1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. アフリカンエクスプレスさんの旅行ブログ

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

アフリカンエクスプレス

~アフリカ旅行のインデックス~

アフロスペース リミテッド
アフリカへの個人旅行のコンサルティングから各種リサーチ、番組企画、街角情報、芸能談義など情報満載
プロフィール

ニックネーム:
アフリカンエクスプレス
居住地:
アフリカ>ケニア>ナイロビ
性別:
女性
会社名:
AFROSPACE LTD.
会社英字名:
AfroSpace Ltd.
会社所在地:
アフリカ>ケニア>ナイロビ
会社電話番号:
+254-20-2213246
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
東アフリカ そして
アフリカ大陸の
さまざまな顔を
取材・旅行手配・
リサーチなど
を通して
ご紹介します。

カレンダー
11月<2019年12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

記事一覧

1 - 5件目まで(30件中)

KWSParkFee01Nov16
【号外】国立公園入場料一斉値下げ
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:観光地 
投稿日:2016/11/04 18:30
朗報です!
ケニア国内の「国立公園」入場料が2016年11月1日より一斉に値下げされました。

これは今年から観光業へのVAT課税が撤廃、国立公園入場料もそれに応じて値下げされた、というからくり。ケニア政府直轄の国立公園・海洋公園に適用されます。その中から、ツーリストに最も身近な公園の値下げについてリストアップしてみました。


アンボセリ国立公園: US$70 → US$60
ナクル国立公園: US$70 → US$60
ナイロビ国立公園: US$50 → US$43

一時はUS$90まで高騰した入場料。
ここまでお安くなったこのチャンスにぜひお出かけください。


KWSParkFee01Nov16

PR
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。
ヘルズゲート
=へ= ヘルズゲート国立公園 アウトドアメニューあれこれ
エリア:
  • アフリカ>ケニア>ナイバシャ
テーマ:ハイキング・登山 温泉・露天風呂 散歩・自転車 
投稿日:2016/09/28 20:11
岩場歩きにサイクリング、そして〆は温泉。
余力があればロッククライミングも…と
これだけのことが一箇所で体験できる
ヘルズゲート国立公園。
ナイロビから車で1.5時間、
ナイバシャ湖に面した国立公園です。

ヘルズゲート
温泉が湧き出す岩場をガイドと

ナイバシャはナイロビから
陸路でマサイマラへ向かう道中のスポット、
ここで1〜2泊してアウトドアを楽しむ
というプランはいかがでしょう?
動物サファリは悪路ドライブの連続で
消耗はするけど運動不足になりがち。
涼やかな風が抜けるサバンナでの
アクティビティー、公園内の
草食獣たちとひょっこり遭遇するのも
楽しみの内です。

PR
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。
フラミンゴ
=フ= フラミンゴはどこへ行った?〜変化するフラミンゴ飛来地事情〜
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:観光地 世界遺産 自然・植物 
投稿日:2016/09/28 17:39
ケニアが舞台の歌謡曲「風に立つライオン」。
黙って聴いていると「百万羽のフラミンゴが来るのはビクトリア湖か」
と思うかもしれませんが、実はケニア国内で1年を通して
最も多くのフラミンゴが観察できるのはビクトリア湖の東にあるボゴリア湖。
フラミンゴはアルカリ性の湖に発生する藻を糧にする水鳥につき、
ビクトリア湖を含む淡水湖にはやってきません。

フラミンゴ
ボゴリア湖のフラミンゴ

一方、古いガイドブックには「百万羽のフラミンゴはナクル湖」
とありますが、これも×。ナクル湖はアルカリ湖ですが、
近年、湖の劇的な環境変化(水位変動、藻を食べる魚の導入など)により、
フラミンゴの数が激減。数百羽いるかいないか、という状態が続いています。

とはいえ、ボゴリア湖に常駐する公園保護官によると
「フラミンゴは月夜の晩に突如群れで移動してしまうこともある」とのこと。
フラミンゴでピンク色に染まる景色に遭遇できるか否かはちょっとした賭け。
これも野生動物相手のサファリの醍醐味、と割り切れるなら
東アフリカを満喫できること請合います。

PR
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。
東アフリカ地図
=ヒ= 東アフリカ ビザ情報
エリア:
  • アフリカ>ウガンダ
  • アフリカ>ケニア
  • アフリカ>タンザニア
テーマ:旅行準備 
投稿日:2016/09/27 20:27
東アフリカ諸国への渡航には漏れなくビザが要ります。が、このビザ事情、ずいぶんと便利になりました。ビザの申請方法には大きく分けて3つの方法があります。(2016年9月現在の情報。日本国籍の渡航者の場合)

A. オンライン申請(ケニア、ウガンダ、ルワンダ)
B. オンアライバル申請(タンザニア)
C. 領事館での申請 (南スーダン) など

中でもケニアはA〜Cいずれの方法でもビザ取得が可能、なおかつ、16歳未満の子どもはビザ免除(申請不要)となりました。出張続きでなかなかパスポート原本が手放せないビジネスマンや、急に思い立って旅行をするのに子ども達のパスポートの発給がギリギリだけど…というご家族に朗報です。

ビザオンライン化の流れは徐々に拡大し、ウガンダでも2016年7月1日より制度導入の告知がありました。方式はルワンダ同様、指定サイトから必要書類などデータを提出、数日後にイミグレから返送されるメール書面をプリントアウトし、現地到着時に入国ポイントでビザ代とともに提示する、という流れです。

なお東アフリカ諸国のうち、ケニア・ウガンダ・ルワンダの3か国については共通ビザ(東アフリカツーリストビザ)があります。またシングルエントリービザはこれら東アフリカ諸国からの3ヶ月以内の再入国であれば取り直しは不要と便利な側面も。ただ、黄熱病の予防接種証明書(通称イエローカード)については、一部ルールが厳格化されたところもあります。日本から直接渡航する場合は不要でも、経由国によっては必要な場合もあるため、ご旅行前には必ず現地の旅行会社に渡航ルート含む全行程のプランを申告のうえ、ご相談ください。

※ 情報は2016年9月現在のもの。ビザ条件は当事国の判断により予告なく変更される場合があるため、ウェブ上の情報のみに頼らず、必ず当事国入管ないしは現地旅行業社にお問い合わせのうえお出かけください。
タグ:
ケニア ウガンダ ルワンダ タンザニア ビザ 

PR
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。
先史ギャラリー
=ハ= 博物館(Nairobi National Museum)へようこそ!
エリア:
  • アフリカ>ケニア>ナイロビ
テーマ:歴史・文化・芸術 自然・植物 
投稿日:2016/09/22 21:58
ナイロビで半日過ごす時間ができたら
ナイロビ国立博物館見学をお勧めします。

この博物館の魅力はなんといっても
その豊富なコレクション。
遡ること100余年
1910年から収集された
野鳥、植物、昆虫、魚類、爬虫類、
哺乳類、そしてこの博物館を
世界中に知らしめた人類祖先の
化石の数々が所蔵、展示されていることです。

900点もの野鳥の標本、
人類祖先の化石標本、
ケニアの42部族の伝統的な
生活雑貨や装飾品の数々
また予約制ながら
シーラカンス標本、
数十万点の植物標本
数百万点の昆虫標本の見学も可能。
東アフリカのエッセンスが
ギュッと詰まっています。


シーラカンス
2001年ケニア沖で捕獲されたシーラカンス標本

博物館は年中無休。
午前8時半から午後5時半まで。

PR
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。

1 - 5件目まで(30件中)