1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. キルギス
  5. イシククル
  6. グルメ
  7. キルギスの家庭料理

ロシア旅行社
創業42年文化交流のコーディネーター
ロシア・旧ソ連諸国のパイオニア! 専任担当制でトータルサービス
プロフィール

ニックネーム:
ロシア旅行社
居住地:
東京都
会社名:
株式会社ロシア旅行社
会社英字名:
Japan Russian Travel Service Co.,Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3238-9101
業種:
旅行業
自己紹介:
旅専加盟のロシア専門店です。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

キルギスの家庭料理

2010/01/18 11:50
キルギス家庭料理
エリア:
  • アジア > キルギス > イシククル
テーマ:
  • グルメ
カラコルからビシュケクに向かうルートには2つあります。一つはイシククル湖北岸を辿り西岸のバルクチに出るコース。これがメインルートです。もう一つはイシククル湖南岸を辿り同じくバルクチに出るコース。このコースはメインではなく、道もところどころ砂利道のため観光ルートからは外れています。それでもこの道は現状三蔵法師が通ったとされる由緒正しき道。カラコルからの帰りに通ってみました。  この道で帰る場合のネックは食事です。北岸は途中のチョルポンアタに沢山のホテルやレストランがあるので問題はないのですが、南岸はそれらしきものは全くありません。そのため、民家で食事をすることになりました。これは思ったよりもラッキーなことでした。  キルギスは滞在登録の関係でホームステイはなかなか難しく、民家に入る機会が少ないのです。ウズベキスタンはホームステイが比較的容易で何度か経験があるのですがキルギスは初めて。少しわくわくしました。  キルギスは遊牧民族のため大家族制が基本。大きな家に3世代同居が当たり前です。食事はおばあちゃんを中心とした女性が作ってくれます。  客間に入るとまさに「食卓の足が曲がるほど沢山の」食事が並べられています。お客さんをとことんまでもてなす遊牧民族の伝統が生きています。  食事の内容はナン、そしてプロフ、干し果物、肉じゃがといったウズベク家庭料理とほぼ同じ料理。中央アジアではやはり国境で民族が分かれるのではなく、中央アジア全体が同じようなものを共有しているという印象を強く持ちました。もちろん、ウズベクのときと同じく味は最高で食べ過ぎに注意をしなければならないほどでした。キルギスではホームステイは無理でも家庭料理を味わってみたいものです。 キルギス家庭料理
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。