1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 台南(台湾)観光地
  5. 大天后宮の現地クチコミ
台南 (台湾) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(10人)詳細

Grand Matsu Temple 大天后宮 ダーティエンホーゴン

前田 公子 (トラベルライター、ブロガー、日本語教師)

明代王府建築 府城四大月老の大天后宮

  • 歴史的建造物おすすめ
  • 定番人気

台南市中西区にある媽祖を祀った廟。
元々は明朝時代の寧靖王朱術桂の邸宅であった場所を寧靖王がこの邸宅を手放した後、媽祖廟となったものです。

この廟は台湾で最も古くに政府が媽祖廟として列記した場所です。
また、この大天后宮は府城四大月老のひとつとしても知られています。台湾ではお墨付きの霊験あらたかな月下老人が後殿に祭られています。

廟の中に見られる彫刻は、当時特別に召抱えられた福建の職人によって施されたもので、他の廟では見ることのできない美しい彫刻です。
毎年農暦の3月23日には媽祖の誕生を祝う祭典が行われ、台湾の重要な習慣のひとつとなっています。

大天后宮は三川殿、拜殿、正殿、後殿の建築四進と呼ばれるものと、広い間口を取っている大天后宮には、拜殿、觀音殿、三寶殿と頭門、正殿、後殿、三川門と歩廊等部分があります。
何度かの改修を経ている大天后宮ですが、明代王府の建築の風貌を残す台湾で希少な廟となっています。

入場料は、無料でゆっくりと見て30分くらいで見てまわれます。

アクセスは台南駅より3番、5番、または観光バス88番観夕平台行きに乗り赤崁樓下車徒歩2分。タクシーで5分。

2017/01訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。