1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. キルギス
  5. カラコル
  6. 観光地
  7. ドゥンガン人のモスク

ロシア旅行社
創業42年文化交流のコーディネーター
ロシア・旧ソ連諸国のパイオニア! 専任担当制でトータルサービス
プロフィール

ニックネーム:
ロシア旅行社
居住地:
東京都
会社名:
株式会社ロシア旅行社
会社英字名:
Japan Russian Travel Service Co.,Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3238-9101
業種:
旅行業
自己紹介:
旅専加盟のロシア専門店です。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ドゥンガン人のモスク

2009/12/24 18:04
エリア:
  • アジア > キルギス > カラコル
テーマ:
  • 観光地
  • / 街中・建物・景色
キルギスに行き初めて耳にした民族名が「ドゥンガン人」です。中央アジアは民族が入り組んでおり例えばタジク人やカザフ人、ウズベク人などが同じ町に住んでいることが稀ではないのですが一体「ドゥンガン人」とは?  ドゥンガン人は簡単に言えば中国に住んでいたムスリムのこと。いわゆる中国系ムスリムです。これは清朝末期から続く中国国内の混乱から主に陝西省・甘粛省、そして新疆ウイグル自治区から逃れてきた人達の末裔です。同じ中央アジアを旅行していてウズベキスタン等でドゥンガン人の名前を耳にしないのは中国と国境を接していないため数が少ないことが理由です。ドゥンガン人の数はキルギスが一番多く、その次がカザフスタンとのことです。  カラコルにはこのドゥンガン人のモスクがあります。このモスクは外見がどちらかというとチベット仏教のお寺のようです。そこはやはり中国のカルチャーが入っているからでしょうか。ただし、外見はお寺でも中はイスラム寺院。カーペットが敷きつめられ、メッカの方向を指し示す方向版もあり、信者が熱心にお祈りするのは他のモスクと同じです。ドゥンガンを見ると、中国の近くに来たことを実感することができます。 ドゥンガンモスク
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。