1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. グローバルブルーさん

  海外エリア: ヨーロッパ > イタリア の他のブログはこちら|

タックス・フリー・ショッピング

~海外で支払った付加価値税の払い戻しサービス~

プロフィール

ニックネーム:
グローバルブルー
居住地:
ヨーロッパ>スイス>スイスその他の都市
会社名:
グローバル ブルー
会社英字名:
Global Blue
会社所在地:
ヨーロッパ>スイス>スイスその他の都市
業種:
その他
自己紹介:
グローバルブルーは世界43ヵ国以上において、主要都市のデパート、ブランドショップ、ホテルなど約27万店舗と提携しており、毎日60,000人を超える旅行者がグローバルブルーの付加価値税払戻しサービスなどを利用しています。

カスタマーセンター(日本語可)
https://www.globalblue.com/

問い合わせ方法
https://www.tour.ne.jp/blog/global-blue/115144/

カレンダー
6月<2022年7月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

16 - 20件目まで(55件中)

Global Blue
税の払い戻し:レイトチャージについて
エリア:
  • ヨーロッパ>イタリア
  • ヨーロッパ>フランス
テーマ:買物・土産 旅行準備 
投稿日:2010/10/30 13:33
税の払い戻し手続きについて利用者から寄せられる質問をご紹介します。今回はイタリアやフランスから帰国された利用者から寄せられた質問で、レイトチャージについてご紹介します。

質問:クレジットカードに不明な引き落としがあるのですが何の請求でしょうか?

回答:後日不明な引き落としがある場合はレイトチャージの可能性があります。レイトチャージとは、タックスフリーショッピングを利用して税の払い戻しを受けたにも関わらず、出国時に免税書類に税関印を受領しなかった、または税関印を受領した免税書類が期限内にグローバルブルーに到着しなかった場合、すでに受け取られた税額に延滞料金が加算されて引き落とされるものです。本来適切な手続きを行っていればレイトチャージはかかりません。

下記はすべて、出国時に税の払い戻し手続きを行うという前提で取られる手続きです。いずれも出国時に免税書類に税関印を受領し、各国で定められた期限内の免税書類をグローバルブルーへ返送する手続きが必要です。

その① Immadiate Refundを利用した場合
街中のリファンドカウンターまたは店舗での書類作成の際に申し出る事によって免税書類のグローバルブルーへの到着を待たずにクレジットカードに払い戻しを行う事です。

その② ダウンタウン・キャッシュを利用した場合
買い物をした後にダウンタウンにあるグローバルブルーの税払い戻しカウンターで、空港の税関で免税書類に税関印を受領する前に、税金の払い戻しを受け取ることができるサービスです。

その③ お店でVAT-OFFを利用した場合
買い物をした際に、空港の税関で免税書類に税関印の受領する前に、お店側で予め税額を差し引いた金額で品物を販売するサービスです。


グローバルブルーへの返送方法
渡航先:
免税書類に税関印を受領したら専用封筒にいれ最寄りの郵便ポストに投函してください。

帰国後:
成田のグローバルブルーカウンターへ提出、または下記宛先へ一般郵便でお送りください。
〒101-0021
千代田区外神田4-5-4亀松ビル7階
グローバルブルージャパン株式会社 VAT担当宛

グローバルブルーのリファンドポイント
http://www.global-blue.com/traveller-services/tax-free-shopping/refund-points/


【お問い合せ方法】
リファウンド状況のお問合せ方法


【免税書類送付先】
〒101-0021
千代田区外神田4-5-4亀松ビル7階
グローバルブルージャパン株式会社 VAT担当宛
*ご自宅に免税書類を持ち帰ってしまった場合は一般郵便でお送りください。

Global Blue
グローバルブルー:関西国際空港にある専用投函ポスト
エリア:
    指定なし
テーマ:旅行準備 その他 買物・土産 
投稿日:2010/09/12 11:32
グローバル ブルーは、関西国際空港に免税書類を投函する専用ポストを4 月1 日より設置しました。

免税書類を専用ポストに投函すると、約1〜2 ヶ月後にクレジットカードまたは小切手で払戻しを受け取ることができます。グローバル ブルーでは、郵送時の紛失トラブルを防ぐため、帰国後に免税書類を申請することを推奨しています。また、免税書類を自宅に持ち帰ってしまった場合には、一般郵便での申請も受け付けています。

グローバルブルーの税の払戻し手続きは、タックスフリー加盟店で免税書類を受け取り、購入国またはEU加盟国の最終出国税関で税関スタンプを受け、免税書類をグローバルブルーに提出または郵送することで手続きが完了します。日本には現在、成田国際空港に払戻しカウンターがあります。


【関西国際空港 グローバルブルー投函専用ポスト】
投函可能時間:午前6 時 30 分〜午後10 時30 分
設置場所 :関西国際空港 国際線南到着口 JALABCカウンター
URL :https://www.jalabc.com/popup/counter10.html


【一般郵便での免税書類提出について】
免税書類を一般郵便で提出する場合は、小切手またはクレジットカードとなります。クレジットカード希望者はクレジットカード番号を、小切手希望者は住所を必ず免税書類に記載し、税関スタンプを受けた免税書類、レシート(必要な場合)を一般封筒に入れ、切手を貼って下記宛先まで郵送してください。

宛先:〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-4亀松ビル7階
グローバルブルージャパン株式会社 VAT担当宛

【お問い合せ方法】
リファウンド状況のお問合せ方法


【免税書類送付先】
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-4亀松ビル7階
グローバルブルージャパン株式会社 VAT担当宛
*ご自宅に免税書類を持ち帰ってしまった場合は一般郵便でお送りください。

Global Blue
グローバルブルー:成田国際空港にある付加価値税払戻しカウンタ-終了
エリア:
    指定なし
テーマ:買物・土産 旅行準備 その他 
投稿日:2010/09/12 09:28
成田国際空港にある付加価値税払い戻しカウンターは2016年2月末日にて終了いたします。

成田国際空港JALABCカウンター 営業時間 午前7時〜午後9時
第1ターミナルビル 1階到着ロビー南ウイング
第1ターミナルビル 1階到着ロビー北ウイング
第2ターミナルビル 2階到着ロビー

営業時間外は現金の払い戻しを受け取ることはできません。
営業時間外に到着されたお客様は、クレジットカード、または小切手での払い戻し方法を選択し、カウンターに設置されているポストに免税書類を投函してください。クレジットカードの場合はクレジットカード番号を、小切手の場合は住所を、免税書類に必ず記載してください。

払い戻しカウンターに立ち寄ることができない、または成田以外の空港をご利用のお客様は、クレジットカード、または小切手での払い戻しを行います。税関スタンプを受領した免税書類、レシート(必要な場合)を一般封筒に入れ、切手を貼って下記宛先まで郵送ください。

〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-4亀松ビル7階
グローバルブルージャパン株式会社 VAT担当宛



【お問い合せ方法】
リファウンド状況のお問合せ方法


(*ご自宅に免税書類を持ち帰ってしまった場合は下記宛先まで一般郵便でお送りください。
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-4亀松ビル7階
グローバルブルージャパン株式会社 VAT担当宛

ハケットロンドン
フランスの優良加盟店:紳士服の「ハケットロンドン」
エリア:
    指定なし
テーマ:買物・土産 旅行準備 
投稿日:2010/07/09 14:43
ヨーロッパを中心に世界各国で展開するハケット ロンドンは、英国スタイルの象徴として流行よりも品質にこだわり、スタイリッシュな着こなしを追求するメンズブランドです。ビジネスウェアからフォーマルウェア、カントリー、スポーツシーンなど幅広いメンズアイテムを揃えています。長年着用しても決して着古されることのないハケット ロンドンの定番デザインは20年以上も昔から愛され続けています。

創立者のジェレミー・ハケットとアシュレイ・ロイド・ジェニングスは、古着マーケットで有名なポートベロー・ロードで良質な紳士服の古着を探している時に出会い、意気投合したのがきっかけで、1983年にロンドンのニューキングス・ロードに最初のお店をオープンしました。

この数年、日本やメキシコ、スイスへ旗艦店をオープンしてきました。今年はブリュッセルトとパリに旗艦店をオープンするなど世界中へ幅広く展開し続けています。ヨーロッパでもイギリス、アイルランド、フランス、スペイン、ドイツ、イタリアなどの主要国にも複数の店舗を展開しています。


フランスでは、購入商品に予め19.6%(一般)、5.5%(食品/書籍)の税金が含まれています。175.01ユーロの買い物をするとEU圏外の居住者は免税手続きをとることで、最高12%〜13%(一般)、3%(食品類/書籍)の税金を払い戻すことができます。

(1) タックスフリーショッピングの加盟店で、1日1店舗あたりのリファンド対象の最低購入金額以上のお買い物をしたら免税書類(リファンドチェック)を発行してもらいます。

(2) フランス・モナコはEU加盟国なのでEU最終出国の際に税関で免税書類、購入品のレシート(オリジナル、クレジットカード明細は不可)、未使用の購入品、搭乗券または航空券、パスポートを提示し、必ず税関のスタンプを受けてください。本人でなければ手続きはできません。税関スタンプの受領期限は購入月末日から3ヶ月以内です。

(3) 税関手続き後は払い戻しを受け取りましょう。受け取り方法は、現金、クレジットカード、銀行小切手のいずれからを選択します。クレジットカードの場合は約2,3ヵ月後のご利用明細でご確認いただけます。払い戻し手続きの申請期限は購入日から6ヶ月以内です。

France
フランスの免税書類の注意点
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス
テーマ:買物・土産 旅行準備 
投稿日:2010/07/09 14:38
※フランスで発行される免税書類(リファンドチェック)は、2010年6月からすべてのグローバルブルーカウンターにおいて、クレジットカード番号が記載されていると現金の払い戻しができなくなりました。現金で払い戻しを希望する場合は、クレジットカード番号を記載しないように気を付けてください。

※フランスの空港内にある払い戻しカウンターはグローバルブルーの直営カウンターではないため、払い戻し手続きを行うと免税書類1枚あたり3.5ユーロの取り扱い手数料がかかります。また、シャルル・ド・ゴール空港の国際線搭乗エリアには郵便ポストがありませんので、クレジットカード番号を記載した免税書類は日本にお持ち帰りいただき申請してください。
成田国際空港では、払い戻しカウンターの専用ポストに投函してください。払い戻しカウンターへ立ち寄ることができない場合や免税書類を持ち帰ってしまった場合も、下記送付先まで郵送してください。

※フランスでは、電子認証による免税手続きパブロ「PABLO」を導入する加盟店が増えています。パブロ免税書類で電子認証手続きをした場合でも、グローバルブルーへ免税書類を返送して申請する必要がありますので、お店でもらった封筒に入れてポストに投函してください。日本に持ち帰った場合は、一般郵便で下記送付先まで期限内(発行日より6カ月以内)にお送りください。

国内送付先:
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-4亀松ビル7階
グローバルブルージャパン株式会社 VAT担当宛


France

グローバルブルーのリファンドポイント
http://www.global-blue.com/traveller-services/tax-free-shopping/refund-points/

16 - 20件目まで(55件中)