1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. バンコク(タイ)グルメ
  5. エムクオーティエ(フードコート)の現地クチコミ
バンコク (タイ) グルメの現地クチコミ

Emquartier(Food Court) エムクオーティエ(フードコート)

バンコクBOO (タイ在住ペットブリーダー兼ブロガー)

オーダーが簡単。初心者におすすめのフードコート

  • フードコートおすすめ
  • 穴場
  • 人気急上昇

他の写真も見る(全7枚)

今回ご紹介するのは高級デパートや有名スパの集まるBTSプロンポン駅に隣接しているデパート、 エムクオーティエ内に昨年リニューアルオープンした新しいフードコートです。ショッピングや地下にあるフードコートはクーポン式エリアと現金支払いエリアに分かれています。今回はタイのフードコートでは通常のクーポン式エリアをご紹介します。

明るく、広々とした施設内は清潔感、高級感にあふれています。緑も上手く配置されており、癒しを感じながらゆっくりと食事ができるフードコートです。

約20軒の店舗があります。各店舗の上部のディスプレイにその店舗のおすすめメニューが紹介されています。また、店舗ごとに写真付きメニューが用意されていますので、言葉に自信がない方でも指差しなどで安心して注文することができます。

注文時にカードを渡し、料理ができるまでその場で待ちます。カトラリーやトレーが各店舗ごとに置いてあります。また他のフードコート同様、各店舗の前にタレや調味類が置いてあります。料理ができるまでタレなどを小鉢に入れたり、トレーに箸やスプーンなどを用意したりして待ってください。食器の返却は不要です。食べ終わった後はそのままテーブルに置いたままでOK。

個人的なおススメはDRAGON Xの「カオ・ナー・ペット」70バーツです。専用のタレがかかったローストダッグがご飯に添えてあり、スープ付きです。ダッグは鶏肉に比べるとクセがあると感じる方も多いようですが、こちらのダッグは柔らかく臭みを感じませんでした。ダッグが苦手な方でもお楽しみいただけます。

人気店としては次のようなお店が挙げられます。

DRAGON X / ドラゴンエックス 
ダッグ料理の専門店です。ロイヤルドラゴンという名前でコンベンションセンターBITEC横にある本店は、世界で最も広い店でギネスにも載ったことのある有名中華シーフードレストラン。

Swang Noodls / サワン ヌードル
蟹の爪が入ったバミー(中華麺)で有名な創業約50年老舗店です。炭火焼の焼き豚や新鮮な蟹肉などが入った「バミー・キアウクン・ムーデーン・プー」85バーツがおすすめです。

Nai Ouan Yentafo Bateng Sao-ching-cha / ナーイ オワン イエンタフォー バーテン サオチンチャー
クエイティアウ(タイの米麺)のスープはいろいろな種類があります。イエンタフォー(紅腐乳が入ったピンク色のスープ)が名物の、ミシュランガイド・バンコクでも紹介された有名店です。

注意:通常フードコートはアルコールの取り扱いはありません。

2019/06訪問
Sachiko (ピアニスト、ブロガー)

清潔感溢れるフードコートで定番人気タイ料理が選び放題!

  • タイ料理がおいしい
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

今年オープンしたばかりの巨大デパート「エムクオーティエ」のフードコート。
新しくて清潔感があり、モダンなつくりの各お店には動画でお料理を観れる
モニターもついていて、どんなお料理かわかりやすいです。

皆さんによく知られたタイの人気定番料理は一通りある感じで、ざっとあげても、トムヤムクンの専門店、ローストダックご飯&麺、パッタイ、カオマンガイ(蒸し鶏のせご飯)、カオカームー(豚足煮込みご飯)、クイッティアオ、ラートナー、パットシウ、スキー、フィッシュマオスープ、イエンタフォーなどなど。

フードコートとはいえ、街の人気店も入っていて美味しさも保障済み。

例えば「Krua Apsorn」は、元タイ王室の専属調理師をしていた
人が始めた有名店。
本店はドゥシット地区という、中心地からは少し離れた所にあるのでなかなか短い日程では行く時間が取れないかもしれませんが、こちらのフードコートならお買い物ついでに食べることができます。
フードコート店ではお皿に並んだおかずを自分で選ぶスタイルになっています。

私が好きなのは、「キンディー」というお店で、グリーンカレーフライドライス、トムヤムフライドライスなどタイ味のご飯ものや、タイ風のパスタやマカロニなどのメニューがあり、その場で調理してくれます。どれも1皿300円程度。

また、インド料理、ベジタリアンのお店もあり、熊本ラーメンのお店も入っているのでご家族やグループで行っても選択肢もかなり広く、皆さんが好みのものを食べられそうです。

タイデザートのお店もあり、カオニャオマムアン(マンゴーとココナッツミルク味の餅米)も食べれますよ。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。