1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マカオ観光地
  5. 観音堂の現地口コミ・地図

Templo de Kun Iam Tong 観音堂 グンヤムトン

  • その他建造物
  • マカオシティ
  • 価格帯入場料 無料
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Avenida do Coronel Mesquita, Macau, China
営業時間
7:00-18:00
公式サイト
http://macaostreets.iacm.gov.mo/e/route/detail.aspx?gid=2&id=1307a749-6192-4c0e-92f6-0f075857ec49
電話番号
+853-556127
投稿日2015/03/23

地元の人たちに愛される教会は見ごたえアリ

  • 観光おすすめ
  • 有名人ご用達

(エディター、ライター)

13世紀に創設された、慈母観音を祀った仏教寺院……と聞くと、ちょっと渋いイメージを抱くかもしれません。
しかし、ここは建物の装飾も美しく、内部に様々なものが置かれているので、一見の価値があります。

まず、大きな門をくぐると、目に入るのは、屋根に陶製の動物や人の飾りを施した大きな本殿。
マカオの寺院の中で最も壮大かつ豪華な寺院のひとつといわれているだけに、その装飾は見るほどに精密でゴージャスです。

境内は三層になっていて、ちょっと迷路のような複雑な造り。
それぞれに、天井に渦巻き型線香が煙をくゆらせるお堂があったり、観音様にまつわるものが飾られています。

ちょっと注意して見つけてみたいのは、キラキラと光る窓。
牡蠣の貝殻を削り、内枠にはめ込んだものなのですが、これはガラスのない時代、光を通す牡蛎の殻が重宝されていた名残でもあります。

また、ここにはマカオの歴史を語る重要なものも残されています。
見逃してしまいがちなのですが、寺院の裏の庭園にある石のテーブルは、1844年に、中国とアメリカとの間で結ばれた不平等条約、「望廈条約」締結の際に使用されたもの。
歴史の教科書でも読んだことのある条約がここで結ばれたというのも、感慨深いものです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
観音堂周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する