1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. チェンマイ(タイ)グルメ
  5. パンパン オーガニック ベジタリアンの現地クチコミ
チェンマイ (タイ) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Pun Pun Organic Vegetarian パンパン オーガニック ベジタリアン

岡本 麻里 (タイ情報専門ライター)

スアンドーク寺のベジタリアン食堂

  • ベジタリアン料理がおいしい
  • 穴場
  • 地元っ子に人気

 仏教徒が95%というタイには仏教に関連する行事がたくさんある。「殺生をしない」という戒律に従い、毎日、または仏教の大切な日だけベジタリアンになる人も多く、タイの町にはベジタリアンの店があちこちにある。チェンマイにもそういう店がたくさんあり、その中でも厳選した素材を使用している店が「パンパン」だ。スアンドーク寺の境内に店を構えている。
 パンパンのコンセプトは持続可能な農業で、自分たちでオーガニック野菜を作っているだけでなく、オーガニック栽培をしている人の支援もしている。店の料理はできる限りオーガニックのもの、体に良い玄米や全粒粉、ブラウンシュガーなどを使い、化学調味料は入れていない。
 メニューは、サラダやカレー、ラーメン、パスタ、焼き飯、野菜炒め、スープなどから選べて、タイ料理、洋食、オリジナル料理などジャンルも様々だ。珍しいメニューだったら、花のサラダ「サラダ・ドークマイ」なんていかがだろうか。たっぷりの生野菜の上に、食べられる季節の花を揚げたものがのってくる。花の苦味がアクセントになって食が進む。ドレッシングはアボカド、カボチャ、パッションフルーツなどから選べる。
 また、酸味と辛味がきいたトムヤムスープ「トムヤム・ナームコン」やおなじみグリーンカレー「ゲーン・キヤオ・ワーン」もある。キノコや豆腐、野菜がたくさん入っていて満足いく1品だ。
 飲み物も豊富で、レモングラスやローゼルといったタイの爽やかなハーブティー、搾りたての人参ジュースやビートルートジュースなどもある。
 旅行で野菜不足を感じた時、ベジタリアン料理を味わいたいと思った時、行ってみてはいかがだろうか。

[営業時間] 8:00-16:00 水曜休み
[電話番号] 08-4365-6581
[行き方] スアンドーク寺正面門を入り、右手に本堂を見ながら通り過ぎる。最初の道を右折。十数メートル行った左側。
[値段] サラダ 75B前後、カレー 65B前後、スープ 50B、麺・焼き飯、炒め物 60B前後、飲み物 20-45B

2017/02訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。