1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シンガポール観光地
  5. インタンの現地口コミ・地図

The Intan インタン

  • 美術館・ギャラリー
  • シンガポールその他
  • 定休日施設の営業日に準ずる

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
60 Joo Chiat Terrace, Singapore 427222
営業時間
施設の営業日に準ずる
公式サイト
http://the-intan.com//
電話番号
+65-6440-1148
投稿日2014/03/31

プラナカン雑貨がいっぱい!アルヴィンさんのプライベート・ギャラリー

  • 観光おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!

(メディア・コーディネーター)

シンガポールにはプラナカンと呼ばれる中国系のエスニックグループが住んでいます。
彼らは何世代も前に中国大陸からマレー半島に渡ってきて貿易などで財をなし、
地元のマレー系の女性と結婚した者もいました。
あるいは中国人同士で結婚した人たちも、マレーの文化や西洋文化の影響を受けたため、
暮らしの中に異文化をたくさん取り入れ、特有の融合文化を築いてきたのです。

たとえば食事は中華の食材にマレーのスパイスなどを使った
ニョニャ料理(プラナカンの女性をニョニャと呼ぶため)。
言葉はマレー語に福建語などの単語をたくさん取り入れた
ババ・マレー(プラナカンの男性をババと呼ぶため)を話します。

そのユニークな文化を紹介する場所のひとつがここインタンです。
持ち主は7代目のババとしてこの場所に今も住んでいるアルヴィンAlvin Yappさん。
彼が18歳のときから蒐集してきたローズウッドの立派な骨董家具や、
プラナカンらしいきれいな色合いの陶器、あるいは琺瑯びきのお弁当箱―ティフィン、
ニョニャたちが手作りしたビーズのサンダルやバッグ、そのほか美しい衣装、
インテリア小物の多くがテラスハウスの中に展示されており、ミニ・ギャラリー風です。
ナショナル・ヘリテージ・ボード(文化遺産管理局)の傘下に入り、博物館として一般公開しています。

見学したい方は予約が必要。
プラナカンのお菓子を試食できるお茶付きパッケージもあり。
時間があればお茶を飲みながら、アルヴィンさんのお話しを聴くのもいいでしょう。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
インタン周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する