1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マドリード(スペイン)グルメ
  5. サンミゲル市場の現地クチコミ
マドリード (スペイン) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

San Miguel Market サンミゲル市場 サンミゲルイチバ

ミキータ (ホテル&グルメライター)

スペイン中のグルメが1ヶ所で楽しめるサンミゲル市場

  • 雰囲気が楽しめる
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気

スペインは日本と同じくらい、地域によって気候風土が異なり、その土地その土地でおいしい料理があります。素材も豊富で新鮮です。
そんなスペイン中のグルメ素材や料理人さんが集まるのが、スペインの中心であるここマドリード。
サンミゲル市場は、スペイン中のグルメを手ごろに楽しめる場所です。
場所はマヨール広場の脇、ソル広場や王宮から徒歩5分。観光の合間にサッと寄れる場所にあります。

元々は地元の人達が利用する古くからの市場でしたが、20世紀始めのクラシックな外観をいかしつつ改装され、
今ではスペイン各地の調味料、菓子類、酒類、チーズ、ハムなどを売る食品スタンドや、テイクアウト用の総菜を売るデリカテッセンなどが所狭しと並んでいます。
見て周るだけでスペイン各地に旅行したような気分を味わえ、現地に行かないと買えないような珍しい調味料、食品、ワイン等を購入できます。

市場内は天井が高く全面ガラス張りなので、明るく清潔感があります。
店員さんによって英語が得意な方もいれば、全く英語が話せない方もいますが、市場ですから、商品を指差してジェスチャーで何とかなるでしょう。

この市場の楽しい点は、何と言っても市場の中心にイートインコーナーが設けられ、スタンドで購入した食べ物や飲み物をその場で試せること!

お勧めは、ウニ、ホタテなどのスペイン北部の海の幸のグラタンです(ウニのグラタンは1個4ユーロ、ホタテのグラタンは1個5.5ユーロ)。
また、カリカリのバゲットにムール貝、ボケロネス(イワシに似た小魚)の酢漬け、
ツナサラダなどの具をのせたモンタードス(オープンサンド)も食べやすくてお勧めです。

一部のワインスタンドでは、グラスワインを売っている所もあるので、スペイン産のワインやカバ(スパークリングワイン)を買ってきて、
これらのお料理と一緒に召しあがってはいかがでしょう?

高級料理店なみのお料理やワインを気軽に楽しめ、ほとんど待つことなくサッと食事ができるということで、観光客だけではなく、地元の人達にも人気です。
そのため、昼食時の13時半から15時までと休前日の夕食時の20時から21時半まではかなり混み合います。
スタンドで買うのも並ばなければならないし、イートインコーナーの席も確保するのが難しいです。
食事をする場合は、できれば、これらの時間帯は避けた方がいいでしょう。

クレジットカードは、食品店での購入では可能な店が多いですが、テイクアウトのお店で少額の購入の場合や混みあっている場合など、
使えないこともありますのでご注意ください。

2019/02訪問
伊藤 雅雄 (フリージャーナリスト)

マドリードを代表する食の殿堂、ひとりでも気軽に名物が楽しめる

  • 食料雑貨・調味料おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

数十店のバルや屋台が建ち並ぶサン・ミゲル市場。もともとは1910年代に作られた鋳鉄建築なのですが、これを2009年に大改装を行い、現在のような形になりました。

マドリードに行って、あれもこれも食べてみたい、飲んでみたい、と思う人も多いことでしょう。でも、バルのメニューを読んでもよくわからない、思ったようなものが食べられないこともあるのでは?この市場なら、あらゆるものが「目の前に陳列」されていますから、指差しであれが欲しい、これが食べたいと言って買うことができます。とくに海鮮やフルーツを素材としたものはお勧めです。

おもしろい市場なのですが、問題は「買ったものをゆっくり食べる場所がない」ことです。市場内にはレストランのような区画もありますが、そこでは該当店で出されるものしか食べることができません。せっかくおいしそうなパエリアを買っても、座って食べることができないのがちょっと残念です。また、市場だから屋台だから安い、と思うと意外と大丈夫なことも。値段をよく確認してから買ったり飲んだりして下さいね。

2016/10訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。