1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ミラノ(イタリア)グルメ
  5. デリカテッセンの現地クチコミ
ミラノ (イタリア) グルメの現地クチコミ

Delicatessen デリカテッセン

加藤 之英 (エンジニア)

アルト・アディジェ州専門店でワインと生ハム盛り合わせを!

  • ワインがおいしい
  • 穴場
  • 地元っ子に人気

ミラノにはハッピーアワー、またはアペリティーボという独特な文化があります。夕方ミラノのバールでは、色々な前菜料理が並べられ、ドリンクを1杯オーダーすれば、食べ放題となります。おいしい料理を出すバールはミラネーゼたちに盛況となるため、各バールは競っておいしい料理を提供しています。イタリア中でもこのような文化はミラノだけです。

イタリア、アルト・アディジェ州はミラノの北東に位置し、北にはスイスやオーストリアと国境を接しており山が多く冬はスキー客が多く訪れます。スイス風の街並みでイタリアとは思えない雰囲気を持っています。そんなアルト・アディジェ州専門のレストラン兼バールのデリカテッセンでは名物料理が食べられ、また夕方にはアペリティーボが行われるのでミラネーゼ達でにぎわっています。

店内はアルト・アディジェを意識した、おしゃれな山小屋の雰囲気。地下にはワインセラーのような部屋もあり落ち着く雰囲気でワイン、料理を堪能できます。
お勧めは夕方18時くらいからのアペリティーボです。ワインを1杯(=5ユーロ)オーダーすれば、写真のようなアルト・アディジェ州名物の生ハム、ハム、サラミやチーズの盛り合わせをいただくことができます(写真は4人分、食べ放題ではありません)。せっかくなので、ワインはアルト・アディジェ州のものをオーダーするのをお勧めします。店員さんに聞けばいろいろと教えてもらえます。

ミラネーゼ達は友人や家族とまずアペリティーボをしてから、夜のミラノに出かけたり、レストランに行ったりします。みなさまもミラネーゼのようにオシャレにアペリティーボをしてみてはいかがでしょうか。

アクセスは、地下鉄ポルタ・ヴェネチア(Porta Venezia)駅、またはリパブリカ(Repubblica)駅から500m、徒歩6分程度です。

デリカテッセン公式サイト:http://www.delicatessen.eu/
参考ブログ:http://shiroyuki.doorblog.jp/archives/52321007.html

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。