1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アートサバイブログさん

  海外エリア: ヨーロッパ > チェコ の他のブログはこちら|

チェコ・プラハ特派員ブログ

~PRAGUE LOCAL GUIDE~

ART SUVIVE BLOG
「クリエイティブに世界をサバイブする」をテーマに、チェコを中心としたヨーロッパのアートシーンや、アーティストサバイブ情報などを発信中
プロフィール

ニックネーム:
アートサバイブログ
居住地:
ヨーロッパ>チェコ>プラハ
自己紹介:
アートメディア「アートサバイブログ」にて、チェコを中心としたヨーロッパのアートシーンや、アーティストサバイブ情報などを発信中です。
他にも、チェコを中心とした中欧・東欧で通訳やコーディネート等のお手伝いをしております。こちら以外にも様々なサポートを承っておりますので、気になることがございましたら、お気軽にメールにてお問合せください。

▼Mail
pbscreation@gmail.com

▼アートサバイブログ
https://artsurviveblog.com

▼Facebook
https://www.facebook.com/artsurviveblog

▼Twitter
https://twitter.com/ArtSurviveBlog

カレンダー
1月<2023年2月    
12 34
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

記事一覧

1 - 5件目まで(230件中)

1トップ
チェコ・プラハ:こだわりの一流ベジタリアンコース料理で、贅沢で丁寧なひとときを
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:ホテル・宿泊 グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2023/02/02 18:19
コメント(0)
タイトル チェコ・プラハ:こだわりの一流ベジタリアンコース料理で、贅沢で丁寧なひとときを

久々の海外旅行。旅行先の国で採れた食材、アートのように美しく盛り付けられ食欲をそそる逸品たち、葡萄畑の中にいるような気分を味わえる贅沢な空間で、一流のベジタリアンコース料理を予約して丁寧な旅の時間を送ってみませんか。今回、紹介するのはミシュランガイドに掲載された経歴を持ちモダンチェコ料理を提供する「Salabka」(サラブカ)の”ベジタリアンコース”。



2



■チェコのベジタリアン事情

チェコには多くのベジタリアンがいます。それは、健康や環境に関心を持つ人々が多く、動物の権利や社会問題への意識が高いためと言えるでしょう。 日本ではなかなか手に入らない、肉類を含まないべジタリアンフードや、動物の体内を通っていないヴィーガンフードが、スーパーなどで安価に購入できます。“ベジタリアン”という選択はチェコでは一般的であり、日本のように特別視されることはありません。



3



その一方でレストランはというと、まだまだ選択肢が限られます。内陸国であるチェコの郷土料 理は肉がメインです。ベジタリアンにとって、チェコ料理店で食べられるメニューはサラダかチー ズフライといったところでしょう。 チェコ料理以外でベジタリアンメニューを提供するレストランも街中に沢山ありますが、こちら も料理のバリエーションは多くはありません。アラブ料理やバルカン料理から、肉を使用しない メニューを集めて提供しいる店がほとんどです。



4



■モダンチェコ料理レストラン”Salabka”について

Salabkaはミシュランガイドに認定されるほどの実力を持つモダンチェコ料理レストランです。 “肉”がメインのチェコ料理で、ベジタリアンメニューを提供するというのはとても革新的な挑戦で す。 プラハのミシュランレストランの中でもSalabkaは「自然派・着飾らない・身体にやさしい」とい う表現がよく似合います。ドレスコードも特に無いため、私たちもカジュアルな服装で、ワイン ヤードの横にあるテラス席で食事をいただきました。4.5ヘクタールのワインヤードに囲まれたレ ストランからは、プラハの街を一望できます。



5

メニューの価格は2022年8月時点のものです。



今回の目的は「ベジタリアン料理の最高峰を知る」ことだったので、一番高価な約14000円の コースをオーダーしました。今まで何度もベジタリアンレストランに行っていますが、コースで料 理をいただくのは生まれて初めての経験でした。

それでは、アートピースようなSalabkaのベジタリアンメニューの全貌をご紹介しましょう。



6



■食前酒

食前酒として提供されるのは、目前に広がるワイン畑で育った葡萄からできたSalabkaオリジナル の白の泡。ミネラルウォーターは、チェコでも知る人ぞ知るKRONDORF(https:// krondorf.cz/)の天然湧水。



AMUSE BOUCHES

食事の始まりを演出するためのアミューズブーシュ。順番にサーブされる4品の1口サイズの料理 で、食欲・胃・口中を刺激し、コースをいただく準備をします。



7



まずは、夏らしいスイカをベースに、ハーブやヴァーベナの抽出オイルを垂らしたソフトドリンク から始まります。ヴァーベナには、”美女桜”という愛称があります。



8



2品目は、カリッとした皮の中に柔らかいグリーンピースが入ったブシェ。上に乗っているレモン ムースと合わせて、3つの異なる食感を体験します。



9



3品目はこちら。複雑な風味のソースが入った、りんご・きゅうり・ディルで出来たゼリーボール。 一般的なチェコ料理は荒削りな味付けが多いのですが、Salabkaは出汁の旨味や素材の味といっ た、繊細な味のバランス感覚が絶妙です。





10



そして4品目、最後のアミューズです。チェコのドーナツ「コブリハ」がベースになった洗練され た一品。癖のない擦り下ろしチーズのトッピングと共にいただきます。



11



■BREAD

アミューズブーシュで準備を整えたら、3種類の手作りブレッドをいただく時間です。ディップ・ バター・ピクルス・ハーブ・塩など、素材ごとの美味しさを感じます。 初めて出会う料理たちに驚かされ続けているところですが、まだまだコースは序盤です。ここから ようやく、スターターが始まります。はやる気持ちを抑えてゆっくりとコースを楽しみましょう。





■STARTERS

スターターは2種類から選べます。



12



こちらは、トマト・アーモンド・バジルソースの、華やかに飾られたサラダ。アーティスティック にコーディネートされた一皿からは、シェフの美的感覚と遊び心が溢れています。ステーキのよう に調理されたトマトに存在感がありました。



13



もう一種は、薄くカットされロール状に巻かれた茄子が印象的な一皿。出汁がしっかりと染みて います。ベルペッパー・パセリオイル・ハーブ・羊チーズムースの地産食材を組み合わせ、モダン チェコ ベジタリアンとして昇華させています。



14



■MAIN COURSES

そしてこちらがベジタリアンコースのメイン、キノコをふんだんに使用した一皿です。ひと目見た だけでは何なのか分かりません。 キノコの旨味を濃縮させたゼリーの下に、チェコの代表的なキノコLiskaがふんだんに隠れていま す(Liska:リーシュカ。色に由来し、チェコ語で”キツネ”の意味がある。日本語名はアンズタ ケ)。じゃがいもや玉ねぎと一緒に炒められ、上にはベアルネーゼソース(オランダソースとも言 われるフレンチ料理でよく使われるソース)が盛られています。 クリーミーなソースにも引けを取らないキノコの濃厚な味に驚きを覚える、チェコのキノコの UMAMIを堪能できるメインディッシュでした。



15



■CHEESES

メインディッシュの後はチーズです。自慢のチェコチーズ4種盛りを、ナッツ・スナック・ Salabkaグレープジャムと一緒にいただきます。 通常のコース料理だと「メインが終わり一息つきたい」ところですが、ベジタリアンのコース料理 だと“食べ疲れがない”という興味深い発見がありました。



16



■PRE DESSERT

ルバーブ(チェコ語でルバルボラ)という甘い野菜を使ったサイダーとミントのシャーベット。プ チフルールには、濃厚な料理をいただいた後に、口の中をさっぱりさせる役割があります。自然の 甘味や色、食材が持つ食感の幅に感動します。そして何より、シェフが楽しんで食材と向き合って いることが伝わってきます。



17



■DESSERT

Salabka自慢のストロベリーアイス。ずっしりとしたクッキーの上には2種類のアイスが重なりま す。そして、より美しい一皿へと演出するのは、薬草の一種 オキザリス。絶妙なバランスで表現 された味の繊細さに驚きました。



18



■PETIT FOURS

デザートの後には、一口サイズのデザート「プチフルール」が待っています。ブラックベリーケー キ・アプリコットボール・シャンティリークリーム・Salabkaプラリネチェコレートコレクション など、コーヒーと共に最後の時間を楽しませてくれます。



19



■まとめ

以上が、Salabkaのベジタリアンメニューの全貌です。

あまりの奥深い味わいに、今食べている料理が「肉や魚を使っていないベジタリアン料理」であ ることを、つい忘れそうになりました。野菜の優しい味や繊細で自然な甘みは、日本人の味覚に も合うことでしょう。そして何よりも、彼らの料理にある乳製品の深みは、まさにUMAMIそのも のでした。これまではベジタリアンフードについて「肉が入っていない料理」とラベリングして いましたが、「野菜や乳製品の魅力を最大限に活かした結果、肉類を必要としない料理」という 見方になりました。



20



オーナー兼トップシェフのペトル・クンツ氏はベジタリアンコースについて愉しげに語ります。 「国内外のお客様からベジタリアンコースの希望を頻繁にいただきました。私たちの美味しい野 菜・果物・乳製品を使って、味覚的にも視覚的にも素晴らしいものを提供するチャレンジをして います。」



その言葉通り料理には、食材それぞれの食感や味を知り尽くし、思考を凝らした調理法が使われ ています。そして視覚に訴える盛り付けは、アートピースのように美しく演出されていました。工 夫に満ちた一品一品をコースとしていただいた経験は、まるでシェフと食材による物語を観劇した ような、五感を使った感動体験になりました。





21



さらに、Salabkaでの時間をより心地よいものにしてくれた理由の一つに、ウエイターとのコミュ ニケーションがあります。知識豊富な彼らによるメニューの説明のおかげで、一皿一皿にかけられ た手間や思いを知ることができます。 プラハに来られたら、ぜひSalabkaのコースを体験してみてください。きっと旅の中での印象的な 思い出の一つになることでしょう。



■店舗情報 Salabka

・住所: Troja, K Bohnicim 57/2, 171 00 Praha 7

・電話番号: +420 778 019 002

・営業時間: 12:00-15:00、17:30-22:00

・定休日: 日、月、火

・URL: https://www.salabka.cz

・Facebook: https://www.facebook.com/salabka/?fref=ts

・Instagram:https://www.instagram.com/salabka_restaurant/

※要予約です。予約はインターネットからできます。

プラハティツェドカン
南ボヘミアの古都で感じる歴史
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>チェコその他の都市
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2022/12/14 20:54
コメント(0)
プラハから南へ150キロ程南に離れた所に南ボヘミアの古都、プラハティツェはあります。
プラハティツェMAP
日本でもお馴染みのビール、バドワイザーの発祥地として知られるチェスケー ブジェヨヴィツェの西約 30km に位置しています。

朝森

シュマヴァの森、リビン山や ジヴニー川に囲まれる
自然豊かな「ボヘミアン フォレスト」の町です。

トーテム

約9世紀頃に集落が作られ、1381年にローマ王に即位したヴァーツラフ4世が輸入された塩を貯槽し販売する権利をプラハティツェに与えたことにより15世紀末から16世紀に栄え、現在は約11,000人の住民が住んでいます。町の中心地は中世的な古都があり、都記念碑の保護区として法律で保護されています。

朝城

市街地 では14世紀に建てられた聖大ヤコブ教会、1571 年に建てられたルネサンス様式の旧市庁舎、プラハティツェ博物館では中央ヨーロッパで最大の日時計を見ることができます。

昼の城

15 世紀からのフス戦争、ローゼンベルク家の支配、16世紀には皇帝ルドルフ 2 世、17世紀のエッゲンベルク家の所有となったりと、プラハティツェは常に政治的および経済的状況な狭間にあった町と言えるでしょう。

歴史的中心部は 17 世紀と 18 世紀の経済生活の停滞により、今も多くのルネサンス様式の建物が 1981 年以降、都市記念物保護区として保護されています。

夜の城

また、1918 年までこの町はオーストリアハンガリー帝国 の一部であり、第二次世界大戦が終わるまではナチス政権下にあった国でもありました。1945 年以降ロシアのお陰でドイツ人は追放され、それに代わり共産主義体制となりました。

戦車の道

共産主義時代ではオーストリアとドイツの国境沿いにあるこの町には、Tankovka(タンク通り)と言われる戦車専用のコンクリートの道が今も面影を残しています。

上空

当時の軍用倉庫なども現在では他の用途に使われ、現在町には共産主義時代の建築(パネラークと言われる集合住宅)とルネッサンス建築が共存しています。

建物


ビル

このような時代背景があるところですが、現在の町はとても静かで美しく、中心地には観光地や美味しいお店も立ち並んでいます。
今回、地元のガイドの方に案内してもらいながら、このまちでオススメなお店にも連れて行ってもらったので紹介したいと思います。

【ガイドさんオススメ!プラハティツェの美味しいお店】
お茶

■Cajovna U hrusky
世界中のお茶を集めた茶屋で、建物の地下を改装した店内は、迷路の様に奥深くまで店内が広がっています。

フンギ
■Pizzeria Primaveraはこの町一番のピザ屋という定評があり、私が選んだフンギピザ(きのこのピザ)もとても美味しかったです。


ワイン
■Pivovar Prachatice
この町唯一のビール醸造所であり、大人気の飲み屋としても常に人が沢山います。Prachaticeの冠ビールはクラシックな苦いチェコビールとは違い、柑橘系フレーバーのクラフトビールの様な、とても飲みやすいながら濃いビールを提供してくれます。その場で飲む生ビールももちろんお勧めですし、お持ち帰り用のビールも購入できます。

皆さんにも是非プラハやチェスキー・クルムロフ以外のチェコの素晴らしい町の歴史や景色を楽しんでもらえると嬉しいです。

Signal Festival
チェコの芸術の秋を彩るライトアートイベント、Signal Festivalに行ってみよう!
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:観光地 お祭り・イベント 歴史・文化・芸術 
投稿日:2022/11/30 23:53
コメント(0)
毎年10月芸術の秋真っ盛りにチェコで最も大規模で多くの人が集まるアートイベント、Signal Festivalシグナルライトフェスティバルがプラハで行われます。
シグナルライトフェスティバルとは野外ライトアートイベントです。ライト、つまりLEDやプロジェクションマッピングなどでプラハの教会や広場、その他の公共スペースを光の世界に変えてくれるイベントです。六本木アートナイトのように夜をメインとして行われ、週末4日間だけのイベントであることから、アートファンから観光客まで以上なほどに人が出歩くプラハの夜となります。

開催場所

■フェスティバル会場
会場場所はプラハ1区を中心に、街の至る所でライとアップされています。
少し肌寒くなったプラハの夜をある目的を持って練り歩くのは皆好きなようで、この道に沿って普段はありえないほどの人たちが夜の散歩を楽しんでいます。こういう時こそ皆さんスリには合わないように気をつけてくださいね。
公式HP
今回は日本人は一人、過去の参加アーティストにも沢山日本人が活躍していることが伺えます。

作品1

■展示内容
展示は入場券が必要な場所とタダで見られる場所があります。今回私たちはタダで見られるとこだけを散策しました。街を歩いて作品を見ているだけでも数時間はかかります。

作品2

こちらは地図上2作品クラゲのような丸い球と布が舞っているます。

作品3

こちらは国民劇場横の広場にある3の作品。立方体の中で3mくらいのミラーボールにLEDライトが反射してそれをさらに他の鏡が反射し、立方体の中がライトの変化する光線ですごいことになっていました。

作品5

5のこちらも写真ではわかりにくいですが、CVUTというプラハにある建築工科大学の学生達の作品で、ロボットが人の動きを感知して動いたりライトを発したりするようです。ロボットなどのヒューマノイドの研究が行われる昨今、こういったテクノロジーの使い方、センスが何より大切であることを感じました。


■最後に
写真との実際の夜プラハとライトアートはとてもギャップがある程の違いです。
動画リンクもここに貼っておきますのでぜひご覧ください。
是非10月にプラハに来られた方はシグナルに立ち寄ってみてください!

PR
Signal Festival ※事前にチケットを予約すると待たなくて入れるようです。
1
プラハからのおすすめエクスカーション「農場ボランティア」
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>チェコその他の都市
テーマ:動物 
投稿日:2022/07/26 18:49
コメント(0)
プラハから西に向かうこと約2時間、広い敷地に数種類の動物がでのびのびと暮らす農場、ファルマ ナデイェ「Farma Naděje」に到着します。
「Naděje」とは、チェコ語で「希望」。家畜として搾取される動物と、ペットとして可愛がられる動物。どちらも同じように愛や喜び、苦しみを経験していること。そして、人々が動物たちを搾取することなく、動物性食品なしで健康で幸せな生活を送ることができることを、Farma Nadějeは伝えています。

1

■Farma Nadějeの動物たち
Farma Nadějeでは、様々な事情を抱えた動物たちが暮らしています。屠殺場へ送られる寸前だった小ヤギ。繁殖目的で購入されたはずが、失敗したために、食肉処理場に売られることになっていたブタ。工事現場の片隅で育ち、危険な目に遭っていた小猫。劣悪な環境で飼育されている動物の保護活動を行い、現在では約80匹の保護動物(子羊、羊、ヤギの子供、子豚、ウサギ、鶏、雄鶏、猫、牛、ロバなど)が暮らしています。もちろん、新しい動物たちの受け入れも継続して行っています。

2

■ボランティアの受け入れ
Farma Nadějeでは、毎月最後の週末にボランティアを受け入れるイベントを開催しています。国内外から集まった人々と共に、動物の世話や、施設の整備などをします。イベントは1泊2日の日程ですが、1週間や1ヶ月くらいここで生活をする人もいるようです。長期間でのボランティアも受け入れているようなので、興味のある方はぜひ気軽にコンタクトしてみて下さい。

3

■ボランティアの内容
牧場の中を整備する作業が、それぞれに割り当てられます。動物の生活スペースに池を作ったり、農場に野菜を植えたり、“ティピ” という大きなテントを建てたり、といった内容がありました。

もちろん、作業の間には動物と触れ合うこともできます。牧場では、数種類の動物が同じ空間にいても喧嘩をすることなく、リラックスして暮らしています。鹿に体を擦り付けて甘えている猫や、追いかけっこをするウリ坊の猪たちなど、動物同士がとても仲良しで平和な様子に驚きました。また、動物たちは私たち人に対してもフレンドリーで、撫でて欲しそうに寄ってきます。

夕食は建てたばかりのティピの中で、焚き火を囲みながらヴィーガン食をいただきました。ちなみに、Farma Nadějeで提供される食事は、すべて動物性食品を使用しないヴィーガン食です。

4

■感想
Farma Nadějeでの経験は動物たちの権利について考えたり、自分の食生活を見直す良いきっかけとなりました。フレンドリーに接してくれた動物たちは、私たちが普段大切にしているペットと何ら変わりはありませんでした。実際に動物と触れ合うことで、そのような実感を得られたことは、大きな気づきとなりました。

「興味はあるけど直ぐにはボランティアに参加できない」という方は、募金でこのファームを支援することができます。サイト内のこちらのページでは、募金金額と支出内容を全て確認できる透明性を持って事業が行われています。
https://ib.fio.cz/ib/transparent?a=2300769996

今回の記事を見て動物たちの権利に関心を持ってくださった方は、ぜひFarma NadějeのHPを見てみてください。チェコ語のみのHPですが、翻訳サイトを使って細部まで読んでみると、今まで知らなかった動物の世界を知れることでしょう。

5

■店舗情報
Farma Naděje
・住所: 33836, 286 01 Dobrovítov
・電話番号: +420 777 633 561
・メール: info@farmanadeje.cz
・URL: https://farmanadeje.cz
・Facebook:https://www.facebook.com/farmanadeje/events/?ref=page_internal
・Instagram:https://www.instagram.com/farmanadeje/
※農場に行かれる際は、電話での予約が必要です。(Marieさんは英語も通じます)
※プラハから公共交通機関を使う場合は、バスを乗り継ぎ2時間ほどで行けるようです。

1
プラハのハンドメイド パフューム
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:買物・土産 
投稿日:2022/07/11 18:04
コメント(0)
プラハ1区と7区にショップを構える パフュームド・プラハ「PEFUMED PRAGE」は、フレグランス ブランドのショップです。キャンドルの柔らかな香りが漂う店内には、ハンドメイドのキャンドルやルームフレグランスなど、香りにまつわるオリジナル商品が並んでいます。
プラハ1区のショップでは、自分好みのオリジナル香水を作るワークショップも開催しているようです。自分だけの特別な香りを作ることができる、プラハでも稀なフレグランス ラボトリーだとスタッフさんが教えてくれました。PEFUMED PRAGEのHPから予約できますので、ぜひプラハの観光プランに入れてみてはいかがでしょうか。

2

■ショップの雰囲気
店内にはキャンドルの柔らかい香りが漂っています。スタッフさんは香りについて何でも知っているスペシャリストです。魅力的な香りのキャンドルたちに、どれを選んで良いか迷ってしまったら、ぜひスタッフさんへ相談してみましょう。きっとあなたへぴったりなものを選んでくれます。

■主な商品
ー大豆由来のハンドメイド キャンドル
大豆からできたビーガンフレンドリーなソイキャンドルです。環境に優しい材料のみを使用し、細部までこだわってハンドメイドで作られています。ソイキャンドルは、普通のキャンドルと比べて燃焼時間が長く、3倍も長持ちするそうです。

ーインテリアパフューム
部屋に向かってスプレーするだけで、気軽に香りを楽しめます。

ーアロマデフューザー
蓋を開けてスティックを刺してから、4〜6ヶ月香りが続くそうです。

3

■購入したもの
私が購入したメフ「MECH」という名前のソイキャンドルは、チェコ語で苔を意味します。
深い森の中にいるような気分にさせてくれるような、とてもリラックスできる香りです。
サイズは高さ約8cm、片手に乗っかるくらいです。燃焼時間は約40時間。冒頭でソイキャンドルは燃焼時間が長いと書きましたが、このこじんまりしたサイズ感で、こんなにも長持ちするとは驚きですね。金額はこちらの180mlサイズで449コルナ(約2,500円)です。

4

■最後に
香り好きな方はもちろん、初心者の方も楽しめるショップだと思います。ショップは2店舗とも中心地からも近いので、プラハ観光の途中で足を運んでみてはいかがでしょうか。

5

■店舗情報
プラハ市内に2店舗のショップがあります。
中心地からも近いので、観光中に立ち寄ってみてください。

Perfumed Prague HOME.(今回訪れた店舗はこちらです)
・住所: Milady Horákové 51 Praha 7, Holešovice

Perfumed Prague WORKSHOPY
・住所: Karolíny Světlé 285/20 Praha 1, Staré Město 

上記2店舗共通
・電話番号:+420 607 800 307
・営業時間:11:00〜18:00
・定休日:月、日
・URL: https://www.perfumedprague.cz
・Facebook: https://www.facebook.com/PerfumedPrague
・Instagram:https://www.instagram.com/perfumedprague/
※ワークショップ希望の方は予約してからの来店をお勧めします

1 - 5件目まで(230件中)