1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シンガポールグルメ
  5. ジャンボ シーフード(イースト コースト シーフード センター店)の現地クチコミ
シンガポール グルメの現地クチコミ

現地のプロ(11人)詳細

Jumbo Seafoood(East Coast Seafood Centre Store) ジャンボ シーフード(イースト コースト シーフード センター店)

チリクラブと言えばジャンボ、というほどの有名店

  • チリクラブがおいしい
  • 定番人気

シンガポールの名物料理と言えば、まっさきに挙げられるのは、カニのチリソース和え、チリクラブ。

そして、チリクラブと言えばジャンボというくらい、有名なシーフード・レストラン。
ここのチリソースは辛いだけでなく、ほんのり甘みがあって、
その深みのある味は、何回食べても飽きないもの。さすがは常連客が多いのもわかります。

チリクラブのカニは、スリランカン・クラブが多く、かなりの大きさですが、最小1キロくらいからあります。

カニの甲羅は、中身を取り出しやすいように割ってあり、専用の細いフォークもあるので、
食べにくいことはありません。
でもシンガポールでは、豪快に手で食べるのが流儀。
揚げパンや蒸しパンに、チリソースを絡めて食べるのもお忘れなく。

他にも、イカのすり身ボールや、紹興酒で蒸したドランカン・プローン(酔っ払い海老)、
ロブスターのサラダなど、豊富な海鮮類を使った、シンガポール風料理を堪能できます。

イーストコーストの海岸沿い、シンガポール川沿いなど、お店のロケーションも抜群。
予約しておいて早めに行き、景色のいい場所に席を確保して、夕陽を眺めながらお食事を。

タイガービールやアンカービールなど、地元のビールもいいし、シーフードにはワインも合います。
食後は、ご家族そろって海岸を散歩したいところ。

シンガポールを代表するシーフードレストラン

  • チリクラブがおいしい
  • 定番人気

このジャンボシーフードは、シンガポール国内に3軒のお店を構える名店です。
クラークキー、その下流のリバーウォーク、そして、空港の近くにあるシーフードセンターの3軒。
どこも予約は必須。いつもビックリするくらいの混み具合です。

大きな鍋に盛られてやってくるチリクラブは、色といいサイズといい食欲をそそるはず。
指についたソースまでも残さずなめたい、そんな衝動にかられる味です。

又、チリクラブには「マントウ」と言う、揚げパンも一緒に出てきます。
チリソースを揚げパンに付けて食べるのですが、これまた美味。
そして私のお勧めは、チャーハンか白飯にこのチリソースをぶっかけて食べる。
お行儀悪い?ですが、これは本当にお勧めの食べ方です。是非お試し下さいね。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。