1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. フィレンツェ(イタリア)観光地
  5. ジョットの鐘楼の現地クチコミ
フィレンツェ (イタリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Giotto's Campanile ジョットの鐘楼

ダンテも称賛!三色の色大理石の優美な鐘楼

  • 観光おすすめ

大聖堂の向かって右に建つのは「ジョットの鐘楼」。高さはクーポラよりやや低い85mです。
1334年に着工、1387年に完成。
楼内には、15世紀の「アポストリカの鐘」がつり下げられています。

大聖堂と同じく、白、ピンク、緑の大理石で装飾されたゴシック様式の軽やかで優美な鐘楼は、
「神曲」の作者ダンテも称賛したと言われています。鐘楼の基部を飾る数々の彫刻はレプリカ。
オリジナルはドゥオーモ付属美術館に収蔵されています。

ジョットは13世紀から14世紀にかけて活躍した建築家兼画家。
パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂や、アッシジの聖フランチェスコ聖堂の壁画も彼の作品です。
残念ながら、ジョットは鐘楼の完成を見ることなく死去してしまいました。

鐘楼も前述のクーポラ同様、414段の階段で上ることができ、フィレンツェの町を眺めることができます。
高さはクーポラより少し低い程度、階段の段数もクーポラより50段ほど少ないぐらいで、
クーポラとあまり変わらないように思えますが、階段の途中3ヶ所に休憩できる場所があり、
クーポラよりは上るのが楽です。

また、クーポラと比べて入場待ち時間が少ない、鐘楼からはフィレンツェの町だけではなく、
クーポラを上から見ることができるというメリットもあります。
イタリア旅行のパンフレットでよく見かける、フィレンツェのクーポラを上から撮影した写真は、
この鐘楼から撮ったものです。

クーポラに上る方が人気ではありますが、個人的には鐘楼に上る方が楽&穴場でお勧めです。
360度のパノラマを堪能するならクーポラ、
パノラマ堪能+クーポラの写真撮影なら鐘楼といったところでしょうか。

イタリア一美しい鐘楼はクーポラの撮影ポイントです!

  • 観光おすすめ

大聖堂と同じで白、緑、ピンク3色の大理石で装飾され、
今でも時を告げる鐘を鳴らしている鐘楼は、
イタリアで一番美しい鐘楼と言われていますが、
使い勝手よりも美しさを重視したとも言われています。

1334年大聖堂の主任に任命されたジョットが
鐘楼の建設に着手しましたが、わずか3年で他界。
その後、第2層をアンドレア ピサーノ、第3層~5層をタレンティが引き継ぎ
1359年に完成。

塔の外側から見てみると、層によって異なる様式で建てられた事がよく分かります。

84.70mの鐘楼はクーポラと同じで上ることが出来、階段は414段。
段数はクーポラと変わらないのですが、
鐘楼のほうが階段の構造上、上りやすく比較的楽に上れます。

折角ならクーポラと鐘楼を上りたい所ですが、
体力に自信のない方は鐘楼へ上ってクーポラを間近で見るのも良いかもしれません。

ジョットの鐘楼の上からは、クーポラの撮影ポイントで、
ここから撮るドゥオモは雑誌の表紙のように撮れます。

もう一つの見どころは、第一層にある科学や天体観測をテーマにしたレリーフ。
レリーフのオリジナルはドゥオーモ博物館に展示されていますが、
細かいデザインを見るだけでもため息が出てしまうほど。
------------------------------------------------
◆開館時間:8:30 - 18:50 1月6日エピファニアは13:20まで、
 1月1日、12月25日、イースター(毎年日にちが変わります)は休館。

◆入場料:10ユーロ共通券のみになり、5つの施設に入れます。
クーポラ,洗礼堂,ジョットの鐘楼,サンタレパラータの地下聖堂,ドゥオモ付属美術館)
※2015年11月まで修復中のため入場出来ません。

チケット売り場;ジョットの鐘楼の入り口、ドゥオーモ付属美術館、ドゥオーモ広場7番
(注意:最初の施設利用から24時間有効、購入してから6日以内に利用してください)

◆公式サイト:http://ilgrandemuseodelduomo.it/
◆住所:Piazza del Duomo SMN駅から徒歩5分
------------------------------------------------

  • ジャンル
    モニュメント・記念碑
  • エリア
    フィレンツェ
  • 住所
  • アクセス
    フィレンツェSMN駅前広場から徒歩15分
  • 電話番号
    +39-055-2302885
  • 営業時間
    8:30-19:30 1月6日14:00まで
  • 定休日
    1月1日、復活祭の日曜日、9月8日、12月25日
  • 予算
    共通券(ドゥオーモ付属美術館+鐘楼+洗礼堂+クリプタ+クーポラ) 10ユーロ
  • 公式サイト
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。