1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. チェンマイ(タイ)観光地
  5. ワット プラタート ドイ カムの現地クチコミ
チェンマイ (タイ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Wat Phra That Doi Kham (Temple of the Golden Mountain) ワット プラタート ドイ カム

Tui☆ (レストラン経営)

チェンマイを一望できる絶景スポットは「宝くじの聖地」

  • 歴史的建造物おすすめ
  • 穴場
  • 地元っ子に人気

チェンマイ南郊にあるラーチャプルック国立公園あたりから西方の山を望むと、山上に「高さ19メートルの大仏様」の姿が見えます。それが「ワット・プラタート・ドイカム」です。

このお寺の歴史は古く、説話によるとお寺が最初に出来たのは7世紀ぐらいのこととされています。かつてこのお寺は市中の喧騒を避けて修行に励む山寺で、参拝客を集めることには消極的だったそうですが、あるとき「宝くじにご利益がある」とタイ人の間で口コミで広がってから、参拝客がどっと訪れるようになりました。

タイ人の「宝くじ」(ロッタリー)にかける熱意は凄まじいもので、恐らくですがどこの寺院でもタイ人参拝客の7割ぐらいは「宝くじ当選祈願」と断言しても、まったく大袈裟ではないと思います。

こちらは外国人向けの観光ガイドで紹介されることはほとんどなく、観光客には無名のお寺ですが、宝くじの抽選日(毎月1日と16日)の前日は山道が麓からぎっしり渋滞となり、境内はジャスミンの花を納める参拝客で大混雑となります。チェンマイの寺院で最も参拝客を集めるのはどこかと問われると、ほかのどの有名寺院でもなくて断トツでこのお寺がナンバーワンだと思います。

このお寺のもうひとつのポイントは、ドイステープと並ぶ「展望スポット」であること。チェンマイは視界を遮るものがほとんどなく、見渡せる範囲はドイステープとほとんど変わらないし、標高が低い分だけ雲や靄で展望が遮られる確率は低いでしょう。雨季にはドイステープが麓から見ると雲にすっぽり隠れているときが多いですが、そんなときでもドイカムなら展望を楽しめるかも知れません。

はるばるチェンマイまでいらっしゃる方がわざわざ足を運ぶような場所ではないと思われがちですが、大仏様やチェンマイ展望など、他の有名スポットに劣らないインパクトは十分にあります。さらに、このお寺の最大の見どころは、タイ人参拝客の「宝くじに懸ける熱い思い」でしょう。地元っこたちが真剣な佇まいで願掛けをしている様子は必見です。

2017/08訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。