1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ビクトリア(カナダ)観光地
  5. ハットレイキャッスルの現地クチコミ
ビクトリア (カナダ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Choco (留学エージェント)

映画のロケ地にも選ばれた大富豪の豪邸を訪ねて郊外へ足をのばそう。

  • 散歩おすすめ
  • 穴場

他の写真も見る(全6枚)

ハットレイキャッスルはビクトリアから車で15分ほどの郊外に位置しており、1995年にカナダ政府によって国家遺産として指定されてました。現在ハットレイパーク、並びにロイヤルローズ大学の敷地の一部として利用されています。

ハットレイキャッスルは、アメリカの人気ドラマシリーズ『ARROW/アロー』の舞台となりました。それ以外にも、『ヤングスーパーマン』のルーサー家の豪邸や、『X-men』映画シリーズの、プロフェッサーXが設立したミュータント養成学校のロケ地として使用されたことでも知られており、ドラマ・映画ファンにとっては訪問できるロケ地としても人気です。

このお城は当時ビクトリアで炭鉱で大成功していた大金持ちであるJame Dusmuirによって当時のビクトリアの建築士Samuel Maclureにお金の糸目をつけずに依頼された豪華なお屋敷で、1908年に完成しました。
このお城には大きな日本庭園とローズガーデン、イタリアンガーデンも併設されており、現在は自由にこのお庭を散策することができます。

1908年より、Jame Dusmuirとその家族がお城に在住し、敷地内にはお屋敷の管理をする100人のガーデナーやファーマーなどの使用人が在住していました。1920年にJame Dusmuirが亡くなり、1937年に妻であるLauraと娘のElenorが続けて亡くなり、1940年の11月にカナダ政府によってこのお城が買い取られ、12月より当時のカナダ海軍であるRoyal Roads支部によってトレーニング施設として使用されることになりました。
その後正式な海軍学校として運営されるようになり、学校名もRoyal Roads Military Collegeと1968年に変更されることになり、その後1994年まで海軍学校として運営されていました。1995年にRoyal Roads Universityという名前の一般大学として運営されており、現在に至ります。
ビクトリアのダウンタウンからすぐの場所にあるクレイダーロック城(こちらも国家遺産に指定されている)を建設したRobert DunsmuirはJamesの父にあたります。

ビクトリアのダウンタウンからは61番のバスで1本、30分程度を要します。近くにはこちらも国家遺産のフォートロッド・ヒル(Fort Rodd Hill/ビクトリアの要塞)やフィスガード灯台(Fisgard Lighthouse)もありますので、あわせて観光するのもおすすめです。
お城の下の階にお土産店と小さなミュージアムが併設されています。結婚式会場として使用される時もあり、使用されている場合にはお城の裏や庭の一部が入場できないことがあります。

入場料は無料、車の場合には2ドル程度の駐車料金が必要です。
http://hatleycastle.com/
https://en.wikipedia.org/wiki/Hatley_Park_National_Historic_Site

2017/04訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。