1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. チェンマイ(タイ)観光地
  5. ワット トンクウェンの現地口コミ・地図

Wat Ton Kain ワット トンクウェン

  • 寺社・教会
  • チェンマイ
  • 定休日なし

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Baan Ton Kain Soi3 Nong Kwai, Hang Dong District, Chiang Mai 50230, Thailand
営業時間
8:00-17:00
投稿日2015/10/12

ラーンナー様式が色濃く残るお寺

  • 観光おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 穴場

(タイ情報専門ライター)

 木造のお寺が好きな人にぜひ行ってもらいたいのがワット・トンクウェン。第1代チェンマイ領主のガーウィラ王が1856年に建てた、ラーンナー様式が美しいお寺だ。ガーウィラ王がチェンマイ郊外のジョムトーン郡から仏舎利をチェンマイ市内に運んでくる時にここに泊まったといわれている。
 名前の「トンクウェン」とは、昔この地域にクウェン(北部の花椒)の木(トン)がたくさん植わっていたことからついたといわれている。今でも門を入った右手にトンクウェンの木を見ることができる。

 お寺は典型的なラーンナー様式が残っているが、その1つが、本堂の周りにサーラーという屋根がついた廊下のようなエリアがあること。そして、本堂の屋根はラーンナー様式によく見られる2層3段で、両隅に「チョーファー」という飾りがついている。これは、鼻が象、体が鳥という伝説の動物を模してある。本堂の正面上部には、色ガラスが散りばめられ、屋根と壁には天使や植物などが繊細に彫られている。また、本堂の左手には十字型の建物「モンドップ」があるが、これは仏像を安置する場所で、このスタイルは北部タイではここでしか見られない貴重なもの。
 美しいお寺にもかかわらず、市内から少し離れているため観光客がいなくていつもひっそりとしている。静かなお寺が好きならぜひ訪れたい。

【行き方】
赤いソンテーオ(乗り合いタクシー)やトゥクトゥクをチャーター。バイクなどで行く場合は、市内の西側にある運河沿いの道をハンドンへ向かって南へ進む。「Ton Kwain」という交差点を右折。少し行くと左手にお寺の標識が出てくるので、その通り進む。市内から約15-20分。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ワット トンクウェン周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する