1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 北京(中国)観光地
  5. 雍和宮の現地口コミ・地図

Lama Temple 雍和宮 ヨンフゥーゴォン

  • 寺社・教会
  • 北京
  • 価格帯参拝料 25元

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る ※中国本土からアクセスした場合、GoogleMAPが表示されない可能性がございます。

住所
中国北京市 東城区雍和宮大街12号 100007
アクセス
地下鉄2号線「雍和宮」駅下車徒歩2分
営業時間
[4月-10月] 9:00-16:30、[11月-3月]9:00-16:00
公式サイト
http://www.yonghegong.cn/
電話番号
+86-10-64044499
駐車場
なし
投稿日2015/04/09

ギネス記録登録されている世界最大の弥勒菩薩像は必見!

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

(ビジネスコンサルタント)

1694年に建立された、北京最大のチベット仏教のお寺。

保存状態もよく、あちこちに様々な仏像が祀られていて、参拝者が絶えることがない。
私が日本にいたときは神社に毎年初詣に行っていたものの、中国には当然神社がないので、北京にいる多くの日本人はこの雍和宮にお参りに行くケースが多い。

一番奥にある「万福閣」の中に祀られている弥勒菩薩像は、世界最大のものとしてギネス認定もされている必見のモノ。

中のおみやげ屋さんでは、豊富なミニ仏像や仏具、アクセサリーなどが売られていて、その場にいるだけでご利益に預かれそうな気がする。

日本での参拝の場合、多くは本殿でお祈りをするに留まるケースが多いだろうが、ここでは、お香をたくさん持ち、各仏像にそれぞれお祈りする参拝者が多いため、参拝そのものに非常に時間がかかり、もし各地点で参拝をするのであれば、所要時間を最低1時間ほど見ておいた方が良い。

参拝の方法は一律みんなが同じというわけではないので、もし参拝するのであれば、他の人がどのような方法で参拝しているのかをよく見た方がいいでしょう。多くの人はお香を3本ほどピックしてから火をつけ、跪いてからお香をおでこの辺りに掲げてから3回深く礼をする、という方法を採っている。

行き方は、地下鉄2号線の「雍和宮」駅下車徒歩2分。どの出口から出ても近い。
参観料は25元と比較的安い。

※仏像の写真撮影は禁止されているので注意してください。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
雍和宮周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する