1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. P.B.Sさんの旅行ブログ

特派員ブログ


  海外エリア: ヨーロッパ > チェコ の他のブログはこちら|

チェコ・プラハ特派員ブログ

プロフィール

ニックネーム:
P.B.S
居住地:
ヨーロッパ>チェコ>プラハ
自己紹介:
P.B.S creation
(https://www.facebook.com/pages/PBS-creation/392013400941679)


アート、デザイン関係に特化し、代理、通訳、デザイン、運送、展示、保管等一切のコーディネートをしているグループです。
主にヨーロッパ(チェコ、東欧)を中心に活動させて頂いています。上記以外の様々なサポートも承っておりますので何か気になることがありましたら、お気軽にこちらへご連絡ください。

カレンダー

4月<2018年5月    
12345
6789101112
1314 1516171819
20212223242526
2728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(156件中)

NoPhoto
5月のプラハ ギャラリー紹介
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2018/05/14 18:26
コメント(0)
プラハにもやっと暖かい季節がやってきました。

特にこの一週間は毎日ピカピカの快晴です!
予報では雨となっていて、毎日心構えするも、一向に降りません。
川の干ばつが少し心配になってしまいますが、晴天のプラハはなんとも美しいです。

p
ヴルタヴァ川の奥にそびえ立つプラハ城。
p
旧市街の一角。屋外で食事を楽しむ人々。
この季節、外でする食事は一層幸せを感じますよね。



そういえば、このレストランの向かいにギャラリーを見つけました。


【GALERIE U BETLEMSKE KAPLE】

p

p

Janus Kubicekというアーティストの展示。
面白い抽象画がみれました。
期間によって展示内容も変わるので、プラハに訪れた際には是非下記のURLをチェックしてみてくださいね。




【GALERIE U BETLEMSKE KAPLE】
https://www.galerieubetlemskekaple.cz/


プラハには美術館同様に、沢山のギャラリーがあります。
日本では見られないような建物による展示空間も面白さの一つですね。
ギャラリーにはプラハのギャラリーマップも置かれているので、マップを手にギャラリー巡りをするのもいかがでしょうか。

NoPhoto
プラハでイタリアン
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:グルメ 
投稿日:2018/03/13 23:34
コメント(0)
今回紹介するレストランは、「LA BOTTEGA」。
「LA BOTTEGA」はプラハに何店舗かある本格イタリアン。

私が訪れたのは、こちらの店舗!
https://tusarova.lacollezione.cz

s

内観

ローカルチェコ飯レストランより、ハイソなオシャレな雰囲気。客層としては、地元のちょっとお金持ちやビジネスマンが多い印象です。

値段は日本と同じくらいで、ランチ、ディナー楽しむことができます。
チェコは魚介類がないのでここでは食べる事ができるのも魅力ですね。

魚さん

店内にはブティック風にワインやデリカッテッセンなどがあり、お家で楽しむこともできます!
ワインたち

お惣菜

店が広く、パティシエが調理しているところがみえたり、色々な新鮮な食材がならんでいたり、食事を待っている間も周りを見渡しては、ワクワクしてしまいます。

ケーキ棚

シェフ

ランチメニューは二品ついて250czk、グラスワインは100~150czk程度です。どれもはずれなくおいしい!

ワイングラス

ぜんさい

パスタ

もちろんデザートも絶品でした。チョコレートの味がしっかりとするのに、甘くなくて美味しい!完食!

チョコ

ぜひチェコ飯が少し疲れた人は「LA BOTTEGA」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

[公式サイト] http://www.labottega.cz
[営業時間] 月〜土:9時00分〜22時00分、日:9時00分〜21時30分
[所在地] Tusarova 39, Praha 7
[instagram] https://www.instagram.com/la_bottega_bistro/
[facebook] https://www.facebook.com/labottegatusarova/

NoPhoto
プラハのカフェ3
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:グルメ 
投稿日:2018/03/13 17:34
コメント(0)
続いて紹介するカフェは、「Bella Vida Cafe(ヴェラ・ヴィダ・カフェ)」です。

場所はカレル橋のプラハ城側の橋を降りた付近にある、「カンパ島」にあります。カンパ島では、「Museum Kampa(カンパ美術館)」でアート観賞をしたり、普段とは違う角度からの美しいカレル橋を眺めたりと、混み合った都心の中でゆったりとした時間を過ごすことができます。

1

Bella Vida Cafeの店内は本棚やおしゃれなインテリアが並ぶ居心地のいい雰囲気です。こじんまりとしていますが、席と席の間隔が広いので窮屈感なく、落ち着いて食事をすることができます。また、一人でサクッとご飯を食べに来た地元の人、4〜5人の家族や友人グループなど様々なシチュエーションで利用するお客さんで賑わっている点も人気の理由ですね。

内観1

内観2

朝食が有名なカフェのようですが、私はランチタイムをおすすめします。

注文したのは、オープンサンド。サンドウィッチと書かれていましたが、やはりプラハの主流はオープンサンドの様です。

サンド

こちらの店員さんおすすめのサンドウィッチは、グリル野菜とバケットの間のペーストが絶妙に美味しい!さらに、サラダ用に出てきたバルサミコ酢とオリーブオイルがヨーロッパならではの質の高さで、感動的!こちらのサンドウィッチは、プラハにしては少し高めで日本円では1000円前後ですが、素材一つ一つの質の高さがやみつきになる、リピートしたくなるサンドウィッチでした。

続いて食後のコーヒー。

コーヒー

エスプレッソマキアートを注文しました。やはり、素材が美味しいお店だけあって、コーヒーの豆の香りが強い!コーヒーの淹れ方の種類が多いカフェなので、次回はぜひ朝食と一緒にいただきたいですね。

公式サイト:http://bvcafe.cz
営業時間:月〜日、8時30分〜19時00分
所在地: Malostranske nabr. 563/3, 118 00 Mala Strana

NoPhoto
プラハのカフェ2
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:グルメ 
投稿日:2018/03/13 02:46
コメント(0)
次に紹介するカフェは「Cafe Slavia(カフェ・スラヴィア)」です。

場所は、カフェ・ルーブルから徒歩4分の都心部にあります。Cafe Slavia付近の通りは重厚感のある劇場や建造物が並び、目を見張る美しい街並みです。

外1

外2

外3

老舗カフェの中でも、渋い内装が印象的。ウエイトレス上品ですが、どこかフレンドリーで優しい雰囲気。
運が良ければ、店内に置かれたグランドピアノの生演奏を聴くこともできます。

中1

今回注文したのは、ショートケーキとカプチーノ。

ケーキ1

丁寧に淹れられたカプチーノは抜群。ショートケーキにはカスタードプリンとベリーソースが入っていて、どこか懐かしい味。種類豊富なケーキはどれも、昔ながらのクラシックな見た目と素材感のある味わいです。ケーキとコーヒーのセットで日本円で約600円前後と、素敵な価格。

現地のおじさまやおばさまが集い、長年愛され続けている「Cafe Slavia」。
ディープなプラハを堪能したい方は、ぜひ現地の人に紛れて、訪れてみてはいかがでしょうか。

[公式サイト]https://www.cafeslavia.cz
[営業時間]月〜金:8時00分〜0時00分、土〜日:9時00分〜0時00分
[所在地] Smetanovo nabr. 1012/2, 110 00 Stare Mesto


プラハのおすすめカフェ特集、まだまだ続きます。

NoPhoto
プラハのカフェ1
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:グルメ 
投稿日:2018/03/13 02:38
コメント(0)
街中を一歩あるけば、お洒落なカフェにばったりという程、数多くのカフェがあります。

プラハのカフェは、「質が高い料理がリーズナブルな価格で提供」され、「早朝から夜遅い時間」まで多くの人で賑わっています。コーヒーとケーキのセットは、日本円でたったのワンコイン、500円程度です。早いお店では、朝7時半頃から営業し、平日の夜は24時頃まで開いているお店もあります。

そんなカフェ大国、プラハでおすすめカフェをピックアップしました。

まず、現地人から観光客まで幅広く愛され続ける「Cafe Louvre(カフェ・ルーヴル)」。
中心地からアクセスのしやすく、お買い物ついでにふらっと寄ることができるようなレストランです。

入り口に大きく「Louvre」と書かれた建物が目印です。

小外観

比較的リーズナブルな価格設定から、デートや家族連れ、観光客、など幅広い客層が印象的です。アールデコ調の内観は、その場にいるだけでヨーロッパを存分に味わうことができますね。ティータイムやディナータイムはほぼ満席ですが、店内が広いので少し待つと、スマートなウエイトレスに案内されます。

小内観

私たちはディナータイムに訪れたので、ワイン、サラダ、メイン料理2品、デザートをアラカルトでオーダーしました。こちらがメイン料理。

小メイン

手前が伝統料理のダックのグリル、奥の料理はプラハでは珍しい魚料理。

老舗ということで、東欧感の強いコッテリした味付けを覚悟していましたが、、、、意外にも繊細で上品な味付けで、美味しい!
さらに、メイン料理のサイドに必ずというほどついてくるザワークラウトも、お酢のツーんと感を感じることなく、感動。一品料理としてリピートしたい美味しさです。

そしてこちらがデザートのケーキとティー。
小デザート

手前が、桃のチーズケーキ。奥のケーキがチョコレートケーキ。

店員さんにおすすめを聞いたところ、この大きなチョコレートケーキとチーズケーキが、カフェ・ルーヴルの名物デザートのようです。ワインにサラダ、メイン料理と、かなり満腹でしたが、やっぱり、「デザートは別腹」ですね。
このボリュームにもかかわらず、しつこくない甘さが絶妙です。

内装、料理、接客、トータル的に比較して、料金以上の満足感を得ることができる、カフェ・ルーヴル。
賑やかで豪華な人気店を観光スポットの一つとして、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

[公式サイト]http://www.cafelouvre.cz
[営業時間]月〜金:8時00分〜23時30分、土〜日:9時00分〜23時30分
[所在地]Narodni 22, 110 00 Nove Mesto


古き良きプラハを味わうことのできる「おすすめ老舗カフェ」、まだまだ続きます。

1 - 5件目まで(156件中)

▲ このページのトップへ