1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マドリード(スペイン)グルメ
  5. ビノテカ・モラティンの現地クチコミ
マドリード (スペイン) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Moratin Vinoteca Bistrot ビノテカ・モラティン

三浦 深雪 (料理教室講師、フードライター、料理人)

シンプルだけどじっくり丁寧に作られる料理とワインを楽しむ!

  • スペイン料理がおいしい
  • ガイドの超イチオシ!
  • 人気急上昇
  • 地元っ子に人気

その昔、セルバンテスを含め多くの文豪が住んでいたLetra(レトラ)地区は、今でもスペイン人がワイワイと飲みにいくような地区でもあります。
この地区で有名なHuertas(ウエルタス)通りとほぼ平行してあるMoratin(モラティン)通りにも飲み屋が多く立ち並んでいます。

このお店はCocina de Mercadoというジャンルで、市場にあるような新鮮な野菜、肉、魚介を使って素材を大切にした手間を惜しまない料理と、
国内外を含めると180種程のワイン各種が揃っているのが定評のカジュアルビストロです。
オーナーシェフはスペイン人ですが、和食店でも修行した方なので日本の調理方やソースなどを少し盛り込んだちょっと面白いフージョン料理が楽しめますよ。

メニューは基本的に通年変わらず、お昼の定食はないので全て単品での注文となります。
全てお勧めなのですが一番の目玉料理は「リークネギのコンフィ ロメスコソース添え(Puerros Confitados con Romesco)」12ユーロ。
鶏や魚のスープで煮たかのように濃厚に仕上がってますが実はリークネギの青い部分を煮込んだスープでリークの白い部分を芯まで柔らかく煮込んでいます。
ビーガンの方もそうでない方も、野菜の持つ力強い味にびっくりしますよ。

「サーモンのマリネ(Salmon mariinado en casa con vinagreta de encurtidos)」15ユーロは、
日本人には少々脂っこいノルウェーサーモンを塩と砂糖のみで8時間マリネし、さっぱりとした柑橘のソースで頂きます。
刺身とはまた違ったサーモンの食感を味わえます。

お腹に余裕があれば「あん肝とベビーそら豆(Mi-cuit de rape con habitas salteadas)」15ユーロはいかがでしょうか。
アンコウは市場でよく見かけますが、あん肝はあまりスペインで食べる習慣がありません。
そこはさすが和食店で修業したシェフ、あん肝をフォアグラに見立ててポン酢とマスタードをベースにした味付けで頂くのです。ワインの進む味です。

食事の〆には「牛のほほ肉のカネロネス(Canelones rellenos de carrillada de ternera)」18ユーロが一押しです。
スペイン版のラザニアを特製の濃厚ホワイトソースでお腹も大満足。
料理は全てではないですが、ハーフポーションで頼めるものもあるので、ハーフで注文し、色々と試してみるのも良いかと思います。

ビノテカというくらいなので自慢のワインの種類は圧巻で、グラスワイン(3.50ユーロ~)も国内産から各種取り揃えて言います。
オーガニックで造られたカバもグラスで楽しめます。お願いすれば料理と合うワインも適宜教えて頂けます。

さほど大きいお店ではないので、ランチも夜も予約は余裕を持って1週間くらい前からしておくと安心です。
店内は限られた席数のため、予約は電話のみ受け付けてます(911-276-085)。英語を話せるスタッフがいるので、希望日時と人数を伝えましょう。

メニューは英語と併記されており、英語もバッチリ話せるオーナーシェフが色々と親切に教えてくれますので、外国人観光客が多いのも頷けます。
クレジットカードも各種ご使用頂けます。

アクセスは、最寄り駅は地下鉄1号線Anton Martin駅ですが、人通りが多く道も入り混じって煩雑なので、プラド美術館側から向かう方がわかりやすいです。
プラド美術館のPlaza Murillo口から出てPrado通りを渡り、Plaza de la Plateria de Martinez広場に出て進んでいくと道が分かれています。
左のMoratin通りを真っすぐ進み坂を上って100メートルほど行った左手に見えてきます。

2018/11訪問
  • ジャンル
    フランス料理 スペイン料理
  • エリア
    アート ゴールデン トライアングル地区
  • 住所
  • アクセス
    プラド美術館から徒歩約10分
  • 電話番号
    +34-91-1276085
  • 営業時間
    [火-土]13:30-16:00、19:30-24:00
  • 定休日
    月曜日、日曜日
  • 予算
    21~50ユーロ
  • 公式サイト
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。