1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. セブ(フィリピン)グルメ
  5. バケットシュリンプの現地クチコミ
セブ (フィリピン) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Bucket Shrimps バケットシュリンプ

カリパイ (セブ島在住ブロガー)

地元で大人気のお店! バケツいっぱいのエビを手づかみで豪快に食べよう。

  • シーフードがおいしい
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

他の写真も見る(全13枚)

「エビをお腹いっぱい食べたい!」というとき、真っ先に頭に浮かぶのが「バケットシュリンプ(Bucket Shrimps)」というレストランです。セブ市内に2店舗、マクタン島に1店舗あり、いずれの店舗も連日多くのフィリピン人や外国人観光客、語学留学生であふれています。

その中から今回は、美味しいエビを食べながらベイサイドの夜景も楽しむことができるマクタン店についてご紹介します。お店はマクタン空港からタクシーで3分ほど「マクタン・マリーナ・モール(Mactan Marina Mall)」の向かいにある新しくできた商業施設「アイランド・セントラル・マクタン(Island Central Mactan)」から海沿いに向かった先にあります。すぐ隣には「セブヨットクラブ」が。

お店のすぐ目の前には係留中の豪華なヨットが見えます。また、セブ島とマクタン島を結ぶ橋(ニューブリッジ)を含む素晴らしい景色が広がっていますよ。店内には1階席と2階席があり、いずれの階からもベイサイドの景色を見ることができますが、やはり眺望のよい2階席がおすすめです。

メニューはエビやカニ、魚などのシーフード料理だけでなく、ポークバーベキューもあります。ですが、断トツで人気なのは3種類のソースから選べる茹でたエビです。ソースは「ガーリックバター」、「カジュン(スパイシー味)」、「カレー」から選ぶことができます。この中から筆者は「ガーリックバター」と「カジュン(スパイシー味)」を注文しました。

店名にもなっている「バケット(Bucket)」とは「バケツ」という意味で、小型のバケツが容器として使われています。その中におよそ30尾のエビと茹でたトウモロコシが入っています。食の太い方なら一人でも食べきることができると思いますが、個人的には1バケツを二人で食べてちょうどいい量かなと思います。

■ガーリックバター味
3種類のソースの中で一番人気のある味だそうです。濃厚なガーリックバターソースがたっぷりかかっていて、美味しいですね。ライスがとてもよく進みます。

■カジュン(スパイシー味)
個人的には一番気に入った味です。ピリッと辛い味がやみつきになります。ライスにももちろん合いますが、ビールやワインなどのアルコールにもピッタリですね。

エビを食べる際は、ビニール袋を手にはめて手づかみで食べます。テーブルには大きな紙が敷かれており、その上にエビやライスを載せて食べます。日本ではなかなか体験することのできない食べ方だと思うので、旅の良い思い出になるでしょう。

店内には手を洗うスペースがあるので、食事の前と後にしっかり手を洗いましょう。テーブルナフキンも用意されていますが、ポケットティッシュを個人で用意しておくといいかもしれません。

今回注文した2種類のエビは、それぞれ390ペソでした。ライスは一人前20ペソです。支払いは現金のみの対応となります。

おすすめの訪問時刻は夕方5時頃です。夕日が沈む様子とその後の夜景の両方を見ながら食事を楽しむことができますよ。

2018/08訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。