1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. アムステルダム(オランダ)グルメ
  5. パンケーキ ベーカリーの現地クチコミ
アムステルダム (オランダ) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

The Pancake Bakery パンケーキ ベーカリー

ai (フリーランスネイリスト・アイデザイナー)

オランダ黄金時代の雰囲気が漂う店内で食べる、オランダ名物パンケーキ

  • オランダ料理がおいしい
  • 定番人気

アムステルダム観光でオランダ名物を食べるなら、こちらのザ・パンケーキベーカリーがおすすめです。

元々17世紀に東インド会社が所有していた倉庫を利用して営業しているため、オランダ黄金時代の雰囲気を感じることができる店内で、オランダ定番の食べ物ダッチパンケーキをいただくことができます。

また、夏の間のお天気の良い日には、外のテラス席でオランダらしい景色のプリンセングラハト運河を見ながらお食事するのも素敵です。

1973年にオープンし、今でも人気のこちらのパンケーキカフェはアンネフランクハウスや西教会から歩いてすぐ。また、公共交通機関(トラム13・17番 Westermarkt下車)からも歩いてすぐの好立地です。

こちらでぜひ試していただきたいのが、オランダ名物のパンケーキ。

私は、こちらのおすすめのパンケーキとしてメニュー(英語あり)に載っていた、トッピングが複数のったパンケーキ(甘いもの/しょっぱいもの)の中から、ベーコン・チーズ・マッシュルームのお食事パンケーキ13.40ユーロをいただきました。

アメリカンパンケーキのようなふかふか分厚い生地ではなく、オランダのパンケーキは薄い生地でモチモチ。パンケーキ1枚のサイズはとても大きいので、複数人で甘いパンケーキ・しょっぱいパンケーキをシェアして頼むのが良いでしょう。

また、ダッチパンケーキ以外にもオランダ名物の食べ物もあります。ホームメイドエルテンスープ 7.50ユーロ、オランダ名物のアップルパイ(シナモンアイスクリームと生クリーム添え) 6.95ユーロ~、ポッファチェス(オランダの小さいパンケーキ) 6.25ユーロ〜など。

ドリンクは、コーヒー・紅茶・ジュースなどソフトドリンク以外にも、ビール 2.75ユーロ〜や、その他アルコールも各種取り揃えあり。

観光客が多く訪れるため、英語メニューはもちろん、英語での接客対応には問題ありませんし、毎日朝9時~夜21時30分まで開いているので、朝食やランチ、ティータイムやディナーに大変使い勝手の良いお店です。

時間帯によっては行列が出来ることがありますので、6人以上のグループで訪れる場合は、オンライン予約フォームまたは電話での事前予約が必須です。

なお、お支払いは現金・大手各種クレジットカードが使用可能です。

2019/12訪問
伊藤 雅雄 (フリージャーナリスト)

フライパンいっぱいの大きさのパンケーキ。あなたは食べつくせますか。

  • スイーツがおいしい
  • 穴場
  • 地元っ子に人気

アンネ・フランクの家からほど近い場所にあるパンケーキの専門店です。

大きく分けて、食事用として食べるハムやベーコンなどを入れる「塩味系」のパンケーキ(8.35ユーロから)と、いわゆるデザートとして食べる「甘い系」のパンケーキ(6.10ユーロから)の2つのカテゴリーがあり、その中から好きなフレーバーを選んで焼いてもらいます。パンケーキはいずれも直径が30センチはあろうか、という巨大なもの。たいていは一人では持て余しそうです。

ただ、甘い系と塩味系を混ぜたメニューも平気でラインナップされており、思わず手を出してしまいます。例えば、パインアップルとチーズと合わせたパンケーキ(10.25ユーロ)にシロップをかけるとか、ベーコンとりんごを一緒に焼いてチューブのチョコレートをかける(10.25ユーロ)、といったように想像不可能な味のものも。あえてそれほどまでの冒険はしなくても良いでしょうから、まずは無難なものを試してみては。

ドリンク類も各種揃っており、ビールとともにパンケーキ、という変わった取り合わせも楽しめます。早朝から夜遅くまで開いているのも旅行者には心強いです。

アクセスがちょっぴり不便なのが残念です。最寄りのトラム停留所「Westermarkt」から運河沿いにアンネ・フランクの家を目指します。そのまま同じ道路を先に歩き続けるとお店は右側にあります。近くに運河遊覧船の乗降場もありますから、観光のついでに立ち寄るのもいいでしょう。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。