1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. ハンガリーペリカンさんのブログ
  4. 中央市場

  海外エリア: ヨーロッパ > ハンガリー の他のブログはこちら|

日通ペリカン・トラベル・ネット・ハンガリー情報の由

~ハンガリー在住歴10年以上の担当者が、現地視点で書いていきます。~

ブダペスト王宮のワイン祭
第21回国際ワイン祭は2012年9月第2週に開催予定です@ブダ王宮
プロフィール

ニックネーム:
ハンガリーペリカン
居住地:
ヨーロッパ>ハンガリー>ブダペスト
会社名:
日通ペリカントラベル・ネット・ハンガリー
会社英字名:
Pelican Travel . Net
会社所在地:
ヨーロッパ>ハンガリー>ブダペスト
業種:
旅行業
自己紹介:
シンガポール日本通運株式会社を本部とする現地旅行会社ネットワークです。

「旅行者の訪れる土地の事を一番よく知っているのは、その土地で働き、生活する私たちだ」と考え、アジアの各地で活躍する現地旅行会社や現地情報発信会社の参加を得て、2004年にアジア旅行情報発信ネットワーク「日通ペリカントラベルネット」を設立いたしました。

今日、この理念はアジアにとどまることなく、もっと大きな世界へ広がっています。
日本の旅行会社には出来ないサービスを世界各地から直接お届けしたいと思っています。

より多くの皆様に日通ペリカントラベルネットをご利用いただき、快適で安心な旅行をお楽しみいただけるよう日々精進してまいりますので、格別のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

中央市場

2011/08/02 22:10
中央市場-八百屋
エリア:
  • ヨーロッパ > ハンガリー > ブダペスト
テーマ:
  • 買物・土産
  • / 街中・建物・景色
  • / ホテル・宿泊

ブダペストにはいくつもの市場があります。市場といっても卸売市場ではなく、英訳すると「マーケットホール」となる小売店のあつまる市場です。


他の欧州の街なら、大きな広場に市場が立ちますが、それと元々は同じです。


しかし19世紀にブダペストが大発展をとげ、人口も増えるに従い、こういった市場の規模も大きくなりました。そうすると特に衛生面で問題が出てきます。

そのため当時のオーストリア・ハンガリー二重帝国政府、ブダペスト市といった行政の決定により、市内の各地区ごとに市場を建設して、商品搬入から販売管理、そして衛生管理までを機能的に処理することができるようにしました。


そんな市場には番号があり、第一番にあたるのが、ガイドブックには中央市場として紹介されているNagyvasarcsarnok(大マーケットホール)です。



いまやすっかり観光地化していて、買物などに訪れると各国からの団体客がガイドさんと歩いていたりします。あるいは自由時間らしい少人数の観光客などが、お土産を買い求めている姿も良く目にします。もちろん日本人観光客もよくみかけます。


中央市場に程近い(あるいは徒歩圏)ホテルは、メルキュール・コロナ、ゲッレールト、エルジェーべト などです。


 


(TK)

  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。