1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. アテネ(ギリシャ)観光地
  5. アテネ大学の現地口コミ・地図

National and Kapodistrian University of Athens アテネ大学

  • その他建造物
  • アテネ

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Leoforos Eleftheriou Venizelou 28, Athens 10679, Greece
公式サイト
http://www.uoa.gr/
電話番号
+30-210-7277000
駐車場
なし
投稿日2015/03/23

ギリシャ近代建築の名作

  • 散歩おすすめ
  • 定番人気

(会社員)

シンタグマ広場からパネピスティミウー通りをオモニア広場に向かって歩いて行くと、右手に印象的な古代風の建物が三つ並んで見えてきます。これは、シンタグマ広場に近い方から、アカデミー(学術院)、アテネ大学、国立図書館で、19世紀後半に建てられたネオ・クラッシック様式建造物の代表作です(全て原則的には外部からのみの観光になります)。

中央に立つアテネ大学を設計したのは、有名な建築家クリスチャン・ハンセン1803-83で、1839年から1842年の間に建てられました。現在、アテネ大学のメイン・キャンパスは、中心からちょっと離れた場所に移ってしまっていますが、今でも特別な行事の時には使用されます。

アテネ大学の正式名称は「カポディストリアス国立アテネ大学」といいます。これは、独立近代ギリシャの初代首相だったヨアンニス・カポディストリアスに因むもので、大学の前には彼の像が立っています。

大学に向かって右に立っているのはアテネ学術院。テオフィル・ハンセン(1813-1891)の設計で、1859年に建てられました。建物正面、円柱の上に立つ像は、向かって左がアテナ女神、右がアポロン神で、学芸と芸術の守護神です。

大学に向かって左側に立つのは国立図書館。やはり、テオフィル・ハンセンの設計で、1887年から1902年にかけて建てられました。建物の正面は、ドーリア式神殿を模しています。

クリスチャンとテオフィル・ハンセンはデンマーク人の兄弟で、近代ギリシャ王政初期の建築を代表する建築家です。近代ギリシャの建築を代表する建築家が、なぜ外国人なのでしょうか。オスマン・トルコに支配されていたギリシャには、近代ヨーロッパ建築の伝統がありませんでした。ギリシャが独立した後、バイエルンからやって来た王や、ギリシャに「戻ってきた」富裕な外国のギリシャ人たちは、建築を外国の建築家に依頼せざるを得なかったのです。こんなところにも、ヨーロッパ文化発祥の地でありながら、ヨーロッパでなくなっていたギリシャのねじれた歴史が伺えます。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
アテネ大学周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する