1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ペナン(マレーシア)観光地
  5. ジョージタウン(ストリート アート)の現地クチコミ

ペナン (マレーシア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

George Town(Street Art) ジョージタウン(ストリート アート)

「ジョージタウン」世界遺産地区はアートの街

  • 街歩きおすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 人気急上昇

ジョージタウンは、2008年7月にマラッカとともにユネスコ世界文化遺産に登録されました。中国式の「ショップハウス」と呼ばれる古い建物を改装したショップ、カフェ、ホテルなどが増え、観光地としての整備が進み、町全体がアミューズメントパークのようです。しかし、古い建物や街並みはしっかりと保存されており、歴史的な景観は維持されています。
そんなジョージタウンで近年ブームになっているのが「ストリートアート巡り」です。
2012年からリトアニア人アーティストのアーネスト・ザハレヴィックが、ジョージタウンの建物の壁や塀などに描いたのが始まりです。上の写真は、いずれもザハレビックが2012年に描いた初期の作品です。アルメニアストリートにある「自転車に乗る子供」は彼の代表作で、いつも観光客がこの壁画の前で記念撮影の順番待ちをしています。
今では、ザハレビックの作品以外にも多くの作品が街のあちらこちらに描かれています。また、壁画の他に金属のワイヤーを使って昔のペナンの様子をマンガのように描いた「ワイヤーアート」もたくさんあります。
ジョージタウンの東側の海岸近くを南北に通っているパンタイ通り(Lebuh Pantai)沿いにあるツーリスト・インフォメーションセンターでストリートアート巡りのパンフレット(無料)を入手し、地図を見ながら探すと効率的良くアートを見つけることができます。パンフレットには、18の壁画と52のワイヤーアートが掲載されています。
残念ながら風化が進み消えてしまっているものもあります。一方、新しいものも描かれており、パンフレットには載っていないものもたくさんあります。1日街を巡れば、主要なものはだいたい見ることができます。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。