1. ι? ???
  2. 国内の旅行ブログ
  3. WACANA*さんの旅行ブログ
  4. WACANA*さん 宮城の記事一覧

  国内エリア: 東北 > 宮城 の他のブログはこちら|

人生をつまらなくする素晴らしい方法

~*oO.+○*.o○*.。そんな方法、一緒に探しませんか?*oO.+○*.o○*.。~

プロフィール

ニックネーム:
WACANA*
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
30代
自己紹介:
wacana*です。
同じ物を見ても、見方を変えるだけで、感動は、1にも10にもなると思うのです。
自分の貴重な時間を遣っての旅だからこそ、メイッパイ楽しみたい!!

武者小路実篤氏は言います。
『人生をつまらなくする素晴らしい方法があります
それは、わかっているという立場でものを見ること』
人生も旅と同じだと確信しています!

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

ウニ
ウニは飲み物!宮城の旬を食べ尽くすっ!!!!
エリア:
  • 東北>宮城>石巻
  • 東北>宮城>牡鹿半島・金華山
テーマ:グルメ 
投稿日:2015/07/06 20:19
コメント(0)
タイトル通り、宮城県の沿岸部で食べた、今まさに旬な海産物をお届けしますー。

まずは、狐崎漁港の、シャコ海老!
蒸された状態でのシャコ海老。はて、いったいどうさばいたらいいのだろうか、と漁師さんに確認する。そして、ただただ実践に励んだら、修得しました!!もう完璧です。


シャコ海老
《天津甘栗ならぬ、狐崎シャコ海老むいちゃいました》

そして、続きましては、同じく狐崎漁港の牡蠣!
これは、阿部さんちの牡蠣です。
とにかく大きくてビックリしました!笑
わたしの顔が小さいのか、牡蠣が大きいのか、、、、んーどっちも正解で!!

牡蠣


更に続きまして、女川・竹浦(たけのうら)漁港のホヤ。
ホヤって食べたことない方多いですよね。。
わたしも、去年の夏に初めて食べました!
嫌いな方が多いので躊躇して食べたんですけどね、、美味しかったのです〜。
海の味が、口いっぱーーーいに広がって、そしていつまでも残る後味が最高!
これが逆に「生臭くて嫌」っていうのがあるみたいです。笑

ホヤ
《ああぁ、これ食べると夏がハジマルー。》

まだまだ続きまして、こちらも同じく女川・竹浦(たけのうら)漁港の阿部さんちのウニ。
きゃーーーー。とココロの中で何度叫んだことか!もしかしたら、ココロの声が漏れていたかもしれません。笑
そして、もうこれは、ウニは飲み物だと思ったわけです!

ウニ


という訳で、最高な時期に、宮城を訪れてしまいました。うっしっしー☆

そして、あまりに贅沢な食卓が続いていた為、日常に戻った後、すぐの昼食は、ファーストフードになりましたとさ。笑


wacana*

女川
震災後の初ファンダイビング@宮城県女川町
エリア:
  • 東北>宮城>牡鹿半島・金華山
テーマ:お祭り・イベント マリンスポーツ 自然・植物 
投稿日:2012/06/15 14:22
コメント(0)
宮城県牡鹿郡女川町にある竹浦漁港。

私が初めて行ったのは9月のことだった。

2011年女川
〈 2011年9月25日 海の様子 〉

2011年女川
〈 この時、竹浦に集まった人達との写真。懐かしい! 〉


潜る三陸ボランティアダイバーズのプロダイバー達は、
「目の前が見えない」と口々に言い、
はぐれない様に陸地で念入りに打ち合わせを重ねた。

2011女川

2011女川

2011女川


透明度の悪さは岩手を越えおり、
いくら「今日は透明度悪い」と言えども、
コンディションの悪い女川ほどではない、と表現される程だった。

そんな女川の竹浦漁港にて10月末。
ダイバー2人がクチバシカジカの幼魚と出逢った。
震災後に産まれたクチバシカジカ。

生憎、カメラを持っておらず目に焼き付けるだけとなった。
そしてその後、まだ一度としてカジカに会えた者は居ない。


2011女川
〈 この時のダイビングだったかと思う 〉


何度か行った女川の竹浦漁港。
レスキューで且つ潜水士資格のない私は海に入ることも出来ず、
話を聞きことしか出来なかった。
それでも女川に行く機会があるならば、
行きたいと手を挙げ、同行させて貰った。


2012年女川
〈 2012年4月 お祭りの時の様子 〉

2012年女川
〈 明るるくて元気のある竹浦の人達。混ぜて貰って記念撮影 〉


竹浦でファンダイブが出来る!
その話になった時、潜りたい、と思った。
正確に表現すると“知りたい”という気持ち。

竹浦の海、それは竹浦の人達にとっては想いが詰まった海であり、
私たちにとっては、その想いを強く感じる海だった。


2012年女川
〈 2012年3月の時 〉

2012年女川
〈 2012年4月の時 〉


そしてここで、女川の海への興味を一気に深いものにしてくれたのは
女川を潜り続けて40年以上にもなる渡辺信次さんの存在だった。


女川


女川の海に関して、知らないことはないと思わせる。
そして、この人のガイドで潜ってみたら
海が違って見えるのではないかと思うほど魅力のある方だ!


以前、ラパスの海で知り合った女性の方は、
パラオでは必ず、アクアマジックの長野浩さんを
ガイドに指定して潜ると聞いた。
「長野さんと潜ると海の色が違って見えるのよ!」
という、なんとも未知なる理由だった。

どういうことなのかわからないが、
言葉に表せない素敵なことが起こる、ということは理解できる。
それを体験したくて、長野さんにガイドして貰いたい、と
思っているがまだそのチャンスは訪れていない。

ただ、今回渡辺さんにガイドをして貰って、
彼女が長野さんから感じているものと
正しく、同じものを私は感じたのだった。



女川

女川

.
タグ:
竹浦漁港 女川 ダイビング 三陸ボランティアダイバーズ 渡辺信次 

PR
ミクロネシアの旅なら☆ヒットツアーズ☆チューク&ポンペイ&マーシャル&パラオ!ドキドキが止まらない〜☆
岩手
2012年3月11日
エリア:
  • 東北>岩手>大船渡・陸前高田
  • 東北>宮城>松島
テーマ:その他 自然・植物 
投稿日:2012/04/12 17:23
コメント(0)
岩手


私は何も知りません
と言ってるかのように
空が綺麗過ぎた。


2012年3月11日。


岩手


もし自然が私達の気持ちを察して
今という時を晴天にしてくれたのならば
こんなに多くもの哀しみを生み出した地震を
起こしたりはしなかったであろう、と考える。


岩手


自然は意志をもたないもたない、
はずなのに・・・


時に心が現れる程の美しい景観を見せてくれたり
怖いくらい良いタイミングで雨が止んだり
忘れては行けない何かを教えてくれたり
意志をもって自分と向き合ってくれているような、
そんな気がしてしまうのだ。

岩手


しかし、震災を前にそんな考えは1ミリも生まれない。
生まれないのだ。



自然は意志をもたない。

そして意志をもつ私たちは
そんな自然の中で生かされて居る。

これからもずっと。


2012年3月11日。
あの日、岩手の沿岸部に居て
岩手の自然に囲まれながら感じた
自分の胸の内を理解するのに
少し時間がかかってしまった。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
http://www.web-lue.com/webmagazin/2012/1204tohoku/01.php
三陸ボランティアダイバーズの1年の活動を振り返る
ocean+αPDFマガジン第2弾「それでも海を信じたい」


.

PR
ミクロネシアへのご旅行お手伝いします。「人生をつまらなくする素晴らしい方法」で、いつもより少し特別な時間を。あの素晴らしい海をどうかご自身の目でみて下さい。【旅行会社・ヒットツアーズ】

1 - 3件目まで(3件中)


国一覧
アジア
インドネシア(3)
台湾(1)
中国(1)
シンガポール(1)
ヨーロッパ
フランス(6)
スペイン(3)
デンマーク(2)
イギリス(2)
イタリア(1)
アフリカ
エジプト(2)
ミクロネシア
マーシャル諸島(8)
パラオ共和国(7)
グアム(1)
ポンペイ島(ポナペ島)(1)
中南米
メキシコ(2)
インド洋
モルディブ(7)
東北
岩手(5)
宮城(3)
中部・東海
長野(1)
近畿
京都(1)
四国
香川(1)
沖縄
沖縄本島(1)