1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. マルタペリカンさんのブログ
  4. ゴゾ島の塩田

  海外エリア: ヨーロッパ > マルタ の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベル・ネット・マルタが発信する現地情報
MALTA
日通トラベル・ネット マルタが発信する現地旅行情報
プロフィール

ニックネーム:
マルタペリカン
居住地:
ヨーロッパ>マルタ>バレッタ
会社名:
日通ペリカン・トラベル・ネット・マルタ
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>マルタ>バレッタ
会社電話番号:
+356 2552 2528
業種:
旅行業
自己紹介:
シンガポール日本通運株式会社を本部とする現地旅行会社ネットワークです。

「旅行者の訪れる土地の事を一番よく知っているのは、その土地で働き、生活する私たちだ」と考え、アジアの各地で活躍する現地旅行会社や現地情報発信会社の参加を得て、2004年にアジア旅行情報発信ネットワーク「日通ペリカントラベルネット」を設立いたしました。

今日、この理念はアジアにとどまることなく、もっと大きな世界へ広がっています。
日本の旅行会社には出来ないサービスを世界各地から直接お届けしたいと思っています。

より多くの皆様に日通ペリカントラベルネットをご利用いただき、快適で安心な旅行をお楽しみいただけるよう日々精進してまいりますので、格別のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ゴゾ島の塩田

2010/01/17 17:50
エリア:
  • ヨーロッパ > マルタ > ゴゾ島
テーマ:
  • 街中・建物・景色
  • / ビーチ・島
  • / 自然・植物

突然ですが!

塩田を見たことありますか?

日本にも塩田はありますが、身近なものでもないし、
わざわざ塩田を見に遠出なんてしないですよね…

でも、ゴゾ島にとっても素晴らしい塩田を見つけました!

ゴゾ島の北部沿岸。
人気の全くない海岸に塩田はあります。
観光地ではないので、人がいないのも当たり前です…
しかも塩田を訪れるツアーはなく、バスが近くを走っているわけでもないので、
簡単に行ける場所ではないと言うの理由なんですが…

ゴゾの塩田は日本の塩田とはちょっと違い、ライムストーンを掘り下げて造られていて、
冬の波が高い日に、塩田に海水がどんどん入って行き、
夏の強い日差しを浴びて少しずつ塩の結晶ができ塩になる。
と言う単純な仕組みになっているそうです。

さて、そのゴゾの塩なんですが、もちろん買うことができます!
塩の味は、塩田の石によって味が変わるので、塩田一つずつ味が違う!?らしいです。
甘味があるものからちょっとえぐ味があるものまで様々…
そこで、マルタ人とゴゾ人にこんな質問をしてみました。

「マルタの塩とゴゾの塩の味って一緒なの?」

マルタ人は、「海が一緒だから味も一緒だよ。」
と、答えた傍らゴゾ人は、

ゴゾの塩の方がおいしい!」

と、きっぱり答えてくれました!
地元の人が言うからには間違いないはずです!
ゴゾの塩を見つけたら是非、お試し下さい!
そして気に入った味の塩をお土産に買ってみましょう!

塩田と地中海…
とてもとても美しい風景なのに知られていないなんて、

もったいない!

そこで、日本人ガイド付きのゴゾ島ツアーで、
日程に塩田が加わりました!
一人でも多くの方に見て頂きたいので、
ゴゾ島に行く予定がある方は、是非ご検討下さい!

  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
ヨーロッパ
マルタ(300)
イタリア(13)
フランス(3)
イギリス(2)
スペイン(1)
ポルトガル(1)