1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ヤンゴン(ミャンマー)観光地
  5. ボーヂョーアウンサン博物館の現地クチコミ
ヤンゴン (ミャンマー) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

Bogyoke Aung San Museum ボーヂョーアウンサン博物館

ミャンマースタッフ・さくら (現地旅行会社スタッフ)

アウンサンスーチー氏が父アウンサン将軍と過ごした家

  • 観光おすすめ
  • 地元っ子に人気

ミャンマーのイギリスからの独立運動を主導し、志目前で暗殺されたミャンマー建国の英雄・アウンサン将軍が、1945年5月から1947年7月に暗殺されるまで、実際に暮らしていた邸宅を博物館にした施設。
館内には家具や蔵書、衣類などが当時のままの状態で保存されています。壁には年譜表や多数の家族写真などが飾られ、32歳で凶弾に倒れた将軍の功績を称えています。

アウンサンスーチー氏もこの家で幼少期を過ごしており、子供部屋に並んだ3台のベッドの内、彼女が使っていたのは一番左側の天蓋付きベッド。ダイニングテーブルにも彼女の名前が記されています。
この邸宅、初めは借家でしたが、当時の価格3万円で購入したそうです。将軍暗殺から10年後の1957年に、将軍の奥様であるドーキンチー氏より将軍が使用していた家具などが寄付され、将軍暗殺から13年後の1960年1月1日に博物館として開館しました。

館内は老築化が進んでいるため、1度に2階に上がれるのは20人まで。3階には仏間がありますが、現在は上がることが出来ず、写真でのみ見る事が出来ます。

入館料は5,000チャット。
館内所用時間は、さらっと見ると15分、じっくり見ると1時間。

アクセスは、ヤンゴン市内からタクシーで約20分。2,000チャット(約200円)~程度。カンドージー湖の北側にあり、ドイツ大使館、日本大使館の近くです。
ミャンマー語だと「ボージョーアウンサン ピャアダイッ(ボージョーアウンサン博物館)」
※タクシー料金は初乗りが1,000チャット(約100円)~、メーターはなく事前の交渉制になります。
※ヤンゴン市内の車でのご移動は、渋滞がひどいため所用時間はご参考まで。

【その他】
・館内写真撮影禁止。建物の周囲(テラスなど)の撮影は可能。
・門の入口横に、将軍が乗っていたイギリスの自動車会社ウーズレー社製の車が展示されています。
・入口に無料のロッカーがあり、荷物を預ける事が出来ます。
・パンフレットはミャンマー語のみ。
・外にトイレがありますが、係員から鍵を借りる必要があります。野外で虫の多いトイレなので、他を利用した方がよさそうです。
・アウンサンスーチー氏は4人兄弟。一人は生まれてすぐに亡くなり、一人は9歳の時にこの家の前の池でお亡くなりになっています。
・帰りの足ですが、住宅街の交通量の少ない通り沿いにあるため、タクシーに待っていてもらうか、大通りまで7分程歩く必要があります。
・カンドージー湖が近いので、併せてまわるのがおすすめ。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。