1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ホーチミン(ベトナム)ホテル
  5. ニュー ワールド サイゴン ホテルの現地クチコミ
ホーチミン (ベトナム) ホテルの現地クチコミ

New World Saigon Hotel ニュー ワールド サイゴン ホテル

ちぇり (フードアナリスト/美味いもんハンター)

快適さやサービスにさらに磨きがかかった五つ星ホテル

  • 定番人気

他の写真も見る(全15枚)

ベンタン市場の南側から西へ歩いて約5分、9月23日公園もすぐ近くという位置にあるホテル。館内の内装などが新しくされてリニューアル・オープンし、クラブラウンジの利用などさまざまなサービスが受けられる「レジデンスクラブルーム」での宿泊も評判が高いようです。

またレジデンスクラブルームクラス以上の宿泊者のみが利用できる「レジデンスクラブ・リビングルーム」も内装が一新されており、クラブルームとしては珍しく、広々としたテラスエリア(屋外席)があるのも魅力。喫煙される方も気兼ねなく使えるようです。

改装後の大きな違いといえば、エントランスの天井が高くなったように感じるほどの広い空間が生まれたこと。窓いっぱいに向かいの公園の緑が広がる環境は美しく、飾り立てない豪華な演出からも、こちらのホテルならではのゆとりを感じます。

定評のあったサービスに関しても好感度が高まったように感じられ、宿泊客だけでなく、ちょっと立ち寄った程度の利用客にも大変丁寧で、心地よい笑顔を惜しみなく向けてくれるのが印象的でした。

そして何よりも、Dong Khoi通りなどといった観光で訪れたい中心街にも、ローカルなエリアにも、またバックパッカーエリアにもほど近い場所にあるので、とにかく便利です。それでいて街中の喧騒からは少し距離があるので、落ち着いたホテルライフを楽しめます。

ところで、リニューアルされた際には、内装やお部屋の配置換えだけでなく、ホテル内で使用する食器やカトラリーまで一新され、食事を楽しむ空間にまで気遣われていました。

ホテル入口の右手にある「Whisper Bar and Lounge」は、いつも落ち着いた雰囲気を味わえるラウンジです。人との待ち合わせや仕事の打ち合わせに最適で、そこで提供されるベトナム・ティー(120,000ドン)のティーポットもとっても素敵!

またメイン・ダイニングを指揮しているのは、ホーチミンでは珍しくマレーシア人のシェフ。ベトナム料理をはじめ、朝食にはマレーシアのレシピも取り入れられていたりするなど、東南アジアの料理を満喫できる内容となっていました。

朝食会場にあるお料理には、質の良いパンやチーズ、ハム類も揃っていて、バリエーションはとても豊か。朝6時から10時までの幅広いセッティングで、ゆっくりできるのも魅力的。これなら連泊して毎朝ここで朝食を食べても、飽きることはなさそうです。

また、毎週木曜日の18:00~20:30に開催される、ワインテイスティング会にも注目しておきましょう。毎週、市内の異なるワインセラーさんが自慢のセレクト(スパークリング・白・赤)を提供してくれ、それがなんと飲み放題! ワインについても自由に質問できて(対応は英語)、タパスも食べ放題だというのに、料金は450,000ドン(税・サービス料別)とリーズナブル。

予約は不要ですが、タイミングによっては混み合うので、確実に席を確保したい場合には予約しておく方が良いかもしれません。

宿泊客のみならず、このテイスティング会参加だけの方も気軽に利用できるので、旅先でのホテル体験の一つに加えてみてもいいかもしれません。
リニューアルされた素敵なホテルで、こんなに手軽にワインを存分に楽しめる会。利用しない手はありませんね。

宿泊だけでなく、食事やお酒、人との会合など、さまざまなシーンで気軽に利用したくなるホテルです。

2019/06訪問
古川悠紀 (ベトナム情報サイトライター)

サービスの行き届いた大型ホテル。ここで1日過ごすのもアリかも

  • ガイドの超イチオシ!

ホテル内にはブランドショップ、レストラン、エステ、プール、フィットネスなどが併設されているため、
1日過ごすことができるのが魅力的です。観光巡りで終日外出する人には少し勿体ないかもしれませんね。
ただし、不満に感じることは一切なく、有意義な滞在ができることは保証します。

立地としては、ベンタイン市場からは徒歩圏内(約3分程度)のため、買い物には困りそうもありません。
また西側へ進むとバックパッカー街ファングーラオが見えてきますので、ここでスパイシーな時間を
過ごすこともおすすめです。

一方、付近にお土産ショップなどは少なく、また目ぼしいレストランもないのが現状。
聖母マリア教会や統一会堂といったスポットまでは徒歩で約20分強。
ベトナムの炎天下ではちょっとつらいので、タクシーを有効利用しましょう。

お部屋は世界各国の要人やVIPも宿泊するとあって、気品ある内装です。
ただし、主な客層はビジネスマンであるため、観光目的で来た方にとっては
愛想のない部屋に映ってしまうかもしれませんね。
日本の高層ホテルのような雰囲気ですので、「客室にこだわりはない」という方にはおすすめできます。

バスルームは非常に広いです。特にトイレ周りは壁がなく、なんだか落ち着かないくらいです。
もう少し浴槽を大きくしてほしいと日本人ならば感じるところでしょうが、
シャワーだけならば問題はないでしょう。

私が滞在した際、ロビーを歩いていたスタッフの方に「プールはどこですか?」と尋ねたら、
わざわざエレベーターまで案内してもらい、プールのある階層のボタンを押してくれました。
きめ細やかなサービスはもちろんのこと、直接受けるサービスというのはやはり嬉しいものですね。
巨大ホテルだからサービスはあんまりかな、と思っていたのですが、良い意味で期待を裏切られました。

5つ星の中でも最高峰のホテルにしては安く感じます。
客室が多いため、慢性的に余っているのかな、という気もしなくはないですが…。
ただし、ホテル内のエステ、レストランなどはかなり割高かと思います。
贅沢な雰囲気を味わいたい方は、一度か二度訪れてみてはいかがでしょうか。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。