交通機関・航空券に関するQuestion!
海外

Q.航空券の検索で見かけるオープンジョーとは?周遊との違いは?

航空券を検索しているとオープンジョー可能などの記載が出てくるのですが、どういう意味ですか?周遊との違いは何ですか?また、どのようなときに利用するものなのでしょうか?

A.複数都市を周遊する、現地到着空港と現地出発空港が異なるルートで、出発地から最終目的地までの旅程がひと続きになっていない場合を言います。

周遊とは?

複数の都市をめぐる旅行形態で、都市間の移動をすべて飛行機で行う旅行を周遊といいます。

例:2都市周遊
日本出国→(飛行機)→パリ→(飛行機)→ロンドン→(飛行機) →日本へ帰国

オープンジョーとは?

オープンジョ―とは、周遊と同じく複数都市をまわる旅行形態ですが、途中の都市間の移動に飛行機以外の交通手段を利用する、出発地と最終目的地が異なる等、出発地から最終目的地までの旅程がひと続きになっていない場合を言います。

  • ※途中の都市間の移動部分は、航空券の料金には含まれず、各自負担となります。

例:2都市周遊(オープンジョー)
日本出国→(飛行機)→パリ=(電車)=ロンドン→(飛行機) →日本へ帰国

このように、航空券の現地到着地と出発地が異なるものは、オープンジョーとなります。

上記例以外にも、このパターンもオープンジョーです。意外に思われるかもしれませんが、同じ日本に帰国しても到着地と出発地が違うためです。

例:日本(成田)出国→(飛行機)→香港→(飛行機)→日本(関空)へ帰国

航空券で周遊する場合のルート作りのコツとは?

格安航空券で周遊する場合、すべての区間の移動はすべて1つの航空会社でつなぐことが 一般的です。IATAペックスやノーマル航空券といわれる航空券を除き、一般的に格安航空券といわれる航空券は、往復とも同一航空会社の利用が原則となっています。例えば、パリ、ロンドンを周遊する場合、航空券によっては、行きも帰りもエールフランス、またはブリティッシュエアウェイズのどちらかの航空会社でルートをつなげなければならない場合も多いため注意が必要です。

また、オープンジョーの特性をうまく利用すると2都市だけでなく、3都市を巡るルートもできます。

例:3都市周遊(オープンジョー)
日本出国→(飛行機)→パリ→(飛行機)→ニース=(電車等)= ミラノ→(飛行機)→パリ→(飛行機)→日本へ帰国

  • ※上記はエールフランスを利用した場合のルート例です。すべての区間はエールフランスを利用します。
  • ※航空券の種類によっては、今回ご紹介したようなルートが不可能な場合もあります。

詳しくは旅行会社に相談してください。

他の人はこんなQ&Aも見ています