漆器の美術工芸についての収蔵がすごいです。
さらに、その技巧などを伝えることにも力を置いているようで。
漆の日
11/13の、漆の日にむけて、11/10堆錦(ねった漆を盛り付ける技法)、11/11漆絵の、技法の体験教室が開かれるようです。
うおおお!次のライブ直前だから俺はいけないけど誰か言ってみてください!!!!
ちなみに開催内容や開館時間は公式ページをチェック
http://www.city.urasoe.lg.jp/archive/8761234/art/index.html


さてここからは竹久夢二展の感想です。
ぜひ行っていただきたいと思うのですが写真もないので…面白くなければぜひ読み飛ばしてくださいw

竹久夢二。明治後期に生まれて大正時代に活躍した画家…と紹介すべきなのか…
一番良く見られる「黒船屋」の絵は確かに立派な一枚画ですが。
あれ、実は黒船屋さんのオーダーで書かれた絵画。

竹久夢二は、商業画家だったんです。

その作品はもちろん美人画が有名ですが、実は本当にグラフィックデザイン的な作品も含めて多岐にわたっています。

今回の展示は、日光鬼怒川の、夢二美術館の収蔵品。
外部に貸し出されたのは2度めだそうです。その意味において、変な話ですが中国・四国地方より西の方!ぜひこの機会に沖縄に!

年表も極めて興味深かったです。
高校の先輩だったのを知りましたwwww

でその後、結婚して、離婚、離婚した元奥様の生活のための、版画や便箋などのお店を作ったとのこと。そのお店での商品。
千代紙や、封筒。
これが素敵!
風景あり、小紋あり、連続模様あり!あれほんと、今も売ったら売れると思う!
21点セットの額が2点あった、封筒は本当に素敵でした。

もちろん一枚画の美人がもゾクッとするほどの儚い目線。

あと、小作品に分類されるものなのかもしれませんが、書籍の装丁、少年雑誌の表紙
そういった、世にいう商業印刷物の仕事も手がけているのです。
楽譜集の表紙なども一点一点世界観のある素敵な絵がふんだんに展示されていました。

さらに、40歳の年の秋。関東大震災を経験されたそうで。
その際も、震災のスケッチをし、新聞に寄稿していた内容も展示されていました。
この内容も考えさせられる内容でした。生きるための人間の戦い。
100年近く前の関東がこんな状態だったのかと思うと…

特に印象的だったのは子供たちの自警団ごっこをやめなさい!と呼びかける一節でした。
関東大震災の時、外国人にたいして向けられた敵意と、それの狂気が子供たちに伝播することを諌める記事を寄稿していました。
正直本当心に刺さった記事でした。イラストも目に焼き付きました。



さて、浦添市美術館の夢二以外の内容にも触れますと。
漆の収蔵品がすごい!螺鈿細工!堆錦!びっくりしました!

声を大きくして言いたい!浦添市美術館!
もっとPRしていいですよ!!!!!

9:30〜17:00が平日の開館時間ですが、あっというあの時間でした。
またおじゃまいたします。

告知

「第11回お笑いガチマヤー×舞台版オバー自慢の爆弾鍋」
日付:11月14日(水)
於 :パレットくもじ9F パレット市民劇場
開場:18時半 開演:19時
チケット:前売り2000円 当日2500円
(※ここにコメントいただければ前売りチケットお取り置きできます。)

二期生も頑張って出番を狙います!ぜひ観に来てくださいませ!

『ラブレター〜よしもと芸人が好きを語る〜vol.2』

出演者
・初恋クロマニヨン
・レンダリング
・空馬良樹
・ひとつ
・ピーチキャッスル
・ぎゃんぐまんもす
・ボンボ
・又吉ヒロト

会場:北谷町美浜LIVE HOUSE MOD‘S
日時:10月23日 20時スタート!
チケット:前売1000円 当日1200円
前売チケット購入希望の方は
よしもとクリエイティブ・エージェンシー 沖縄事務所
098ー861ー5141

★ひやみかちマイグヮー館
「よしもと沖縄 お笑いライブ」

10/21(日) 15:00-15:30 and 18:00-18:30
10/26(金) 15:00-15:30 and 18:00-18:30

タグ:
浦添市美術館
新都心
DFS
プレイングサポーター
  • この記事が参考になった人(3)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
沖縄
沖縄本島(36)
沖縄離島(1)