1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. グローバルブルーさん

  海外エリア: ヨーロッパ > スウェーデン の他のブログはこちら|

タックス・フリー・ショッピング

~海外で支払った付加価値税の払い戻しサービス~

プロフィール

ニックネーム:
グローバルブルー
居住地:
ヨーロッパ>スイス>スイスその他の都市
会社名:
グローバル ブルー
会社英字名:
Global Blue
会社所在地:
ヨーロッパ>スイス>スイスその他の都市
業種:
その他
自己紹介:
グローバルブルーは世界43ヵ国以上において、主要都市のデパート、ブランドショップ、ホテルなど約27万店舗と提携しており、毎日60,000人を超える旅行者がグローバルブルーの付加価値税払戻しサービスなどを利用しています。

カスタマーセンター(日本語可)
https://www.globalblue.com/

問い合わせ方法
https://www.tour.ne.jp/blog/global-blue/115144/

カレンダー
6月<2022年7月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

6 - 10件目まで(55件中)

ロゴ
スウェーデンの税払い戻し手続きの紹介
エリア:
  • ヨーロッパ>スウェーデン
テーマ:買物・土産 旅行準備 
投稿日:2012/06/07 09:47
スウェーデンのタックスフリーショッピングの基本情報をお知らせします。

VAT税率:25%、12%(食品類)
リファンド対象の最低購入金額:100.01クローナ(2012年6月1日以降購入)
リファンド率:8.3〜17.5%、3.3〜8%(食品類)
税関スタンプの受領期限:購入月末日から3ヶ月以内
リファンド申請期限:購入日から1年以内
リファンドに必要な税関スタンプ:スウェーデンまたはEU圏最終出国税関。スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークのグローバルブルーカウンターで受領できるスタンプも有効。
カウンターのスタンプの場合はパスポートの顔写真ページコピーを添付しなければならない。
特記事項:レシート原本添付要。

(1) タックスフリーショッピングの加盟店で、1日1店舗あたりのリファンド対象の最低購入金額以上のお買い物をしたら免税書類(リファンドチェック)を発行してもらいます。

(2) スウェーデンはEU加盟国です。EU最終出国の際に税関で以下を提示し、必ず税関のスタンプを受けてください。本人でなければ手続きはできません。

・免税書類
・購入品のレシート(オリジナル、クレジットカード明細は不可)
・未使用の購入品
・搭乗券、または航空券
・パスポート

(3) 税関手続き後は払い戻しを受け取りましょう。受け取り方法は、現金、クレジットカード、銀行小切手のいずれかを選択します。クレジットカードの場合は約2,3ヵ月後のご利用明細でご確認いただけます。

注意事項
※ 払い戻し申請時にレシート原本の添付が必要です。購入店では予めホチキスで免税書類にレシートを添付することもありますが。ご自身でレシートが添付されているかご確認ください。

グローバルブルーのリファンドポイント
http://www.global-blue.com/traveller-services/tax-free-shopping/refund-points/

logo2
グローバルブルー発行の小切手について
エリア:
    指定なし
テーマ:買物・土産 旅行準備 その他 
投稿日:2012/04/10 16:00
グローバルブルーから小切手が郵送されてきたら、銀行口座を開設している銀行へ小切手と身分証明書を持参して換金の手続きを行ってください。翌日以降に指定した銀行口座へ入金されます。三井住友銀行本店(東京大手町)ではその場で現金受け取りすることができ、手数料はかかりません。この他の支店や金融機関では手数料がかかります。手数料につきましては各金融機関までお問い合せください。

<注意点>
・小切手に記載されているお名前の本人しか換金することができません。
・小切手の有効期限は発行日から6か月間です。

<よくあるご質問>
質問:払い戻し方法を小切手からクレジットカードへの払い戻しに変更したいのですが可能ですか?
答え:可能です。お手元に届いた小切手とクレジットカード会社名・カード番号・有効期限を書き添えたメモとパスポート顔写真コピー(ご本人確認のため)一緒に下記送付先まで郵送ください。手続き後約2〜3ヵ月後にクレジットカードご利用明細で入金をご確認いただけます。

質問:外貨建ての小切手が届いたのですが円建て小切手に変更できますか?
答え:円建て小切手を再発行します。グローバルブルー(旧グローバルリファンド)が発行した小切手であることを確認した上で、小切手原本に「円建て小切手希望」と書き添えてパスポートのコピーと一緒に下記送付先まで郵送ください。

質問:払い戻し額よりも換金手数料が高いのですが何とかならないでしょうか?
答え:クレジットカードへの払い戻しの再手続きは手数料がかかりません。小切手原本にクレジットカード番号を書き添えて、パスポートコピー(ご本人様確認のため)を下記送付先まで郵送ください。クレジットカードは本人名義である必要はありません。手続き後、約2〜3ヵ月後にクレジットカードご利用明細で入金をご確認いただけます。

質問:小切手の有効期限が切れてしまった場合は換金できないのでしょうか?
答え:小切手の発行日から10年以内であれば再発行の手続きができます。下記送付先まで小切手原本をお送りいただければ再発行の手続きをとります。再発行にはパスポートのコピーが必要です。小切手原本をお送りいただく際にパスポートのコピーを必ず同封してください。

質問:小切手に記載されている名前が間違えている場合は換金できないのでしょうか?
答え:正しいお名前で小切手を再発行またはクレジットカードへの払い戻し手続きをします。正しい名前、クレジットカードへの払い戻し希望の場合はクレジットカード番号を書き添えて小切手を下記送付先までお送りください。小切手を再発行する場合はパスポートのコピーが必要です。小切手を再発行を希望される場合はパスポートのコピーを同封してお送りください。


送付先
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-5-4亀松ビル7階
グローバルブルージャパン株式会社 VAT担当宛
※ 必ずグローバルブルー(旧グローバルリファンド)が発行した小切手であることを確認してからお送りください。グローバルブルー発行の小切手には、「Global Blue」「Global Refund」やロゴマークなどが印字されています。


logo

eTRS1
シンガポールのe-TRS電子認証システムによる税の払戻し手続き方法
エリア:
  • アジア>シンガポール
テーマ:買物・土産 旅行準備 
投稿日:2012/02/01 09:08
シンガポール歳入庁(Inland Revenue Authority of Singapore)は、グローバル ブルーの電子認証システムソリューションを採用し、2011年5月から試験的に電子認証システムの導入を開始し、新たな税の払戻しシステムの設計、構築、運営、展開しています。現在、グローバルブルーの1,400加盟店がこのシステムに対応した免税書類を発行しており、2012年8月までにさらに2,100店舗がe-TRS電子認証システムに対応する免税書類を発行する予定です。

STEP 1:タックス フリー加盟店で免税書類を発行

シンガポールのタックスフリー加盟店で、対象購入金額以上の買い物をしてタックスリファンドを申請すると、eTRS と印字された免税書類が発行されます。1 日に同じ店舗で受け取ったレシートは3 枚まで合算することが可能です。電子認証システムを利用できる書類は「eTRS」のロゴがあります。ロゴがないものは通常通り税関係員から輸出承認の税関スタンプの受領が必要になります。

対象購入金額: 100 シンガポールドル以上(1 回の購入)
税関手続き期限: eTRS チケット発行日から2 ヶ月
払戻申請期限: 税関手続き日から2 ヶ月(チャンギ国際空港のみ)
払戻方法: 現金、またはクレジットカード
払戻資格保有者:以下参照

・ eTRS 発行日に16 歳以上
・ シンガポール以外の国が発行したパスポートの保有
・ eTRS チケット発行日から過去2年間の滞在日数が365 日以内
・ eTRS チケット発行日から過去6 ヶ月間シンガポールでの就労がない
・ シンガポール発の航空会社関係者以外
・ 電子認証手続きから12 時間以内にシンガポールを発つこと

eTRS TicketeTRS3eTRS4

STEP 2:空港内の電子認証端末で輸出認証手続き

旅行者は、チャンギ国際空港のターミナル3に設置された電子認証端末で手続きを行います。購入品をスーツケースなどの機内預け入れ荷物に入れる場合は、出国審査前の電子認証端末で航空会社での搭乗手続き前に手続きします。購入品を手荷物にする場合は、出国審査後の電子認証端末で手続き
をします。
eTRS1eTRS1
1. 電子認証端末にパスポート番号、旅券発行国、個人情報などを入力(日本語案内)する。旅行者自身または税関係員が行います。
2. eTRS チケットのバーコードをスキャン。読み取らない場合はバーコード番号を入力する。
3. 払戻し方法を現金、またはクレジットカードから選択。クレジットカード希望者はクレジットカードを端末に通す。読み取らない場合はクレジットカード番号を入力する。
4. 「eTRS-NOTIFICATION SLIP」と印字されたシートをお受け取り下さい。

※ 一般の免税書類と同様に税関での手続きも可能です。
※ 購入品の提示を求められる場合があります。

STEP 3:払戻しを受け取る

クレジッカードを選択した場合:
「eTRS-NOTIFICATION SLIP」を受け取ると手続きは終了です。10 日後までにクレジットカード会社に払い戻されるため、翌月のクレジットカード明細でご確認いただくことができます。

現金を選択した場合:
出国審査後に、税関の隣にあるグルーバルブルーのセントラルリファンド カウンター(Central Refund Counter)に進みます。「eTRS-NOTIFICATION SLIP」を提示すると現金で払戻しを受けることができます。現金払戻し手続きを終了すると「eTRS-REFUND SLIP」と印字されたシートを受け取ります。チ
ャンギ国際空港内にあるグローバルブルーのセントラル リファンド カウンターは24 時間営業しています。

※eTRS-NOTIFICATION SLIP は、チャンギ国際空港内で払戻し手続きを完了してください。チャンギ国際空港以外では払戻し手続きを受け付けることができませんので、ご注意ください。

GBロゴ
フランスのアウトレット「ラ・ヴァレ・ヴィラージュ」新規オープン店
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス
テーマ:買物・土産 
投稿日:2011/10/25 11:34
ヨーロッパに9つあるシック・アウトレット・ショッピング・ヴィレッジのひとつで100軒ものフランス国内外の国際的な一流ブランド店が揃うアウトレット「ラ・ヴァレ・ヴィラージュ」から新規オープン店情報が届きました!
ラ・ヴァレ・ヴィラージュ

NATALIE’S CAF? (ナタリーズ カフェ)
6月にラ・ヴァレ・ヴィラージュにオープンした伝統的な料理に新鮮な食材とファーストフードのコンセプトをミックスした斬新で新しいコンセプトのカフェで、ショッピングの合間に気軽に立ち寄ることができます。終日ショッピングを楽しむ日は、パリらしい雰囲気の中でサンドイッチや温かい料理、美味しいデザートとカフェがショッピングの疲れを癒す最高の場所になります。
ラ・ヴァレ・ヴィラージュ

MICHAEL KORS(マイケルコース)
ジェット機などで豪快に世界中を飛び回るスタイルを追求したアメリカのラグジュアリーブランドです。 すぐにでも旅立つことができるウェアーやアクセサリーは豪華でリラックスしたアイテムは旅行者には欠かせません。1981年以来マイケルコースはシックなビジョンでラグジュアリー、アメリカンなスポーツウェアー、そしてクラッシックな女性らしさと実用性を合わせ持つファッションを提供しています。
ラ・ヴァレ・ヴィラージュ

アートギャラリーの新しい展示会
エスパス・ラ・ヴァレ・ヴィラージュは2011年10月3日から2012年1月8日まで「As the king is not humble, may the humble be king」を展示します。ラジルに魅せられた25歳の写真家アイリス・デラ・ロカは前衛的な表現や個性派として知られています。ボランティアとして「Swap a weapon for a paintbrush」(武器を絵筆)にという慈善事業に参加して地元の子供たちの日常や楽天的な姿をリオデジャネイロの貧民街で暮らしながら撮影した写真をRocinha通りのアーティストによって録音された本物のサウンドトラックにのせて展示しています。
ラ・ヴァレ・ヴィラージュ

パリ市内から毎日2往復のシャトルサービス
ショッピングエクスプレスがパリ市内からラ・ヴァレ・ヴィラージュ間を、シティラマ社が2011年4月1日から毎日2往復運行しています。往復オープンチケットは日付指定がなく、 ご希望の日にご利用いただけます。ご利用には予約が必要です。またウェルカムセンターでは、空席がある場合にのみ復路のみの片道チケットを販売しています。ご利用ご希望の場合は空き状況を事前にご確認ください。ショッピングエクスプレスの運行時間、およびご予約につきましては、公式ホームページをご参照ください。
ラ・ヴァレ・ヴィラージュ

ラ・ヴァレ・ヴィラージュ
営業時間:毎日午前10時〜午後7時
※ 元日、5月1日、12月25日は休業です

セントレア
グローバルブルー:中部国際空港にある免税書類投函専用ポスト
エリア:
    指定なし
テーマ:買物・土産 旅行準備 その他 
投稿日:2011/09/01 14:23
グローバル ブルーは、中部国際空港に免税書類を投函する専用ポストを9 月1 日より設置しました。これにより、これまで現地で搭乗前に専用ポストへ投函するか、帰国後に郵送して払戻し申請をする必要があった中部国際空港の利用者は、帰国後に投函専用ポストに免税書類を投函するだけで申請手続きをすることが可能になります。

免税書類を専用ポストに投函すると、約1〜2 ヶ月後にクレジットカードまたは小切手で払戻しを受け取ることができます。グローバル ブルーでは、郵送時の紛失トラブルを防ぐため、帰国後に免税書類を申請することを推奨しています。また、免税書類を自宅に持ち帰ってしまった場合には、一般郵便での申請も受け付けています。

グローバルブルーの税の払戻し手続きは、タックスフリー加盟店で免税書類を受け取り、購入国またはEU加盟国の最終出国税関で税関スタンプを受け、免税書類をグローバルブルーに提出または郵送することで手続きが完了します。日本には現在、成田国際空港に払戻しカウンターがあります。


【中部国際空港 グローバルブルー投函専用ポスト】
投函可能時間:午前6 時40 分〜午後10 時30 分
設置場所 :中部国際空港2 階 アクセスプラザ内案内所前
URL :http://www.centrair.jp/info/VAT.html


【一般郵便での免税書類提出について】
免税書類を一般郵便で提出する場合は、クレジットカード、または小切手での払戻しになります。クレジットカード希望者はクレジットカード番号を、小切手希望者は住所を必ず免税書類に記載し、税関スタンプを受けた免税書類、レシート(必要な場合)を一般封筒に入れ、切手を貼って下記宛先まで郵送してください。

【免税書類送付先】
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-4亀松ビル7階
グローバルブルージャパン株式会社 VAT担当宛
*ご自宅に免税書類を持ち帰ってしまった場合は一般郵便でお送りください。

セントレア
セントレア
セントレア

6 - 10件目まで(55件中)