大阪発 沖縄 那覇行きの最安値

2024/04/18 02:06時点

大阪沖縄 那覇 沖縄 那覇大阪
5月出発 4,990円05/22 5,610円05/01
6月出発 4,940円06/12 4,940円06/04
7月出発 5,660円07/09 5,670円07/04

大阪発 沖縄 那覇行きのフライト情報

直行便の飛行時間 平均2時間25分 最も安い時期 2月
直行便を運航する
航空会社
ANA、JAL、スカイマーク、ソラシドエア、ジェットスター・ジャパン、ピーチ航空 最も高い時期 8月
週の平均便数 175

大阪発 沖縄 那覇行きを運航する航空会社

大阪(関空・伊丹・神戸)から沖縄 那覇行きの直行便を運航しているのは以下の航空会社です。

大阪発 沖縄 那覇行きのよくある質問

  • 大阪発 沖縄 那覇行きのフライトはどのくらい時間がかかりますか?

    関西国際空港-沖縄 那覇空港の直行便は約2時間30分、伊丹空港-沖縄 那覇空港の直行便は約2時間20分、神戸空港-沖縄 那覇空港の直行便は約2時間25分です。乗継便の場合は、乗継地や乗継時間によって異なるため、各便のフライト情報をご確認ください。

  • 大阪発 沖縄 那覇行きの路線ではどの航空会社が運航していますか?

    関西国際空港-沖縄 那覇空港はANA(全日空)、JAL(日本航空)、ジェットスター(Jetstar)、ピーチ航空(Peach)が運航しています。伊丹空港-沖縄 那覇空港はANA、JALが運航しています。神戸空港-沖縄 那覇空港はANA、スカイマーク、ソラシドエアが運航しています。伊丹空港、神戸空港にLCCの就航はありません。

  • 大阪発 沖縄 那覇行きの航空券の価格はいくらですか?

    大阪-沖縄 那覇空港の航空券の最安値は、[5~7月]大阪発4,940円、[5~7月]沖縄 那覇空港発4,940円です。この金額は過去1週間に検索された大人1名分の片道航空券(諸税等込)の価格です。ただし空席状況により随時変動するため、最新の金額は検索してご確認ください。

  • 大阪発 沖縄 那覇行きの航空券の変更はできますか?

    予約の変更可否は航空券ごとに異なります。予約した航空券の利用条件をご確認ください。トラベルコでは日付変更可能な航空券には「変更可」、日付変更不可能な航空券には「変更不可」と表示しています。

  • 大阪発 沖縄 那覇行きの航空券が一番安いのはいつですか?

    大阪-沖縄 那覇空港の航空券は、一般的に2月出発が安くなります。ただし航空券の価格は空席状況により随時変動するため、最新の金額は検索してご確認ください。

  • 大阪発 沖縄 那覇行きの航空券をキャンセルした場合、航空券代金は返金されますか?

    返金可否は航空券ごとに異なります。予約した航空券の利用条件をご確認ください。トラベルコでは返金可能な航空券には「払戻可」、返金不可能な航空券には「払戻不可」と表示しています。なお払戻可能な場合でも、別途手数料がかかる場合があります。

  • 沖縄には空港がいくつありますか?

    沖縄には、那覇空港、久米島空港、北大東空港、南大東空港、宮古空港、下地島空港、多良間空港、石垣空港、与那国空港の9つの定期便が就航する空港があります。

  • 大阪発 沖縄 那覇行きの飛行機が遅延・欠航した場合、航空券代金は返金されますか?

    飛行機が遅延・欠航した場合、払い戻しや予約の変更が可能です。詳細は予約した航空会社または旅行会社へお問い合わせください。

  • 大阪発 沖縄 那覇行きのフライトで座席指定をすることはできますか?

    座席指定の可否は航空券ごとに異なります。予約した航空券の利用条件をご確認ください。予約サイトで指定可能な場合や予約後に航空会社サイトにて指定可能な場合がありますが、座席指定ができる期間や座席数には限りがあり、運賃タイプによっても異なります。

沖縄 那覇の現地情報

沖縄県は国内最南端に位置し、島々が連なるエリア。最も面積の大きな沖縄本島に県庁所在地の那覇があり、琉球王国ゆかりの名所旧跡をはじめ飲食店や商業施設が集まっています。那覇市内を観光するなら、ゆいレールが便利。那覇以外の沖縄本島各地にも足を延ばすならレンタカーがおすすめ。那覇を拠点に、慶良間諸島や久米島といった本島周辺の離島を日帰りで訪れることも可能です。那覇空港周辺にも観光、ショッピングスポットが点在しており出発時間ギリギリまで楽しめます。

沖縄県の人気スポット

沖縄が誇る観光スポットの代表格が「首里城公園」です。琉球王国の華やかな文化や歴史を現在に伝えてくれるスポットで、首里城跡は2000年12月に世界遺産に登録されています。2019年2月には有料区域の新エリア「御内原(おうちばら)」が開園しました。2019年10月に発生した首里城正殿火災の影響により、現在も復元作業が進められています。復元現場は一般公開されており、さまざまな展示・解説により復興の様子を知ることができます。

沖縄県、那覇空港のお土産

沖縄 那覇空港には、沖縄ならではのお土産がたくさんあります。沖縄土産の定番「ちんすこう」はサクサクとした食感が特徴の伝統菓子で、プレーンのほか塩、黒糖、パインなどフレーバーの種類も豊富です。また、沖縄県産の紅芋を使った「紅いもタルト」も定番のお土産のひとつ。素材そのものの味を生かした優しい甘さで人気のお菓子です。おしゃれで見た目もかわいいスイーツをお探しなら、沖縄の食材を多く使ったほうき星の「黒糖カヌレ」がおすすめです。

大阪発 沖縄 那覇行きの発着空港・交通アクセス

関西国際空港について

続きを読む

関西国際空港は南海およびJR関西空港駅に直結しています。大阪駅までは電車で所要約1時間。大阪市内や京都市内、神戸市内などと結ばれた鉄道や高速道路が整備されているため、アクセスが非常に便利です。
また、関西国際空港には飛行機の離着陸が見られる展望デッキがあります。展望デッキからは迫力ある飛行機の離着陸を間近で見ることができます。
関西国際空港~沖縄 那覇空港の直行便は所要約2時間30分で、ANA(全日空)、JAL(日本航空)、ジェットスター(Jetstar)、ピーチ航空(Peach)が運航。関西圏を発着するLCC(格安航空会社)は全て関西国際空港にのみ就航しています。

発着地交通機関・所要時間
新大阪駅JR 50分
大阪駅JR 65分 リムジンバス 50分
なんば駅南海 35分 リムジンバス 50分
USJリムジンバス 70分
京都JR 75分 リムジンバス 85分
神戸(三宮)JR 90分 リムジンバス 65分
神戸空港高速船 30分
伊丹空港リムジンバス 70分

伊丹空港について

続きを読む

モノレール大阪空港駅直結。大阪駅までは電車やバスで所要約30分。大阪市内に位置し、市街地から約10キロメートルの距離にあります。そのため、大阪市内や京都市内など近隣都市への移動に便利です。大阪市内までは、関西国際空港より近い位置にあります。
伊丹空港は関西の空港のなかでも国内線の基幹空港として機能しており、国内線の本数が充実しています。ANA(全日空)、JAL(日本航空)以外にも、仙台と大阪を結ぶIBEXエアラインズや、熊本の天草空港へ運行する天草エアラインなど地域航空会社も就航中です。
伊丹空港~沖縄 那覇空港の直行便は所要約2時間20分で、ANA、JALが運航。LCCの就航はありません。

発着地交通機関・所要時間
梅田駅(大阪駅)モノレール・阪急 30分 リムジンバス 30分
新大阪駅リムジンバス 25分
なんば駅リムジンバス 25分
USJリムジンバス 45分
京都駅リムジンバス 55分
神戸(三宮)リムジンバス 40分
近鉄奈良駅リムジンバス 60分

神戸空港について

続きを読む

神戸空港は神戸のポートアイランド沖に整備された海上空港で、ポートライナー神戸空港駅に直結しています。三宮駅までは電車で所要約20分。三宮はJR、阪急、阪神などが乗り入れるターミナル駅であり、神戸の中心部はもちろん大阪、京都、姫路など関西の各都市への移動に便利です。
また、神戸空港には神戸のお土産に特化したショップがあり、神戸を代表する洋菓子を中心に、神戸ビーフ、神戸ワインなどさまざまなお土産がそろっています。
神戸空港~沖縄 那覇空港の直行便は所要約2時間25分で、スカイマーク、ソラシドエア(ANAとの共同運航)が運航。LCCの就航はありません。

発着地交通機関・所要時間
三ノ宮駅ポートライナー 20分
徳島駅空港バス 140分

沖縄 那覇空港について

続きを読む

沖縄 那覇空港はゆいレール那覇空港駅に直結しており、那覇のメインストリート、国際通りに最寄りの壺川駅まではゆいレール(モノレール)で所要約10分です。
那覇空港の滑走路は海に向かって伸びており、美しい海岸線を眺めながら離着陸することができます。また、那覇空港からは車で30分程度でビーチにアクセスできます。観光客にとっては那覇空港を利用して沖縄のビーチを楽しむことができるのも魅力のひとつです。
那覇空港~関西国際空港の直行便は所要約2時間30分、那覇空港~伊丹空港の直行便は所要約2時間20分、那覇空港~神戸空港の直行便は所要約2時間25分で、ANA(全日空)、JAL(日本航空)、スカイマーク、ソラシドエア、ジェットスター(Jetstar)、ピーチ航空(Peach)が運航しています。

発着地交通機関・所要時間
国際通り(壺川駅)モノレール 10分
旭橋駅モノレール 10分 路線バス 10分
名護市内高速バス 110分

大阪から沖縄 那覇空港間の移動にかかる時間と費用

大阪→沖縄 那覇空港の路線情報

関西国際空港から沖縄 那覇空港間の移動で利用できる航空会社は4社です。1日に運航する本数は、ANA(全日空)が3本、JAL(日本航空)が3本、ピーチ航空(Peach)が6本、ジェットスター(Jetstar)が2本です。始発はピーチ航空の6時35分発、最終便はJALの20時05分発です。
伊丹空港から沖縄 那覇空港間の移動で利用できる航空会社は2社です。1日に運航する本数は、ANAが3本、JALが2本です。始発はANAの8時15分発、最終便はJALの14時50分発です。
神戸空港から沖縄 那覇空港間の移動で利用できる航空会社は2社です。1日に運航する本数は、スカイマークが4本、ソラシドエアが3本(ANAとの共同運航)です。始発はスカイマークの7時30分発、最終便はスカイマークの18時10分発です。
(2023年4月 トラベルコ調べ)

大阪→沖縄 那覇空港の所要時間

大阪から沖縄 那覇空港までの所要時間は、関西国際空港→那覇空港の直行便が約2時間30分、伊丹空港→那覇空港の直行便が約2時間20分、神戸空港→那覇空港の直行便は約2時間25分です。ただし、天候や空港の混雑状況などによって、所要時間は変動する場合があります。また、出発地や到着地のターミナルによっても所要時間が異なる場合がありますので、ご注意ください。

大阪→沖縄 那覇空港の航空券の相場

大阪~那覇(沖縄)間の航空券料金は、時期や航空会社などにより異なりますが、年間を通しての相場は大手航空会社では片道約15,000円~32,000円程度、LCCでは6,000円~10,000円程度となっています。
大阪~那覇間はリゾート路線として人気があるため、ゴールデンウィークと夏休み期間は価格が高くなる傾向にありますが、早期予約やキャンペーンなどを利用すれば比較的安い航空券を購入することも可能です。
航空券料金は空席状況により随時変動するため、最新の金額は検索してご確認ください。

大阪→沖縄 那覇空港の直行便以外のアクセスルート

大阪から沖縄 那覇空港までのフライトは直行便を利用するのが一般的です。九州で乗り継ぐ場合は福岡空港を経由するルートがあり、大阪~福岡間はANA(全日空)、JAL(日本航空)、スカイマーク、ソラシドエア、ピーチ航空(Peach)、IBEXエアラインズ、福岡~那覇間はANA、JAL、スカイマーク、ソラシドエア、ピーチ航空が運航しています。このルートでは到着までに時間がかかりますのでご注意ください。

大阪→沖縄 那覇空港の空港情報

大阪→沖縄 那覇空港への便

大阪~那覇(沖縄)間は、ANA(全日空)、JAL(日本航空)、スカイマーク、ソラシドエア、ジェットスター(Jetstar)、ピーチ航空(Peach)の6社が就航しています。
始発は関西国際空港発ではピーチ航空の関西国際6:35→那覇8:55の便、伊丹空港発ではANAの伊丹8:15→那覇10:30の便、神戸空港発ではスカイマークの神戸7:30→那覇9:30の便があります。最終は関西国際空港発ではJALの関西国際20:05→那覇22:15の便、伊丹空港発ではANAの伊丹14:50→那覇17:00の便、神戸空港発ではスカイマークの神戸18:10→那覇20:15の便があります。(2023年4月 トラベルコ調べ)
大阪~那覇間は、観光や仕事など多くの方々が利用する人気の路線です。航空券のハイシーズンは年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などの大型連休期間で混雑が予想されるため、その期間に利用を検討されている場合は早めの予約をおすすめします。

大阪→沖縄 那覇空港区間の特徴

大阪から沖縄 那覇空港への区間は、日本国内の航空便の中でも人気の高い区間のひとつです。以下のような特徴があります。
・観光客が多い:大阪から那覇へ向かう航空便は、主に観光客が利用する傾向があります。沖縄は美しい海や文化的な観光スポットが多く、年間を通じて多くの観光客が訪れます。
・複数の航空会社が就航している:大阪から那覇へ向かう航空便には、複数の航空会社が就航しています。ANA(全日空)、JAL(日本航空)、スカイマークなどが運航しており、選択肢が豊富です。
・観光地としての魅力:大阪と那覇はそれぞれに人気の観光地があり、多彩な魅力を持っています。大阪には大阪城や通天閣、道頓堀などがあり、那覇には首里城や美ら海水族館、国際通りなどがあります。

沖縄 那覇空港の特徴

那覇空港は、国内線・国際線を含む多くの航空会社が就航しており、観光客やビジネスマンの利用が多い空港です。早朝や夜まで多くの便が就航しているため、沖縄への旅行計画を組み立てる際に、フレキシブルなスケジュールが組みやすくなっています。
空港施設には、免税店や土産物店、飲食店、カフェ、ATMなどがあり、利用者のニーズに合わせた充実したサービスが提供されています。
また、空港内では無料Wi-Fiサービスが提供されており、スマートフォンやタブレットなどでインターネットを利用することができます。
那覇空港の周辺には、ホテルや観光スポットが多数あり、便利な立地となっています。

大阪→沖縄 那覇空港への航空会社の運行本数

各航空会社の1日の運行本数は以下の通りです。
■関西国際→那覇(沖縄)
ANA:1日3便。
関西国際8:00→那覇(沖縄)10:10の始発から、関西国際13:30→那覇(沖縄)15:40の最終まで、約2-3時間おきの運行です。
JAL:1日3便。
関西国際8:10→那覇(沖縄)10:25の始発から、関西国際20:05→那覇(沖縄)22:15の最終まで、約6時間おきの運行です。
ピーチ航空:1日6便。
関西国際6:35→那覇(沖縄)8:55の始発から、関西国際19:55→那覇22:15の最終まで、約2-3時間おきの運行です。
ジェットスター:1日2便。
関西国際8:50→那覇(沖縄)11:10、関西国際16:35→那覇(沖縄)18:55の運行です。
■伊丹→那覇(沖縄)
ANA:1日3便。
伊丹8:15→那覇(沖縄)10:30の始発から、伊丹14:00→那覇(沖縄)16:10の最終まで、約3時間おきの運行です。
JAL:1日2便。
伊丹8:50→那覇(沖縄)11:10、伊丹14:50→那覇(沖縄)17:00の運行です。
■神戸→那覇(沖縄)
スカイマーク:1日4便。
神戸7:30→那覇(沖縄)9:30の始発から、神戸18:10→那覇(沖縄)20:15の最終まで、約3-4時間おきの運行です。
ソラシドエア:1日3便。
神戸8:00→那覇(沖縄)10:10の始発から、神戸17:10→那覇(沖縄)19:25の最終まで、約6時間おきの運行です。
(2023年4月 トラベルコ調べ)

大阪→沖縄 那覇空港への時期による利用者数

大阪~那覇(沖縄)便が混む時期としては、夏休み期間の7月から8月にかけてが挙げられます。この時期は、学生や家族連れの観光客が多く、航空券や宿泊施設の予約が混雑する傾向があります。また、年末年始の12月から1月にかけても、沖縄は人気があり、航空券の価格が高騰することがあります。逆に、夏季のハイシーズンを避けた秋から冬にかけての時期は沖縄旅行が比較的安いと言われており、格安航空券が取りやすい場合があります。9月から11月頃や2月から4月頃は、天気が安定していて過ごしやすく、混雑も少なく、航空券やホテルの料金も割安になる傾向があります。また、冬季は沖縄でも少し寒くなるものの、マイルドな気候で観光にも適しています。

大阪→沖縄 那覇空港への利用者の多い時間帯

大阪~那覇(沖縄)便の利用者が多い時間帯は、主に午前中から午後の時間帯と言われています。これは、観光や旅行などの利用者のほか、仕事や学校が終わってから利用する人が多いためです。特に、土日や祝日などの週末や長期休暇の時期は、便が混雑する傾向があります。一方、早朝や夜遅い便は比較的空席が多く、価格も安くなる場合があります。そのため、便が開いている時間帯を狙って予約することで、より快適な旅行ができるかもしれません。航空会社によっても異なるため、旅行計画を立てる際には、事前に航空券の予約状況を確認するのがおすすめです。

大阪→沖縄 那覇空港への距離

大阪から那覇(沖縄)までのフライト時間は約2時間30分です。搭乗手続きや到着後の手続きを合わせると大阪~那覇(沖縄)間の移動は約4時間30分程度かかります。搭乗手続きや検査などに時間がかかる場合があるため、搭乗時間の1時間前には空港に到着することが望ましいです。
また、大阪~那覇(沖縄)間はANA(全日空)、JAL(日本航空)、スカイマーク、ソラシドエア、ジェットスター(Jetstar)、ピーチ航空(Peach)が直行便を運航しています。航空券の価格はLCCであるピーチ航空(Peach)が一番お得ですが、時期や予約状況によっては他の航空会社の方が安くなる場合もあります。予約前には、複数の航空会社の価格を比較することをおすすめします。

沖縄 那覇着の格安航空券を探す

上記で設定した検索条件は引き継がれません

国内線

人気の航空会社から格安航空券・LCC(国内線)を探す

複数の旅行会社・航空会社と連携し、大手航空会社のANA(全日空)、JAL(日本航空)、中堅航空会社のスターフライヤー、スカイマークはもちろん、ピーチ航空(Peach)、ジェットスターなどのLCCまで、国内で運航しているほぼすべての航空会社の航空券を一括で検索して、条件に合う商品を比較することのできるサービスです。
「大阪発→沖縄 那覇空港行き航空券」の検索・比較にもぜひご活用ください。

ポイント①

掲載している航空券の運賃タイプには、航空会社の設定する各種割引運賃・正規運賃のほか、旅行会社が提供する株主優待利用の特別料金もあります。

ポイント②

片道・往復の国内航空券を、出発地、行き先、日程を指定して検索し、出発時間帯や予算、航空会社、座席クラスなどの詳細条件で絞り込んだり、出発時間の早い順、運賃が安い順で並べ替えて航空券を比較することができます。

航空会社から格安航空券を探す

格安航空券・LCC(国内線)検索比較予約サイトトラベルコとは?

JTBやH.I.S.、日本旅行、楽天トラベルといった日本国内の大手旅行会社・予約サイトはもちろん、中小の旅行会社からエクスペディア、Booking.comなど海外の旅行予約サイトとも幅広く連携し、1,500以上の予約サイトが取り扱う旅行商品を掲載する日本最大級の旅行比較サイト。
国内・海外のホテル、航空券、ツアー、ダイナミックパッケージ(航空券+ホテル)、オプショナルツアー、さらに新幹線+ホテル、高速バス、レンタカー、海外Wi-Fiなど幅広い種類の旅行商品を、細かな条件を指定して一括で検索・比較し、最安値商品を簡単に見つけることができます。検索対象となる連携サイト数は国内No.1(2023年3月 トラベルコ調べ)。スマートフォンアプリ、PCサイト、スマートフォンサイトを用意し、いずれも無料で利用可能です。
トラベルコ 国内航空券比較サービスを利用して、「大阪発→沖縄 那覇空港行き」の旅行をぜひお得にお楽しみください。

  • 掲載している情報の正確性については万全を期していますが、その内容を保証するものではありません。最新の情報は予約サイトにて必ずご確認ください