1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 北京(中国)グルメ
  5. 蝴蝶泉賓館中餐庁(大理白族自治州駐京弁餐庁)の現地口コミ・地図

Hu die quan bin guan zhong can ting 蝴蝶泉賓館中餐庁(大理白族自治州駐京弁餐庁) フゥーディエビングァンヂォンツァンティン

  • ファーストフード その他中華料理
  • 北京
  • 価格帯平均予算 100元
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る ※中国本土からアクセスした場合、GoogleMAPが表示されない可能性がございます。

住所
北京市西城区西単北大街西斜街55号蝴蝶泉宾馆1阶
営業時間
11:00-13:30、17:00-20:00
電話番号
+86-10-66156583
投稿日2015/03/23

食通たちが「北京一」と太鼓判を押す本場の味

  • 雲南料理がおいしい
  • 穴場
  • 地元っ子に人気

(フードコラムニスト)

雲南省大理白(ペー)族自治州の北京駐在事務所兼ホテルに併設されたレストランです。ホテル入口から奥に進むと、民族衣装を着た店員さんがお出迎え。雲南気分が盛り上がります。

前菜は雲南産山菜の盛り合わせ「鸡足山野菜双拼(ジズーシャンイェツァイシュワンピン)」(38元)や、雲南チーズを使った「乳品双拼(ルーピンシュワンピン)」(22元)を。雲南チーズは、カッテージチーズを焼いたような「乳饼(ルービン)」と薄く延ばしたチーズを揚げてバラのジャムを詰めた「乳扇(ルーシャン)」の盛り合わせです。

お値段は張りますが、せっかくなので雲南産キノコを使った料理も楽しみたいところ。しわの寄った細身のピーマン、百合根とポルチーニを炒めた「皱椒百合牛肝菌(ジョウジァオバイハーニウガンジュン)」(268元)は、ポルチーニたっぷりで贅沢気分を味わえます。

炒めもののおススメは「黑红三剁双拼(ヘイホンサンドゥオシュワンピン)」(56元)。「黑三剁」と「红三剁」はどちらも豚ひき肉を使った炒めもので、「黑三剁」は豚ひき肉と雲南の漬物(黒)、尖椒というシシトウのような野菜、「红三剁」は豚ひき肉とトマト(赤)、尖椒が使われています。

スープはぜひ「汽锅鸡(チーグオジー)」(大で168元、一人分なら28元)を。「竹荪(ジュースン)」(キヌガサタケ)や「三七(サンチー)」という生薬が入ったものなど数種類の中からお好みで。独特の鍋を使って、水を入れず蒸す時の蒸気を使って作るスープで、濃厚ながらも雑味のないクリアな味わいです。

シメは雲南独特のライスヌードル「过桥米线(グオチァオミーシェン)」(46元)を。「过桥米线」は「橋を渡る米線(ライスヌードル)」という意味。湖の小島で科挙の勉強に励む夫のために、妻が鶏油の保温効果を利用してスープが冷めないように工夫し、橋を渡って届けたことからこの名前があります。鶏スープに加えて雲南ハムなど様々な風味が加わり、複雑で味わい深い一品です。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
蝴蝶泉賓館中餐庁(大理白族自治州駐京弁餐庁)周辺のおすすめグルメスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する