1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. ボスニア・ヘルツェゴビナ
  5. 観光地
  6. ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 初めて訪れたときの印象 2007年

世界の街からこんにちは♪Y-O-U旅ブログ

~こだわりの旅、とどけます。オーダーメイド旅行・個人旅行ならY-O-U/やまおとうみへ☆~

地球最後の秘境・南極も扱っています!
プロフィール

ニックネーム:
Y-O-U
居住地:
東京都
会社名:
株式会社やまおとうみ
会社英字名:
Yama Oto Umi, Ltd.
会社所在地:
東京都
業種:
旅行業
自己紹介:
つながる。あなただけの想いの旅行へ。大地と空を好きな色に染めてあなた色の旅行を創り上げてください。私たちはほんのちょっとしたお手伝いをいたします。
テーマ・地域。こだわりのある旅をお届けいたします。

取扱テーマ:やま/おと/うみ/オーダーメイド/インバウンドツアー
取扱地域:南米/東欧/コーカサス/オセアニア/宇宙!?

その他職場旅行・団体旅行等も喜んでお受けさせていただきます。

http://www.y-o-u.co.jp
https://www.facebook.com/you.ltd/
https://twitter.com/yamaotoumi

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

アーカイブ

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 初めて訪れたときの印象 2007年

2013/05/20 13:44
ボスニア サラエボ
エリア:
  • ヨーロッパ > ボスニア・ヘルツェゴビナ > サラエボ
  • ヨーロッパ > ボスニア・ヘルツェゴビナ > モスタル
テーマ:
  • 観光地
  • / 街中・建物・景色
  • / 歴史・文化・芸術
ヨーロッパにあるイスラム色が強い国ボスニア。
この国を最初に訪れたのは2007年でした。

旧ユーゴ紛争は、どの民族が被害者で、どの民族が加害者かというものではなく、どの民族も互いに傷つけられていたし、傷つけていた。
しかし、当時の世論は「セルビア=悪」という見方でかたよっており、その後の支援もかたよっている。

というのは、今でこそ知られた事実かと思いますが、それを実際、現地に行くことにより、感じました。

最も戦いの激しかった地域のひとつであるが、多大な復興支援を得られたサラエボの現在のにぎわい・街の復興ぶりは、支援の少ない隣のベオグラードとくらべたら、10年.20年の違いを感じました。
サラエボもまだ戦いの跡はあちこちに残っているものの、人々の雰囲気は明るく、それがもはや過ぎ去った大きな歴史の一部として捉える事が出来つつあるように思いました。

ただ、サラエボは、なかでも特別なのかと思います。
モスタルは、オールドブリッジを中心とした旧市街のごく一部こそ、きれいに修復されてはいるものの、すこしそこを離れると、まだまだ痛々しい跡はたくさんあり、それらは生活の一部として存在しているというように感じました。
ボスニア モスタル
タグ:
東欧
中欧
ユーゴ
ボスニア
モスタル
  • この記事が参考になった人(3)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
ボスニア・ヘルツェゴヴィナへのご旅行は。東欧に特化したY-O-U/やまおとうみへ!
☆お気軽にお問い合わせください☆
ボスニア・ヘルツェゴヴィナへのご旅行は。東欧に特化したY-O-U/やまおとうみへ! ☆お気軽にお問い合わせください☆
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。