1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. P.B.Sさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > チェコ の他のブログはこちら|

チェコ・プラハ特派員ブログ

プロフィール

ニックネーム:
P.B.S
居住地:
ヨーロッパ>チェコ>プラハ
自己紹介:
P.B.S creation
(https://www.facebook.com/pages/PBS-creation/392013400941679)


アート、デザイン関係に特化し、代理、通訳、デザイン、運送、展示、保管等一切のコーディネートをしているグループです。
主にヨーロッパ(チェコ、東欧)を中心に活動させて頂いています。上記以外の様々なサポートも承っておりますので何か気になることがありましたら、お気軽にこちらへご連絡ください。

カレンダー

9月<2018年10月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

記事一覧

1 - 5件目まで(162件中)

NoPhoto
お土産にチェコのヘンプコスメはいかが?-その3
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ
テーマ:買物・土産 スパ・エステ 
投稿日:2018/09/17 17:15
コメント(0)
すっかり8月も終盤にさしかかり、プラハも涼しい時間が長くなってきました。
これから9月に入ると一気に肌寒くなり、チェコの寒くて長い冬がやってくるので、
残り少ない夏の日を惜しみつつ過ごす毎日です。

2回にわたって紹介してきたANNABISですが、今回が最後になります。

1

まずは、こちらのQ10入りのフェイスクリーム。
日本でもコエンザイムQ10のスキンケア商品をよく見かけますよね。

2

ほんのり爽やかな香りで、これからの乾燥がひどくなる季節に活躍しています。
男性向けもあります!

3

こちらは一風変わったオーク(樫の木)の樹皮が入ったジェルクリーム。
ピリピリしたり、刺激を感じる肌を落ち着かせてくれます。

4

マッサージ用のジェルも豊富に展開されてます。
筋肉や背中・関節などにマッサージすると、とても気持ちいいです。


ヘンプコスメに対して様々なイメージを抱く方も多いと思いますが、
チェコに来てから様々なヘンプコスメを使うようになり、
その使い勝手の良さや効能から、今ではなくてはならない存在になりました。

興味がある方は、ぜひお試しください!

ANNABIS
http://annabismedical.com
https://www.facebook.com/AnnabisNaturalProducts/
タグ:
コスメ お土産 オーガニック ヘンプコスメ 

NoPhoto
日本で本格チェコ料理
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ
テーマ:旅行準備 グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2018/09/10 20:08
コメント(0)
みなさんこんにちは。
日本はまだまだ残暑が厳しいようですね。プラハはもうすっかり秋の様相です。観光にいらっしゃる方はくれぐれも服装にご注意くださいね。

今回は、金沢にあるチェコ料理店DUB(ドゥブ)の紹介です。

ロゴ

チェコ料理と聞いて、ピンとくる方は少ないのではないでしょうか?チェコ料理はクセがなく日本人の舌にも合うので、挑戦しやすいはずです!




テルさん

こちらのお店の店長テルさんは金沢の様々なレストランで修行を積んだ後、チェコ料理に魅力を感じて2006年に単身でチェコに向かい、修行を始めました。その後日本大使館の公邸料理人として6年間中欧・東欧を中心にその腕をふるいました。2014年に今の店をオープンし、今年で5年目となります。地元金沢の食材を活かしながらの本格的なチェコ料理をいただけます。

チェコと言えば、ビールの消費量世界一の国として知られている通り、美味しいビールがたくさんあります。もちろんこちらのお店でもチェコビールが楽しめます。イチオシは、日本ではなかなか出会えないピルスナーウルケルの生ビールです!




グラーシュ

こちらはグラーシュとクネドリーキの組み合わせ。どちらもチェコで一般的な料理です。グラーシュは肉の煮込み料理で、シチューよりもさっぱりとしていて食べやすいです。クネドリーキはチェコ料理を代表する主食で、茹でたパンのようなもの。しっとりもっちりとしていて、やみつきになってしまいます!





チーズ

こちらはチーズのフライ、スマジェニー・シール。以外にもあっさりしていて、タルタルソースをつけて食べるのがチェコ流です。





りんご

チェコの伝統的なデザートもいただくことができます。こちらはりんごのシュトゥルーデル。パイ生地に甘く煮たりんごがくるまれています。





おしゃれ1

おしゃれ2


食器や小物もこだわられていて、雰囲気のいいお店です。チェコを訪れる前に、日本でチェコ料理を体験してみてはいかがでしょうか?


◼︎DUB
住所:石川県金沢市片町2-4-6
FB:https://www.facebook.com/hospodadub


——
アルバイト・正社員募集のお知らせ
興味のある方はご連絡ください。
TEL:080863663322
チェコ料理 DUB 担当柏
タグ:
チェコ料理 東欧料理 金沢 日本 DUB 

NoPhoto
お土産にチェコのヘンプコスメはいかが?-その2
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:買物・土産 スパ・エステ 
投稿日:2018/08/30 20:42
コメント(0)
8月ももうすぐ終わってしまいますね。プラハはすっかり秋めいてきました。
今回も、先週に引き続きお気に入りのANNABIS製品を紹介したいと思います。

その1

その2

こちらはリップバーム。
ヨーロッパの冬は本当に乾燥するので、このバームは欠かせません。
ほとんど無臭なので、香り付きのリップが苦手な方にもおすすめ。

その3


このフェイスクリームも万能です。
大人だけでなく子供にも使えて、敏感肌も含めた全部の肌タイプにOKとのこと。
伸びがよくてべたつかないので、今の季節にもぴったりです。

その4


これは、足用のクリーム。
疲れた足に使うと、すっきりリフレッシュできます。


ANNABISには
「HEALTHY MOVEMENT」...顔や身体のマッサージケア
「WHOLE BODY TREATMENT」...顔や身体、マウスウォッシュなど全身のケア
「BIOACTIVE COSMETICS」...エイジングケアやアクネケアなど
「BATH & SHOWER」...シャンプーやボディミルクなど
の4つのラインがあり、それぞれユニークな製品が展開されています。

自分の使用目的や好みに合わせて、色々な製品を試してみてはいかがでしょうか?

その5

ANNABIS
http://annabismedical.com
https://www.facebook.com/AnnabisNaturalProducts/
タグ:
コスメ お土産 オーガニック ヘンプコスメ 

NoPhoto
お土産にチェコのヘンプコスメはいかが?
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ
テーマ:買物・土産 スパ・エステ 
投稿日:2018/08/16 16:52
コメント(0)
毎日暑い日が続いていますね。
プラハも猛暑で、ついこの間までの過ごしやすい気候はどこへ…?と感じる毎日です。

今回紹介するのは、チェコのヘンプコスメ(カンナビスコスメ)の「ANNABIS」。
チェコにはたくさんの魅力的なオーガニックコスメがありますが、
ヘンプコスメのブランドも豊富にあります!
ドラッグストアやスーパーなどで手軽に入手できるので、私も色々な製品を試したり
ついつい集めてしまいます。

ハンドクリーム

テクスチャーも良いです◎

その中でも特にお気に入りの、チェコでは一番有名なヘンプコスメメーカー「ANNABIS」の製品を紹介したいと思います。

こちらはハンドクリーム。
伸びやすいクリームで、何よりいい香り!
ついつい自分の手を嗅いでしまいます。
しっとりするけど、べたつかず、使い勝手も◎

シルバー
ピンク

この2つは、フェイスクリームとマッサージ用クリーム。

アトピー用

爽やかな香りで、普段使いにぴったりです。

アトピー向けのクリームもあり、
お肌の弱い方も安心して使える製品が豊富にあります。


ヘンプコスメというと、日本ではあまり馴染みのないものですが、
チェコでは赤ちゃんから年配の方まで、色々な世代の方が愛用しているようです。
ANNABISの製品も、厳正な試験をパスしており(動物実験をしていない、ビーガン、ビオなど)
ヨーロッパ・世界基準の認定を何個も持っている商品なので、食べても大丈夫なほど
品質的にも安心して使えます。

また濃縮させたヘンプシードオイルは身体にとてもよく、チェコでは伝統的なもののようです。
日本では買うことができない製品なので、お土産にも最適ですね。
(もちろん日本に持ち帰っても全く問題ありません!)

ちょっと変わったお土産をお探しの方は、ぜひいかがでしょうか?

集合

ANNABIS
http://annabismedical.com
https://www.facebook.com/AnnabisNaturalProducts/
タグ:
コスメ お土産 オーガニック ヘンプコスメ 

NoPhoto
プラハ7区で日本のソウルフード
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:グルメ 
投稿日:2018/07/28 22:53
コメント(0)
今回ご紹介するのは、日本のソウルフードを出すプラハ7区にあるお店。



「ONIGIRAZU」
A

まさかプラハでおにぎり(?)が食べられるお店があるなんて!


店内はすっきりとした作りでシンプル。
オーナー自ら手がけた内装だそうです!
このONIGIRAZUは4ヶ月前にオープンしたそう。
内装


さてさてどんなおにぎらずが食べられるのでしょう。
メニューはこちら。

あ

おにぎらずの種類は3種類。
上からTempeh/Mango/Kimuchi



Tempehとは大豆ミートのこと。燻製した大豆ミート・・野菜のナムルにゴマドッレシングの味付け。

おにぎり


今回一番驚いたのは、Mangoです。
熟れきってないしゃきしゃきマンゴーとアボカド、バジルに、味付けはピーナッツバター、ココナッツ、チリソース、レモンという
エスニックなおにぎり。お客さんの中では一番人気なのだとか。
意外にも相性が良く、美味しかったです!


Kimuchiはキムチにきゅうり、スモーク豆腐、たまり醤油で韓国のキンパのような味でした。こちらも美味です。

おにぎり



そのほかに自家製味噌汁もあります。
出汁はなんと昆布から取っているそう。味噌も日本のものを使用し本格的です。



ひとつひとつ丁寧に手作業で。
A


サンドイッチのようにせていき、のりで包んでいくようです!たしかに握っていない。

A



ONIGIRAZUでは使用するお米から野菜まで素材にこだわって作られています。
使用する調味料なども化学調味料は使っていないそう。
味噌汁を入れるカップも環境に配慮して、植物由来のものを使用しているというこだわり!





プラハで仕事の間にさっくと食べられるものといえばピザやパンなど比較的カロリーのあるものが多いです。
オーナーのラデックさんは、同じように早くて、簡単で、安く食べられ、かつヘルシーなものはないかと考え,このお店を作ることを考えたそう。


プラハには日本料理屋はまだまだ少ないですが、アジアンフードが食べられる店では寿司も食べられます。
チェコ人は寿司が好きということも理由となり、おにぎらずというユニークな場所ができたのですね。




ベジタリアンの人やヘルシー志向の方、または新しいものに対してオープンなプラハの人々に人気があるようです。




お店のスタッフさんもみんなフレンドリー。
プラハ7区の雰囲気もゆったりしておすすめです。
ぜひおにぎらずを試してみてくださいね!




ONIGIRAZU
17000 プラハ
Milady Horákové 9

月曜〜金曜11:00ー15:00
16:00-21:00

1 - 5件目まで(162件中)