1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 北京(中国)観光地
  5. 南鑼鼓巷の現地口コミ・地図

Nanluoguxiang 南鑼鼓巷 ナンルゥオグゥーハァン 

  • その他散策・街歩き
  • 北京
  • 定休日無休

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る ※中国本土からアクセスした場合、GoogleMAPが表示されない可能性がございます。

住所
中国北京市 東城区交道口南鑼鼓巷 100009
営業時間
24時間営業
駐車場
あり(有料)
投稿日2015/03/23

以前はただの胡同(路地)が、バーやショップになり人気急上昇!

  • 散歩おすすめ
  • 穴場
  • 人気急上昇

(編集者・ライター)

南鑼鼓巷は一言で言うならショップが多く集まる場所。昔は北京の路地であった胡同を外国人たちがオリジナルに改造し、ショップとして経営を始めたことが始まりで、今では狭い路地に多くの観光客が集まってきています。
中国の伝統工芸なども多くあり、お土産を探すのにもぴったりです。もしお気入りの品が見つかったら気にせずに中に入りましょう。バッタ物もあれば本物もあります。
この他、ここに来たら是非とも北京の軽食(小吃)にチャレンジしてみましょう。この800m足らずの通りには北京の軽食はもちろん、海外の面白い軽食がたくさんあります。ゲテモノ好きな人には虫の揚げ物なんかもあります(結構グロテスク)。ドリアンのお菓子や大阪のたこ焼きまで何でもあります。今回は宮廷で出されていたという蜂蜜糕に挑戦。思ったよりは美味しかった気がします(なかにナツメの種があって噛んだら痛かった。ご注意を)。
そうこう歩いていくと、右手の路地にはいっていくと中国ではかなり有名な中央戯劇学院があります。ここでかの有名な陳宝国チェン・バオグオ、陳道明(チェン・ダオミン)、姜文(チアン・ウェン)、巩俐(コン・リー)、章子怡(チャン・ツーイー)などが稽古に励みました。ちょっと感慨深げです。
中央戯劇学院をスルーしてまっすぐ行くと更に多くのショップが並んでいます。そういえば南鑼鼓巷は北京市内では元代から残るかなり古い建物であるそうです。ただし現在では改修工事のためか全くそういった感じはないでしょう。
さらに行くと后海への道しるべがありました。ここを左に行くと后海へ向かえます。こちらをはいるとまさに北京人が未だに住むエリアに入り、現地の人々の生活を見ることができます。興味のない人はまっすぐ行きましょう。最後は大きな通りに出るのでそこで終わりになります。初めにざっくり見て戻って品定めをするのがオススメです。ぜひお気入りの品を見つけてくださいね。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
南鑼鼓巷周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する