1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

12月<2018年1月    
1 23456
78910111213
1415 161718 1920
21222324252627
28293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(879件中)

ソナム・ロサル
ソナム・ロサル
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2018/01/18 15:01
コメント(0)
(休日)ソナム・ロサル(タマン族の新年)

民族衣装を身に付けたタマン族の人々が、
カトマンズ中心部の広場に集まり、
踊ったり、歌ったり、食べたりして過ごします。
昼12時を回らないと、そうした行事が始まらないのがネパールです。
天気が良く、暖かくなってきた昼前です。
これから楽しく、賑やかな時間を過ごすのでしょう。
ソナム・ロサル
(タマン族の女性)

2074年10月マーグ月
ネパールは、2074年10月マーグ月です
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2018/01/15 14:37
コメント(0)
2074年10月マーグ月

カトマンズが最も寒くなる月マーグ月になりました。
日本の1月15日から2月12日までの29日間です。

今日、マーグ月ついたちは、「マゲ・サクランティ」の休日です。
これはネパール全土で行われる祭りで、
冬の終わり、春の始まりを意味します。
この日は茹でたタルウ(山芋)や、サトウキビから作ったお菓子チャク、
精製バター、サツマイモ、ゴマのお菓子などを
家族や友人たちと食べて祝います。
人々は「タルウ・カネ・ディン(山芋を食べる日)」と言っています。
私も、「山芋食べに来てね」と呼んでもらっています。

この祭りのほかに、今月は響きも嬉しい「立春」もありますが、
実際にはこの1ヵ月の寒さはとても厳しいのです。

2018年元旦2
2018年元旦
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:世界遺産 
投稿日:2018/01/01 14:13
コメント(0)
2018年元旦の朝、
世界遺産の仏教寺院ボウダナートに行ってきました。
朝8時のボウダは、いつもより人が多く、
お坊さんたちによるプジャ(祈祷)が行われていました。
小学生くらいから、ベテランまで、年齢の違うお坊さんが大勢で、
身分の高そうなお坊さんとともにお経を上げていました。
チベタン・ティー(バターが入ったミルクティー)や、カジャを供する女性達が、
お坊さんの間をめぐってサービスする姿がありました。

ボウダは、普段より飾りつけがなされ、
幾重にも張り巡らされた5色のタルチョが、重そうに揺れていました。

数珠を繰りながらお経を唱える人達に混じって、仏塔を回りました。
灯明をささげ、今年の平安を祈りました。
こうして、新しい年が始まりました。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年元旦1

2018年元旦2

2074年9月プス月
2074年9月プス月です
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2017/12/16 13:46
コメント(0)
ネパールの9番目の月プス月が始まりました。
日本の12月16日から2018年1月14日までの30日間です。
今月と来月の2ヶ月間の寒さが最も厳しいと人達が言います。
プス月17日が2018年元旦になりますが、
ネパール独自の暦は9月ですから、ネパールは新年ではありません。
いつもと同じに過ごします。
「ハッピー・ニュー・イヤー」と声を掛けてくれる人もいますが、
ネパールの暦は赤くなっていません。
私はネパールの暦に「私の休日」と赤く書き込み、
世界遺産の仏教寺院ボウダナートに初参りをして、
気持ちを改めています。

2074年9月プス月

カレンダーの神様は「ガネシャ」。
人の体に象の頭が乗っており、1度見たら忘れられない姿をしています。
商売の神様として人気があります。
バスやタクシーの運転席によく飾られています。

ビバハ2
結婚式
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ウェディング 
投稿日:2017/12/11 15:08
コメント(0)
今日も結婚式がある日です。
今朝は、私の家の近くから、花婿が式場に向かいました。
男性たちは、ネパールの男性の正装を着込んで、改まった雰囲気を出し、
女性達は、きらびやかなサリーに身を包んでいます。
花婿の行列を盛り上げる楽隊が、力の入った演奏を繰り広げる中、
こちらは、晴れがましいとしか形容の言葉がない花婿が登場し、
出発前の儀式や祝福を受けています。
花婿の車をはじめ、出席者の車、大型バスなどが列を組んで出かけていきました。
式の後、夕方には花嫁を連れた行列が帰ってきますが、
そのときも楽隊が知らせてくれます。

今日は、強すぎない日差しが射す穏やかな日です。
今日も、数多くの新夫婦が誕生するようです。

ビバハ1
(結婚式を盛り上げる楽隊)

ビバハ2
(結婚式の様子)

1 - 5件目まで(879件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(878)