1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. アテネ(ギリシャ)観光地
  5. キクラデス博物館の現地口コミ・地図

Museum of Cycladic Art キクラデス博物館

  • 博物館
  • アテネ
  • 価格帯大人 7ユーロ
    子供 無料
    シニア 3.5ユーロ
    団体 5ユーロ
  • 定休日火曜日、1月1日、聖霊降臨祭、聖灰月曜日、3月25日、復活祭、復活祭月曜、5月1日、8月15日、12月25日・26日

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
4 Neophytou Douka Street, Athens 10674, Greece
営業時間
[月-水・金・土]10:00-17:00、[木]10:00-20:00、[日]11:00-17:00
公式サイト
http://www.cycladic.gr/
電話番号
+30-210-7228321
駐車場
なし
投稿日2015/03/23

現代美術に影響を与えたキクラデス彫刻が集結

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

(会社員)

キクラデス博物館は、コロナキ地区、博物館・美術館が立ち並ぶソフィア皇后通りにあります。主な展示物はもちろんキクラデス彫刻です。

単にキクラデスというと、普通は、エーゲ海の東南に浮かぶ島々「キクラデス諸島」のことで、観光客に人気のミコノス島やサントリーニ島もこのグループに含まれます。キクラデス文明(文化)というのは、およそ紀元前3200年から紀元前2000年の間に、この地域を中心に栄えた文化のことです。当時はまだ文字がなかったので、書かれた記録はなく、独特な大理石彫刻がこの文化を象徴するものとなります。キクラデス時代の抽象彫刻は、ピカソやブランクーシといった20世紀の芸術家にも大きな影響を与えたことでも有名です。

キクラデス彫刻のほとんどは女性像です。文字史料がないため、像の用途は正確には不明なのですが、女性像であることから、豊穣や安全な出産を祈るための奉納物ではないかと推測されています。また、足の形状から、横たわった姿勢で安置されていたものと考えられます。

キクラデス彫刻の展示の他にも、キプロスの彫刻や古代人の日常を分かりやすくしたフロアがあり、興味深いです。また、随時、企画展も開催されています。

博物館は二つの建物を内部でつなげた形になっており、このため入り口も二つあります。本館の入り口はネオフィトゥー・ドゥカ通りにありますが、目立つのはソフィア通り沿いにある新館の方の入り口です。「新館」とは言え、建物自体は古く、1885年に、高名な建築家エルンスト・ツィラーが建てたネオ・クラッシック様式の建物を改装したものです(スタサトスという人の居宅だったので、「スタサトス邸」と呼ばれます)。19世紀後半の雰囲気を残した美しい建物ですので、ここを訪れる時には、展示物だけではなく、建物自体も注意して見てくださいね。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
キクラデス博物館周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する