1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. パリ(フランス)観光地
  5. 軍事博物館の現地クチコミ
パリ (フランス) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Musée de l'Armée 軍事博物館

膨大な数の武器、フランスを中心にした軍事史を閲覧できます。

  • 博物館おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 穴場
  • 人気急上昇

他の写真も見る(全6枚)

メトロ8・13号線アンバリッド駅下車、徒歩で7分ほどのところにあります。メトロの出口は1箇所で、エスカレーターをあがると左手に大きな建物が見えてきます。

この建物自体は、その昔ルイ14世が戦争で負傷してしまった兵士たちを収容する病院として建設したもので、今は文化財となっています。

博物館の入り口では、フランスの兵士たちが手荷物検査を務めています。

チケット売り場で入場券を購入したら中へ。時代別に入場口が分かれています。紀元前15000年の昔から現代まで、大きく分けて7つのスペースから構成されており、総展示数は50万点にもおよぶそうです。

中でも見どころは、ナポレオン1世のコーナーでしょう。フランス軍が強かった時代の武器が展示されており、フランスの皇帝にまで上り詰めたナポレオン・ボナパルトが、どうやって不利な戦争を勝ち取っていったか、その歴史が絵画、写真、そして戦場を復元した模型などで語られています。ナポレオン1世の愛馬の剥製も展示されています。

第一次世界大戦など近年の戦争に使われた武器なども展示されており、何百台ものタクシーを導入してピストン輸送で戦場に兵士たちを輸送したG7のタクシーも1台陳列されています。このタクシー会社は今でも健在で、フランス国内では大手。パリ市内でもよく見かけます。

また、時々面白い企画展を開催します。最近では、スパイの歴史に関する展示会がありました。情報部員が実際に使った秘密兵器から、スパイ映画に出てくる小物まで陳列されていて、非常に興味深い企画展でした。

夏場には花火大会やコンサートもやりますので、詳しくは公式サイトを参照してください。

博物館の入場料は通常大人12ユーロ、18歳未満は無料です。

2019/08訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。