1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アートサバイブログさん
日経トレンディ総合力BESTに続きオリコン顧客満足度®でも1を獲得 [プレスリリース]

  海外エリア: ヨーロッパ > チェコ の他のブログはこちら|

チェコ・プラハ特派員ブログ

~PRAGUE LOCAL GUIDE~

ART SUVIVE BLOG
「クリエイティブに世界をサバイブする」をテーマに、チェコを中心としたヨーロッパのアートシーンや、アーティストサバイブ情報などを発信中
プロフィール

ニックネーム:
アートサバイブログ
居住地:
ヨーロッパ>チェコ>プラハ
自己紹介:
アートメディア「アートサバイブログ」にて、チェコを中心としたヨーロッパのアートシーンや、アーティストサバイブ情報などを発信中です。
他にも、チェコを中心とした中欧・東欧で通訳やコーディネート等のお手伝いをしております。こちら以外にも様々なサポートを承っておりますので、気になることがございましたら、お気軽にメールにてお問合せください。

▼Mail
pbscreation@gmail.com

▼アートサバイブログ
https://artsurviveblog.com

▼Twitter
https://twitter.com/ArtSurviveBlog

カレンダー
4月<2024年5月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(239件中)

4
ガラスビーズやボタンの街、ヤブロネッツ・ナド・ニソウ ガラス・ジュエリー博物館
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>チェコその他の都市
テーマ:観光地 その他 歴史・文化・芸術 
投稿日:2024/04/14 21:27
コメント(0)
皆さんこんにちは。
今日は、プラハから100キロ離れたポーランドとに程近い、ガラスビーズやボタンの街、Jablonec nad Nisouの「ヤブロネッツ・ナド・ニソウ ガラス・ジュエリー博物館」に行ってきました。
ヤブロネッツ・ナド・ニソウは、日本でも知る人ぞ知る、「ガラスボタン」や「ガラスビーズ」の街として有名です。
街には、何軒ものビーズ屋やガラスジュエリーのお店が点在しています。
その中心にあるのが、「ガラス・ジュエリー博物館」です。
ウェブサイト:https://www.msb-jablonec.cz/

今日は知り合いのスロバキア人ガラス作家、Patrik Illoさんの展示をみに行きました。
https://www.msb-jablonec.cz/vystavy/pripravujeme-novou-vystavupatrik-illo-arterie


3
この博物館(日本にとっては美術館にあたります)は、この街もしくは周辺の歴史的ガラス工芸作品を収集している博物館で、チェコで最もガラスジュエリーのコレクション数を誇る場所です。
私が訪れた時はなんと世界で最もコレクション数が多い、「ガラス製のクリスマスオーナメント」の展示もしていました。
4
チェコではクリスマスになるとクリスマスツリーが全ての家族の家に飾られると言っても過言ではありません。そしてそのツリーにはいつも、ガラス製のオーナメントが飾られるのです。
5

ヤブロネッツへは、プラハからバスでも電車でも2時間程で行くことができます。ぜひ日帰りでも簡単にいけますので皆さんも行ってみてください!
タグ:
ガラス ガラスボタン ガラスジュエリー ヤブロネッツ 

1
八王子駅周辺のオススメ場所
エリア:
  • 関東>東京>八王子・高尾山
テーマ:買物・土産 グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2023/07/13 20:55
コメント(0)
こんにちは。今日は八王子駅周辺のオススメ場所、私の行き付け場所をご紹介します。
八王子は、約100,000人の学生が学んでいる全国でも有数の学園都市です。
駅前は栄えており、少し離れると自然が沢山あるとても住みやすい町でもあります。
1
放射線通りがよく知られる通りで、ここ近辺になんでもある、という感じです。

1
1
今回まずご紹介するのは「八王子夢美術館」です。
八王子の駅近の美術館として、色々と企画展を行っています。駅から10分程で行けるのもポイントです。
私が観たのはピーター・シス展です。チェコスロバキアからアメリカに亡命したイラストレーター、アニメ作家です。日本でも何度も展示をしており、彼の絵本をはじめイラストはとても人気を博しています。一点一点手書きで描かれたイラストは、カタログやウェブサイトで見るものとはまるで違いますので、是非足を運んでみてください。
ウェブサイト:https://www.yumebi.com/

1
1
次に紹介するのは「いちょうホール八王子市芸術文化会館」です。
夢美術館から歩いて5分に隣接するこのホールは、コンサートや演劇、その他様々な文化活動を行う八王子の中心的文化施設です。
今回私が観たのは、八王子の伝統芸能、「車人形」です。小さなタイヤがついた椅子を黒子が操り、約120cm程の人形で劇を行います。江戸末期から始まったこの車人形は、現在日本に三座しか残っていなく、大変貴重な講演を観ることができました。
ウェブサイト:https://www.hachiojibunka.or.jp/icho/
関連リンク:https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/003/003/006/kinisitei/p005234.html

1
さて、それではカフェ、軽食編です。
「ダイニングバー66」は、ローカル八王子民の知る人ぞ知るアングラカフェバーです。入った瞬間から異国の雰囲気があり、しかし店内は大変盛り上がっています。店員さん達も皆とても良い方ばかりで、楽しい時間を過ごすことができました。私はカクテルKAMIKAZEをいただきました。
インスタグラム:https://www.instagram.com/hachiouji_cafe_66/?hl=ja

1
1
次はオーガニックレストラン「CITRA(シトラ)」です。
ここは昼間は店外で無農薬野菜も販売しており、店内では搾りたてジュース、その他オーガニックなお食事やカフェを楽しむことができます。メニューがとても創作的で、味わったことない組み合わせをとてもクリエイティブに提供してくれます。知らない食べ物も、無農薬なら安心して食べられますね。
インスタグラム:https://www.instagram.com/citrahachioji/

1
1
次はなんと、すっぽん屋の「鬼無里村(キナサムラ)」です。
八王子の老舗すっぽんレストランの鬼無里村は、九州から生きたすっぽんを取り寄せ、その場で捌いてくれるなんとも新鮮で珍しいレストランです。しかも値段も東京都心とは比べられないほどのお安い値段です。写真にあるのはすっぽんの生き血、すっぽんの卵、すっぽんの心臓の刺身になります。パワー全開になれること間違いなしです。
関連リンク:https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13032653/


1
1
最後にご紹介するのは、現在八王子で人気が高まっているお店、「串焼き鈿」(でん)です。
新しい店舗に移転したようで、内装もお味も一般的焼き鳥屋さんの一次元上を行っています。
目の前でマスターが焼いてくれる焼き鳥、品数が多いお料理は、目も舌も楽しめる空間になっています。私がオーダーしたのはお任せのコースで、5000円程でかなり楽しませてもらいました。
インスタグラム:https://www.instagram.com/kushiyaki_den/

皆さんも、東京に行ったらあえて八王子に行ってみてください。高尾山だけではない特別な思い出を作れるはずです。
タグ:
八王子 東京 オススメ ご飯 

1
八王子、贅沢な静寂を味わえる料亭「鶯啼庵」(おうていあん)
エリア:
  • 関東>東京>八王子・高尾山
テーマ:グルメ その他 歴史・文化・芸術 
投稿日:2023/07/13 13:44
コメント(0)
1
今回は西東京の八王子市のオススメ場所、「鶯啼庵」(おうていあん)をご紹介します。
ずっと行ってみたかった場所でしたが、期待を上回る料亭の建築、お庭、お料理の内容で、びっくりするほど感動しました。それでは写真と共に色々お見せしていきます。
1
1
鶯啼庵は八王子インターのすぐ近くにあることから、車で市外から来られる方からは最も楽な場所に位置しています。高速道路のインターを降りたらそこはやはり八王子、鶯啼庵の「鶯(うぐいす)」の声がよく聞こえる静かな場所に料亭があります。
自動ドアの入り口が開くとなんと、目の前には滝です。「さざれ石のが巌(いわお)となりて苔(こけ)のむすまで」にちなみ、お客様を永遠にお迎えしたいと想いを込め、オーナーがこだわって作られたという、さざれ石の末広がりの滝がお迎えしてくれます。
1
1
少し早く着いたので、かなり広いフロントで待たせていただくと、まずはゆっくりと心を落ち着かせてくれるサービス、冷たい抹茶と水菓子を出してくれます。その後ほどなく、廊下を通り部屋に招いてくださいます。
1
1
次の感動がその長屋敷の広さです。一回は団体さんの個室、二階が少人数用の個室が沢山あります。間には様々な工芸品、襖絵などがあり、説明をしていただきながら部屋に招いてくれます。暑い夏でも凛とした空気感や雰囲気に自分が飲み込まれていることが実感できます。
1
1
現在、部屋はなんと全て個室仕様とのこと。私たちは今回二名でのお食事でしたので二階の個室へ。
1
1
大きなガラスからは日本庭園と優雅な池が見えます。
この料亭は、基本はお料理とお酒のお値段だけなので、お部屋代はかかりません。しかも団体さんで、近い距離でしたら、ミニバスの送迎も無料でしてくれるそうです。
既に私たちは個室、ここからの素晴らしい景色、この建物や美術品の紹介などで心が一杯です。
1
1
食べる前から既に有難い時間なのに、私がオーダーした懐石料理の昼御膳、うぐいすコースはなんと4,500円という安すぎる値段。追加で贅沢な白葡萄だけで作られた無添加ジュースも追加注文させてもらいました。
前菜は刺身を中心とした盛り付けの装いが夏らしい一皿。
1
1
二皿目のお料理は、一品一品の手間暇がかかった六品です。毎月の季節でメニューを変えていくというお料理は、シェフが季節をモチーフに、食材に対する新しい理解を入れ込んだコンセプト和食という感がありました。
三皿目の和牛はびっくりです。美しい、サクサクと柔らかい、完全に美味い。味わってみてくださいとしか言いようがないです。最後には〆の土鍋のご飯物です。一品ずつ細部まで非常に美味で、お食事中に既に「ここへまた来たい」と何度も思ってしまいました。
11
そして最後にデザートとコーヒー。器が徹底的にオシャレで、大正時代の雰囲気があるものが私は好きでした。一皿一皿の間に、個室で景色や会話を楽しむ静かな時間は有り得ない程贅沢です。
1
1
1
最後に、美術館のような屋敷を見学しながら、中広間と大広間の個室も拝見させていただきました。
1
1
今回、宣伝でもなく普通に気になって行った八王子の鶯啼庵に遂に行け、そして期待以上の感動をしたので皆さんにこの喜びをシェアできてよかったです。是非、八王子の近くに来られたら、お食事と贅沢な空間を楽しんで行ってください。

ウェブサイト:https://www.outeian.jp/
インスタグラム:https://www.instagram.com/outeian_hachioji/
1
タグ:
八王子 東京 鶯啼庵 料亭 懐石料理 

g
ヨーロッパでヨガなタントラマッサージからエネルギーをもらいました
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:スパ・エステ その他 
投稿日:2023/05/01 03:17
コメント(0)
こんにちわ。今日はプラハの非常に興味深いのウェルネスマッサージサロンを紹介してきます。今回訪れたのは「Solas Bodywork & Therapies」。こちらはコミュニケーションがマッサージする上で一番大切だと話すオーナー、マークさん。「ソラースボディーワーク&セラピーを開業する前は病院で働いていたそうですが徐々にマッサージに魅了され、マッサージ師になったそうです。
Harmony spaと言うスパの中にSolas Bodywork & Therapiesはあります。玄関のチャイムを鳴らすと素敵な笑顔でマークさんが迎えてくれました。日本国外でのマッサージは言葉の壁で抵抗がある方が多いのではないでしょうか。マークさんは英語でゆっくりと分かりやすいように話してくれますし、私が話すのも焦らずに待ってくれましたのでご安心を。

f

まずはセッションで私の体の痛い部分や気になっていることを伝えて、どのマッサージをするか決めます。私は、ロミロミやタントラをミックスしたものをしていただくことにしました。ここでお伝えしておきたいのはタントラマッサージはエロティックなものとは違うということです。ヨーロッパではヨガや瞑想への関心が高まるのと共にタントラも親しまれています。

s

ユニークだったのが最初は立ったままマッサージが始まることです。深呼吸、フェザータッチで全身をリラックスさせてもらいます。マークさんは施術中にお客さんから送られてくるものを受け取りそして返すのだそうです。誘導されるように腕を動かしたり、ダンスのリフトのようにトーマスさんに体を預けリラックスしていきます。その後に施術台に移り全身をオイルでマッサージしてもらいました。

d

前半のセッションがあったお陰か、安心して身を委ねることができ終盤はウトウトしてしまうほどでした。施術の翌日には必ず「その後、体調はどうですか?」とメッセージをしてくれ、その時にお客さんの症状が少しでも改善したとのお声をもらうことがやりがいだそうです。
インスタグラムの投稿も熱心でストーリーで質問に答えたりなど親しみを感じます。
マッサージだけではなく、とても興味深い非日常体験が出来ました。
プラハに来られたらぜひチャレンジしてみることをお勧めします。

a

[Solas Bodywork & Therapies]
HP:https://www.solas-bodywork.com/
Facebook:https://www.facebook.com/solasbodyworkandtherapies

1s
チェコでセラピーマッサージに行こう
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
テーマ:スパ・エステ ホテル・宿泊 その他 
投稿日:2023/04/30 18:36
コメント(0)
今日紹介するのは、ヨーロッパらしいウェルネス系セラピーマッサージ、AVE MASSAGE THERAPY(アヴェマッサージセラピー)を紹介します。ここはインドやタイからインスピレーションを受けたマッサージ方法が取り入れられ、それに加えてヨーロッパのウェルネススタイルが混ざったサロンです。

5

イギリス、アメリカ、チェコで多くの施術の経験を持つヘレナさんが2022年10月にオープンしたセラピーサロンです。中心地のムーステクから15分程度の住宅街の角地とわかりやすい場所にあります。ヘアサロンの一つのプライベート空間をサロンとしています。採光を取り入れているので滞りのない雰囲気がとても好印象です。

3

室内はシンプルながら東洋の装飾が散りばめられ、親しみを覚えます。
患者ごとにリネンを取り替えているとHPに明言しているだけあり清潔感が漂っています。
カウンセリングでは首の痛みが毎朝あることを伝え、今回はディープマッサージ 60分(900ck)をお願いしました。次に使用するオイルを選びます。フレグランスを嗅がせてただき私が選んだのはローズマリーとパイン(松)とレモングラスのBioオイルでこちらは一番人気だそうです。
マッサージ台に寝そべりマッサージが始まります。「全てあなたのための時間」だと言うヘレナさん。緩やかな音楽に包まれ、まるで瞑想をしているようなひと時となりました。

2

深呼吸から始まり、背中全体をほぐし温めてから背骨のすぐ横の筋肉のリリース、肩甲骨周り、肩、首、鎖骨周り、頭をしっかり揉み解していただきました。人の体は皆ユニークだとおっしゃるヘレナさん。私の体を観察し対話してくれているように徐々に徐々に深いところに施術してくれました。

4

施術後は肩首の強張りがなくなり頭がとても軽くなりました。着替え終わるとお水と温かいお茶を出してくれ、私の症状に適したストレッチを丁寧に教えてくださいました。ディープマッサージは施術後2、3日は痛みがあり、施術した日はお水を沢山飲むようにとのことでした。
現代は忙しいけれども「ただベストを尽くすだけ」と明るくコメントをくれました。子供や周りのことに一生懸命になりがちなので、みんな自分のケアをしてほしいとのこと。
皆さんもぜひ癒しの時間を味わってみてください。


HP:https://www.avemassagetherapy.com/
Instagram:https://www.instagram.com/avemassagetherapy
Facebook:https://www.facebook.com/avemassagetherapy

1 - 5件目まで(239件中)