1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. セブ(フィリピン)グルメ
  5. エル スエーニョ リゾート アンド レストランの現地クチコミ

セブ (フィリピン) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

El Sueno Resort and Restaurant エル スエーニョ リゾート アンド レストラン

日本人オーナー監修、フィリピンテイストの創作料理がお勧め

  • 創作料理がおいしい
  • 定番人気

セブに足繁く通っていた料理好きの日本人が現地に移住し、
試行錯誤・紆余曲折の末OPENしたレストラン。
オープンエアの、フィリピンらしいリゾート感たっぷりな雰囲気でありながら、
お座敷スタイルのコテージがあったり、化粧室が清潔で安心など、
日本人オーナーならではの気配りが見られます。

スタンダードなフィリピン料理もありますが、
一味違うエッセンスを加えた創作料理が好評。
各ホテルへ有料または無料(条件による)にて送迎サービスも行っているので
うまく利用したいところ。
フィリピン風コテージ(椅子タイプ&お座敷タイプ)と
ビルディングのテラス席(2階)があります。

フィリピンの代表的な料理は一通りそろっており、
その他にはサラダ・パエリア・パスタ・サンドイッチなど、
インターナショナルメニューもあります。

お勧めは、やはり日本人オーナーが監修したオリジナル料理。
特製の牛タンシシグと、ヘルシーなモリンガシリーズのお料理はぜひお試しあれ。
モリンガとはフィリピンに生息する植物で、ビタミンA、B、C、E、ポリフェノール、
鉄分、アミノ酸、カルシウム、マグネシウムなどの豊富な栄養素を含んでおり、
最近は自然派コスメや健康食品の業界で注目されているそうです。

そんなに健康に良いのならさぞかしまずいだろうと、モリンガパスタを試したのですが、
さすが日本人が考案したメニューとても美味しかったです。
「ちょっと癖のあるバジルのジェノベーゼ風」といったところでしょうか。
ピザ、パスタの他、スープやデザートにも
このモリンガを取り入れた新メニューが出たそうで、今後も楽しみなところです。

セブに初めてきた方はもちろん、「フィリピン料理はもう飽きた」という方にも
ぜひ試していただきたいレストランです。

隠れ家レストランで味わう評判の創作メニュー!!

  • フィリピン料理がおいしい
  • ガイドの超イチオシ!

せっかくセブ島に来たのなら、南国風のレストランで食事を楽しみたいですよね?
そう思われる旅行者はたくさんいらっしゃるのですが、
実は数少ないのが現状で、ちょっと寂しい・・・
そこで、日本人オーナーが想いをこめて造り上げた
コテージ風の隠れ家レストラン、エルスウェーノをご紹介しちゃいます。

先ずは、驚きのシャワーカーテンがレストランの玄関でお出迎え、なんとも涼しげです。
そこから入り、両脇が竹の壁でできた通路を進みます。
この先に何が待ち構えているのか、ワクワクさせられる演出です。
ひらけた先には、ほどよい間隔でならぶコテージが現れ、
『これぞ南国~♪』と、思わず感激してしまう瞬間!
席に着くと、コテージの周りにはレースがほどこされ、見た目の美しさだけでなく、
隣との間仕切りの役目もしてくれて、プライベート感が増します。

気になるメニューは、ココだけのオリジナルメニューも数多く並びます。
オーナーのイチオシの、牛タン・シシッグは、
通常、豚肉を使用するところを、贅沢にも牛タンで仕上げ、
ご飯にも、お酒のつまみにも最適な一品です。

女性には、モリンガを使ったヘルシーメニューが人気です。
地元でも栄養豊富で好まれている、モリンガは、
『命の木』や『奇跡の木』と称されるほど、身体に良いと知られています。
パスタや各種シェイクに加えられ、とてもよい仕上がりになっています。

その他、筆者おすすめは、
ベイクド・スカロプス(チーズ味の小ぶりなホタテ焼き)で、
クリーミーな仕上がりは絶品!

お店は24:00までと、他のレストランよりも遅くまで営業しています。
オーナーの上野さんに相談すれば、マクタン島内の送迎もしてくれるかもしれません。

島内で食事・レストラン選びに困ったら、このお店をチョイスすれば間違いなし!

  • ジャンル
    日本料理 フィリピン料理 多国籍料理
  • エリア
    マクタン島
  • 住所
  • アクセス
    マクタン・セブ国際空港からタクシーで約15分
    道路状況により、約20分~40分かかる場合もある(特に朝や夕方は渋滞する)
  • 電話番号
    +63-32-4942572
  • 営業時間
    11:00-14:00、17:00-24:00
  • 定休日
    無休
  • 予算
    550フィリピンペソ~
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。