1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. やぶ蚊さん
  4. その他の記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > グルジア の他のブログはこちら|

コーカサスの真実

~コーカサスのカオス(客好き・停滞・やさしさ・粗野・無償・強欲・一途さ・怠惰)を探るの巻~

トビリシ企画
グルジア全土を歩いています。おとなりのアルメニア・アゼルバイジャン・トルコにもときどき行きます。手配もします。
プロフィール

ニックネーム:
やぶ蚊
居住地:
ヨーロッパ>グルジア>トビリシ
会社名:
トビリシ企画
会社英字名:
Tbilisi Planning
会社所在地:
ヨーロッパ>グルジア>トビリシ
会社電話番号:
+995 32 296 3680
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
ソビエト時代終了直前の1988年秋、初めてのコーカサス周遊旅行を敢行。以後、ソビエト崩壊後のグルジアの苦悩を毎年、見てきました。99年からトビリシに住み、大学で教鞭を8年、とったのち、市内の旅行代理店で旅行業の修行を治め、12年10月に独立しました。アルメニア、アゼルバイジャンも定期的に訪問し、最新情報の入手をこころがけています。

カレンダー
7月<2021年8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

NoPhoto
クタイシのスリコの家
エリア:
  • ヨーロッパ>グルジア>クタイシ
テーマ:旅行準備 ホテル・宿泊 その他 
投稿日:2014/06/15 14:51
コメント(0)
ワインや焼酎を飲ませてくれることで、バッグ・パッカーの間では、有名なクタイシのスリコの家。
先週、日本のTVの取材で訪問しました。

ところで、ネットで検索するとスリコ・ゲストハウスのいうのが出てきます。これがマガイモノ。

人気のあるスリコ・メデアさんに便乗した、別な宿です。

取材した翌日、メデアから電話があって「今日も、タクシーでスリコの家へ」と頼むと、べつなスリコ・ゲストハウスへ連れて行かれ、「ここじゃない」ということで、また、タクシーに乗って、ようやく到着した日本人がいた、という話をしていました。

くわしい住所を説明するのは、面倒、むずかしいので、旧市街のトビリシ通りの81番地と83番地の間、またはところで降りてください。そこからは10m程度です。事前の下調べは慎重に。だまされないようにちゅういしてください。

air astana
アルマトイからの情報
エリア:
  • ヨーロッパ>グルジア>トビリシ
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 その他 
投稿日:2013/12/13 16:39
コメント(0)
以前にも書きましたが、韓国のインチョン(仁川)をハブとしてOZ(アシアナ航空)とKC(エア・アスタナ航空)を利用すると、どうやら安く、早く、日本とトビリシが往復できそうです。OZとKCはコード・シェアを始めましたので・・・。具体的には成田(または関空)=インチョン=アルマトイ(カザフスタン)=トビリシ ということになります。航空運賃は、こちらでは分かりませんので、日本国内の代理店でご確認ください。

アエロフロート
アエロフロート(SU)が復活
エリア:
  • ヨーロッパ>グルジア>トビリシ
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 その他 
投稿日:2013/12/01 07:00
コメント(0)
すこし、古いニュースですが、SUがモスクワ・トビリシ間のフライトを来年14年3月から復活させます。毎日1便が往復します。トランジット時間がちょっとながいかな?という感じですが、価格には興味がありますね。詳細は下記から、お調べください。
http://flyteam.jp/airline_route/svo_tbs/news/article/26294

qatarattendant
カタール航空(QR)を利用の場合は
エリア:
  • ヨーロッパ>グルジア
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 その他 
投稿日:2013/10/20 06:28
コメント(11)
カタールのドーハを基点としてカタール航空は(QR)は、その利便性と価格で人気があります。一般に、日本の旅行代理店はBakuイン、Tbilisiアウトでコーカサス3国(アゼルバイジャン・グルジア・アルメニア)ツアーを組むことが多いですね。

今、問題となっているのはアゼルバイジャンのヴィザです。これは日本を出る前に取得するのが一般的です。アルメニアのヴィザは国境で簡単に取得できます。トビリシでアゼルバイジャンのヴィザを申請する際はトビリシの日本大使館の推薦レターが必要です。ということで、個人で短期旅行する場合は上手に日程を組む必要があります。


QRの問題点はドーハのトランジット時間の長さですね。思い切ってイスタンブールまで飛んで、帰国便をトビリシ発にすると、乗り換え時間はスムーズになります。トルコは広い国ですので、国内旅行は様々なヴァリエーションがかんがえられますが、グルジアに興味のある方は東トルコの元?グルジア領「タオ・クラルジェティ」を訪問するという手があります。中心の町はアルトヴィンですね。トルコ・グルジア国境はサルピでもヴァレでも、今はスムーズです。日本人には両国ともノー・ヴィザですしね。バトゥミから幹線道路ではない、長寿の村「ケダ」を経由してアハルツィヘあたりで1泊し、ヴァルジアを見学してトビリシに入る高原道路は景色がいいですよ。


1 - 4件目まで(4件中)


国一覧
ヨーロッパ
グルジア(136)
アルメニア(18)
アゼルバイジャン(11)