フェアユーセージポリシーとは何ですか?

フェアユーセージポリシー(Fair Usage Policy : FUP)とは、全てのお客様が公平に通信を利用するための政策です。
各レンタル会社、または渡航先で利用する通信会社の判断により、過剰なインターネット通信(1日250MB以上)を行った場合、利用の中断や制限が行われる場合があります。

Wi-Fiの通信は、一度に利用できるデータ量に上限があるため、1人のお客様が過剰に大きなデータ通信を行うと、他のお客様の通信速度の低下や、通信できなくなってしまう場合があります。
そのため、海外Wi-Fiの利用中は、「動画の視聴」「オンラインゲーム」「アプリやOSのアップデート」「大量の写真データの共有」などのご利用はお控えくださるようお願い致します。

各社のデータ通信量・フェアユーセージポリシーについて

▼JAL ABC
よくある質問「1日のデータ使用量に制限はありますか?」
https://jalabc.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/37/

▼Wi-Ho!<ワイホー>(株式会社テレコムスクエア)
海外WiFiの4つの基本
https://www.wi-ho.net/beginner/setting/

▼イモトのWi-Fi(エクスコムグローバル株式会社)
よくある質問「利用データ量に関する注意点はありますか?」
https://www.globaldata.jp/support/before/qa6/

▼グローバルWiFi(株式会社ビジョン)
データ通信量について
https://townwifi.com/fairuse/

▼ラッキーWiFi(株式会社テラリンク)
注意事項 データ通信量の制限について
https://luckywifi.jp/item#caution

他の人はこんなQ&Aも見ています