1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. セブ(フィリピン)ショッピング・お土産・買い物
  5. カルボン・マーケットの現地口コミ・地図

Carbon Market カルボン・マーケット

  • 市場
  • セブシティ

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Quezo Boulevard, Cebu City, Cebu, Philippines
アクセス
アヤラモールからタクシーで約20分
道路状況により、約30分~50分かかる場合もある(特に朝や夕方は渋滞する)
営業時間
24時間営業
投稿日2018/03/08

「セブの台所」といえば『カルボンマーケット(Carbon Market)』

  • 食品おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

(セブ島在住ブロガー)

東南アジア諸国を旅行する際、楽しみの一つと言えばローカルマーケット巡りではないでしょうか。
ローカルマーケットは、その国で暮らす人々の様子を身近に感じることができる絶好の場所と言えます。

ここ『カルボンマーケット』は、とても活気のあるマーケットで「セブの台所」として多くの人々に支持されています。
マーケット内では、新鮮な野菜、果物、シーフード、肉類、干物など、ありとあらゆる食材が手に入ります。
通りを歩くと、ニワトリが生きたまま売られている光景を目にすることもできますよ。

イチ押しアイテムとして、新鮮なフルーツがあります。日本では高価なマンゴーを1つ30ペソ(60円)ほどで購入することができます。
新鮮な食材が安く手に入るため、セブ市だけでなく近隣エリアからわざわざ買い出しに来る人もいるそうです。

よく目にするのは、飲食店や小売店を経営している人たちが食材の仕入れとして訪れている様子です。
日本食レストランを経営している友人は、毎朝ここで食材を仕入れています。ただし、朝早く来ないと、質の良いものは売れてしまうと言っていました。

また、外国人観光客の姿もちらほら見かけます。ただし、カルボンマーケットを訪問する際には注意が必要。
ここは、地元でも「治安が悪い場所」として有名なのです。特に多いのが、外国人観光客を狙ったスリです。
特に日本人は服装や持ち物が理由でかなり目立ちます。

・必要以上の現金を持って行かない
・高価な装飾品を身に付けない
・カバンを後ろに背負わない
・スマホをむやみに見せない
・口の緩いポケットに財布やスマホなどを入れない
・ズボンの後ろポケットに財布やスマホを入れない
・支払の際、財布の中身を見せびらかさない

これらのことに気を付けてマーケットを散策したいですね。
営業時間は原則24時間ですが、安全面を配慮して明るい昼間のうちに行くことをおすすめします。

マーケットで商売をしている人たちは、明るく気さくな人が多いです。買い物をする際、値段の交渉をしながら、コミュニケーションを楽しむのもいいですね。
ですが、彼らも生活がかかっていますので、値引き交渉はほどほどにしておきましょう。
支払いに関しては、ローカルマーケットなのですべて現金のみとなります。カードの利用はできませんので、事前に現金の準備が必要です。

活気あるローカルマーケットで、人々の暮らしの様子や雰囲気を肌で感じてみてはいかがでしょうか。

【行き方】
タクシー運転手に「カルボンマーケット」と伝えれば大丈夫です。近くにサントニーニョ教会があるので、あわせて訪れてみてください。

2018/02訪問

投稿日2015/07/21

人懐っこさ全開!何でも揃う庶民のマーケット。ただしスリにはご用心

  • 食料雑貨・調味料おすすめ
  • 地元っ子に人気

(ダイビングインストラクター)

果物、野菜、雑貨、衣類、生きた鶏など、何でも売っている庶民の市場なので、
活気があって見るのはとても楽しいです。
セブといえばマンゴー、ドリアン、バナナなどの南国フルーツ。
量り売りで、日本では考えられないほど安く購入できますし、いろいろ買って値段交渉をしてみたり、現地の人とのふれあいができます。
買った物をその場で調理してくれるようなお店は見当たりませんが、ちょっとした食堂も出店しています。
衛生状況はちょっと「??」なのですが。。「ごはんを食べに」というより、完全に「食料品の買出し」というかんじの市場です。

ただし、「スリが多い」といわれる場所でもあり、観光客が遊びに行くには少し治安が不安です。。
いろいろな人が集まる分、荷物やアクセサリーなどを盗られないように注意が必要ですし、のんびり写真を撮る、という雰囲気ではなさそう。。

しかし、気を付けていれば決して危険な場所ではないですし、現地の生活を垣間見ることができ、お店を出す人々も人懐こく話しかけてきてくれるので、現地の人とふれあってみたい旅行者さんにはおすすめ。
市場なので特に「何時から何時まで」という時間はなく、毎日朝から晩までどこかしらのお店は開いていますが、土日の午前が一番お店も多く、買い物をする人もたくさんいて、賑やかで楽しいです。

市場ですので、もちろん入場料はかかりませんが、貴重品を持ち歩くのはやめたほうがいいかもしれません。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
カルボン・マーケット周辺のおすすめショッピングスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する