1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シドニー(オーストラリア)観光地
  5. サウス ヘッドの現地クチコミ
シドニー (オーストラリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

シドニー湾散策コースで一番手軽。でも観光ポイントもビーチも盛りだくさん。

  • 街散策おすすめ
  • 定番人気

サウスヘッドエリアはシドニー湾南側の入口で、
南太平洋(タスマン海)の絶景と、美しいシドニー湾とシティーの遠景を存分に眺められる場所です。

ノースヘッドより早くから開けているので住宅地やバス通りが観光ポイントのすぐそばにあり便利です。
1970年代までは主として展望台周辺は軍用地として利用されていましたが、
今ではシドニー湾国立公園として遊歩道が整備されて展望台やビーチに簡単にアクセスできます。

おすすめコースは:
シティまたはボンダイからのバス終点より少し手前の
Macquarie Lighthouse(マッコーリー灯台)で降車し
Watsons Bayまで歩きましょう。
フランシス・グリーンウェイが設計したオーストラリア最初の灯台がありましたが、
1883年にそのデザインに近い今の灯台が後を継ぎました。
シンプルで美しい灯台は、日本のTVコマーシャルにも登場したことがあります。
東側の住宅地はその立地から、小さな敷地でも3億円以上します。
  ↓
そこから南太平洋沿いの遊歩道を20分程歩くとGap Parkへ突き当たります。
この辺りは砂岩が外洋の荒波にあらわれる姿を見下ろすことができます。
この砂岩は2億年以上前の三畳紀に堆積され
ジュラ紀の何度かの地殻変動で現在のシドニー湾の海岸線の基礎をなしており、
今なお荒波によって侵食されている自然の営みのスケールを感じられます。
  ↓
左手(東側)にワトソンズベイが見えてきたら、シドニー湾の穏やかな海を眺めながら
Doyles On The BeachかWatsons Bay Boutique Hotelのレストランで休憩。
外で食事をするときはカモメの襲撃に気をつけてくださいね。
ワトソンズベイは小さなビーチで地元の子供達がよく水遊びをしています。
  ↓
このビーチの北の端からCamp Coveビーチにつながる Cove Streetへ。
Camp Cove Kiosk後手にある遊歩道を海岸線沿いに10分ほど歩けば、
サウスヘッド突端のHornby Lighthouseです。
遊歩道途中眼下に小さなLady Bay Beachが見えます。
こちらはヌーディストビーチですのでもし水着を忘れたらこちらで泳いでみては?
(注意:服を着たままこのビーチへは行けません。)
  ↓
帰路はCliff Streetを通ればワトソンズベイワーフまで近道です。
そこからフェリーでシドニーの高級住宅地を海から眺めながらサーキュラーキーへ戻りましょう。
バスなら324・325番で高級住宅地を眺めながらシティーへ戻れます。

☆歴史好きの方に☆
第二次世界大戦中Camp Cove東側のLaings Pointから対岸Georges Headを結ぶ水面下には
潜水艦防御ネットが張られていました。
日本の特殊潜航艇が3機シドニー湾に潜入しそのうち1機はネットに絡まりました。
現在Green Point Reserveからの美しい眺めの元、ひっそりとその跡を残しています。

☆サウスヘッドウォーキング地図☆
http://www.walkingcoastalsydney.com.au/brochures/documents/MainWalk4.pdf

絶景!最高のウォーキングスポット

  • 眺望おすすめ
  • 定番人気
  • 穴場

シドニー市内からも比較的近い郊外の観光スポット、サウスヘッド。
実際は、ワトソンズベイ、サウスヘッド、ザ・ギャップという3つの見所がある場所。
市内からだいたい30分程度で到着します。

ワトソンズベイは、フェリーが到着する湾の事で、
サウスヘッドとは、ここの飛び出た半島の南端あたり全体を指します。
そして、ギャップはこちらの半島の東側に面した断崖絶壁の事です。

半島の先端にあるサウスヘッドの海沿いはシドニー国立公園になっていて、
高い丘に沿って遊歩道があり、お散歩に最適。
30分ほどのブッシュ・ウォーキングが楽しめます。
青い海と時折シティーを一望する事が出来ます。

そして、ザ・ギャップの断崖絶壁の自然が繰り出す壮絶な景色も見物です。
外洋に直接面した波の荒いギャップ沖では水難事故が多く、
オーストラリアで最初の灯台「マッコーリー灯台」が
ギャップ公園から南に徒歩15分ほどの場所に建てられています。

そして、ワトソンズベイにある有名なレストラン、ドイルズオンザビーチ。
なんと1885年に始まったこちらのレストラン、国内最古のシーフードレストランです。
ディーナーや贅沢なランチに是非お勧めします。こちらのフィッシュ&チップス絶品です。

そして、ワトソンズベイにあるレディーベイビーチ。
こちらのビーチはシドニーでは最も古いヌードビーチです。
ヌードにての遊泳が法律で認められており、実際に、ヌードの方もちらほら。
写真撮影や子供連れの方はくれぐれも注意して下さい。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。