1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ヤンゴン(ミャンマー)観光地
  5. 麻薬撲滅博物館の現地口コミ・地図

ヤンゴン(ミャンマー)

現地のプロ(3人)詳細を見る

Drug Eliminating Museum 麻薬撲滅博物館

  • 博物館
  • ヤンゴン
  • 価格帯入場料 3USドル
  • 定休日月曜日、祝日

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Corner of Hantharwaddy Road and Kyundaw Road, Kamaryut Township, Yangon Myanmar
営業時間
9:00-16:00
電話番号
+95-1-505261
投稿日2015/10/23

「麻薬あります」ミャンマーが誇る禁断の博物館

  • 穴場スポットおすすめ
  • 穴場

(現地旅行会社スタッフ)

麻薬・覚醒剤の密造地帯・ゴールデントライアングルをご存知ですか?
ゴールデントライアングル(黄金の三角地帯)はタイ、ラオス、ミャンマーの3カ国がメコン川で接する地帯で、世界最大の麻薬・覚醒剤の密造地帯と言われています。

麻薬撲滅博物館は、世界有数の麻薬産出国であるミャンマーが、麻薬の撲滅にいかに真剣に取り組んでいるかの証を「これでもか!」と展示している世界でも珍しい麻薬の博物館です。

東京ドーム約1.3個分の広大な敷地内に建つ、14,322平方メートルの巨大な博物館。吹き抜け3階建ての豪華な建物の中には、麻薬の作り方から中毒者から取り出された内臓の標本に至るまで、麻薬に関する展示物がぎっしりと展示されており、無駄にリアルなジオラマの数々が今晩にも夢に出て来そうな勢い。

「名前は聞いたことがあるが実際に見た事はない」そんな麻薬の写真や実物が惜しげもなく展示されており、押収した麻薬の写真の中には、胃の中に麻薬を隠した犯人の手術中の写真もあり、かなり衝撃的。麻薬パーティの様子や、禁断症状で苦しむ等身大人形の他にも、お化け屋敷の様な小部屋もあり、ミャンマーの麻薬の現状と撲滅の歴史までを圧倒的なスケールで解説、展示している稀有な博物館となっています。これだけ面白いのに観光客は誰もおらず、館内には自分一人と言うアウェイ感もシュールで堪りません。

薬物を使用するとどうなるか?の展示はもちろんの事、薬物を使用しない為にはどうすればいいのか?の展示もあり、その解決方法がいかにもミャンマーらしくて思わずニヤリとしてしまいます。
どんな解決方法なのかは、実際に「麻薬撲滅博物館」に足を運んでお確かめください。

人とは違ったヤンゴン観光を楽しみたい方におすすめしたい、東京ドーム1.3個分を独り占めできる贅沢な観光スポットです。

【施設情報】
・麻薬撲滅博物館 Drug Elimination Museum
住所:Corner of Hantharwaddy Road and Kyundaw Road, Kamaryut Township, Yangon Myanmar
TEL:(01)505016、(01)505261
開館時間:AM9:00~PM16:00
閉館日:月曜日、祝日
入館料:3ドル(3000チャット)
その他:カメラ、ビデオ代5ドル(5000チャット)
館内所用時間:さらっと見ると1時間、じっくり見ると3時間

【アクセス】
・ヤンゴン市内からタクシーで約15分。2,000チャット(約300円)~

【その他】
・大型商業施設「ジャンクションスクエア」が近いので、合わせて行くのがおすすめ。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
麻薬撲滅博物館周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する