1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ミュンヘン(ドイツ)観光地
  5. レンバッハハウス美術館の現地クチコミ
ミュンヘン (ドイツ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

Municipal Gallery in Lenbach House レンバッハハウス美術館

フランツさとみ (フリーライター)

20世紀初頭の芸術グループ「青騎士」の作品は必見!

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

レンバッハハウス美術館は、侯爵であり画家でもあった
Franz von Lenbach(フランツ・フォン・レンバッハ)の邸宅を美術館にしたものです。
フランツ・フォン・レンバッハは、教皇や皇帝の姿を描く肖像画家として成功し、
ミュンヘンの中心部に豪華な住居を建てました。
彼の亡き後に夫人が邸宅をミュンヘン市に寄贈し、
1929年、レンバッハハウス美術館として一般公開されました。

館内には19~20世紀の絵画が展示されています。
見逃せないのは、20世紀初頭のドイツで活躍した芸術グループ
「Der Blaue Reiter(青騎士」)の作品の数々です。
青騎士には、ワシリー・カンディンスキー、ガブリエーレ・ミュンター、
フランツ・マルクらが参加していました。

1957年、ガブリエーレ・ミュンターが自身の80歳の誕生日に、
レンバッハハウス美術館に多くの青騎士の作品を寄贈しました。
なかでも、フランツ・マルクの『青い馬』は必見です。

マルクは心から動物を愛し、動物の純粋さに触れることで
自身の精神的な浄化を試み、動物画に没頭していたようです。
この絵を見ていると、霊的な場所に浮かんでいるような、
夢の中にとどまっているような、不思議な感覚になります。

また、アレクセイ・フォン・ヤウレンスキーの
『ダンサー アレクサンドル・ザハロフの肖像』も有名な作品の一つです。
ゴッホやゴーギャンに影響を受けていたヤウレンスキーの人間描写を是非ご覧ください。

レンバッハハウス美術館の入場券で、Königsplatz駅(ケーニヒスプラッツ)に
直結している展示スペース「Kunstbau(クンストバウ)」も見学できます。
レンバッハハウス美術館はフラッシュ無しでの写真撮影可能、
クンストバウでは写真撮影禁止です。

いずれの時間帯も入場しやすいでしょう。

入場料:12ユーロ
(英語またはドイツ語のオーディオガイドが含まれています。日本語のオーディオガイドはありません)
所用時間:約半日

<アクセス情報>
Ubahn1.2.7.8 Königsplatz 駅下車、すぐ。

2017/12訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。