1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 台南(台湾)観光地
  5. 天壇の現地クチコミ
台南 (台湾) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(10人)詳細

Taiwan Shoumiao Tiantan Tiangong Temple 天壇 タァィワンシォゥミャオティエンタンティエンゴンミィアォ

TOMOKO (現地在住ブロガー)

中国道教の最高神をはじめ、たくさんの神様を祀る台南屈指の人気寺

  • 寺院おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

台湾鉄道「台南駅」から車で3分ほど、または徒歩で約15分。天壇は台南市の中西区にあり、徒歩5分程度で雑貨やお菓子などお土産アイテムがたくさん揃っている「林百貨」に着き、観光名所の「台南孔廟(タイ ナン コーン ミヤオ)」や「赤崁樓(チーカンーロウ)」も徒歩10分以内。

天壇の正殿で祀られているのが「玉皇上帝(ユイ ホワーン シャーン ディー)」。玉皇上帝は中国道教の最高神で、天界および地上、地底に住むあらゆるものの支配者でもあります。玉皇上帝の他、お寺の奥に20以上の神様が祀られているので、日々たくさんの人が参拝に訪れます。台南で最も人気のあるお寺のひとつ言っても過言ではありません。

天壇の一番の見どころは龍が彫られている石柱と木製の彫刻。また、台南の三大扁額の一つも天壇にあります。これは玉皇上帝を祀っている正殿の上に掲げている「一」と書いた扁額のこと。一文字で大きく書いていますが、「一」の周りには小さい文字で「人間の思案は天の思案に及ばず、暗黙の内に運命は定まっている」という意味を込めた詩句が書かれています。

お寺の奥の後殿ではたくさんの神様が祀られていて、人間の生死や病気を司る「北斗星君(ベイ ドウ シーン ジュイン)」と「南斗星君(ナン ドウ シーン ジュイン)」も見所の一つ。それぞれの下に虎の神様「虎爺(ホゥ イエ)」が祀られています。

天壇は二階建てで、二階では武の神「関聖帝君(グワン シュヨン ディー ジュイン)」が祀られています。

入場料(拝観料)は要りません。無料で見学できます。

2019/01訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。