2019年 格安航空券比較サイト/格安ホテル比較サイト オリコン顧客満足度®調査第1位に選ばれました!
  1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. フィレンツェ(イタリア)観光地
  5. サンタ マリア ノヴェッラ教会の現地クチコミ

フィレンツェ (イタリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Church of Santa Maria Novella サンタ マリア ノヴェッラ教会

駅前に建つゴシック様式の教会。あの有名な「モナリザ」は、なんとここで制作されていた!

  • 芸術鑑賞おすすめ

フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅正面の向かい側、同名の広場に建つこの教会は、
1200年代に当時の城壁外に建てられたゴシック様式の教会です。
後述のサンタ・クローチェ教会も、同時期に同じく城壁外に建てられたゴシック様式であることから、
これらふたつは双子の教会と言われています。

教会内部の主な見どころは、教会中央部に上から吊るされているジョット作の「十字架像」、
中央礼拝堂にある、貴族トルナブォーニ家の依頼で描かれたギルランダイオ作「聖母マリアの誕生」、
中央礼拝堂の向かって左、ゴンディ礼拝堂の祭壇の上にあるブルネレスキ作の「十字架像」、
左側の壁の3番目のアーチにあるマザッチョ作の「三位一体」等です。

ジョットは大聖堂脇の鐘楼のデザイン、ブルネレスキは大聖堂のクーポラの設計もしており、
美術だけではなく建築にも才能を発揮していたのですね。

三位一体はマザッチョの代表的作品で、絵画至上初となる幾何学的遠近法が用いられ、
画面の天井部分は、まるで壁をくりぬいて描かれたような奥行きがあります。
画面一番下の両脇の人物は、この絵の注文主だそうです。

内部は写真撮影禁止なので、これらの作品の写真を掲載することができないのですが、
この教会の公式サイトの下記ページ(英語)で見ることができます。
http://www.chiesasantamarianovella.it/en/most-popular-works-of-art

この教会で忘れてはならないのは、レオナルド・ダビンチが一時期この教会内の
「教皇の間」に住み込み、ここであの世界的に有名な「モナリザ」を描いたこと。
残念ながら、現在その記念すべき場所は、
イタリア憲兵隊下士官養成所として使用されているため、一般公開はされていません。

  • ジャンル
    寺社・教会
  • エリア
    フィレンツェ
  • 住所
  • アクセス
    フィレンツェSMN駅前広場より徒歩4分
  • 電話番号
    +39-055-219257
  • 営業時間
    [月-木]9:00-17:30、[金]11:00-17:30、[土]9:00-17:00
    日祝祭日 [7月-9月]12:00-17:00、[10月-6月]13:00-17:00 ※最終入場時間は閉館時間の30分前まで。
  • 定休日
    なし
  • 予算
    教会と教会美術館共通券 5ユーロ
  • 公式サイト
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。