1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ロンドン(イギリス)観光地
  5. ロンドン塔の現地クチコミ
ロンドン (イギリス) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(9人)詳細

Tower of London (Her Majesty’s Royal Palace and Fortress) ロンドン塔

伊藤 雅雄 (フリージャーナリスト)

王室の歴史を見守り続けた中世のお城は、ロンドンで1、2を争う人気観光地

  • 観光おすすめ

世界遺産に認定されているロンドン塔。
観光シーズンになるとチケット売り場には、朝早くから多くの人が並びます。

大人気の観光地、牢獄や処刑場として有名ですが、そもそもはロンドンを守るための城塞、
さらには王室の居城として使われていた時期もありました。
13世紀以降、監獄や幽閉場所となったことから、その血塗られた歴史のイメージのほうが
強くなってしまいました。

城壁の中は、ホワイト・タワー、タワー・グリーン、ブラディ・タワー、ジュエル・ハウスなどの建物に
分かれており、全てを見て回るには、2〜3時間は必要。
時間に余裕を持って出かけてください。

暗い歴史の建物ばかりのお城の中でジュエル・ハウスは、ロンドン塔が王室の宝物庫でもあったことから、
王冠や戴冠式で使われる装飾品などが展示されています。
動く歩道に乗っての観覧なので、じっくり見ることができないのですが、数々の王室の宝飾品は圧巻です。

また、このロンドン塔ではカラスがとても重要な存在です。
チャールズ2世の時代に占い師が「ロンドン塔のカラスがいなくなると、王室が滅びる」と告げたことから、
専用の飼育員も置かれるほど大切にされています。

場内の案内や、無料ガイドツアーも行ってくれる赤い制服の衛兵はビーフィーターと呼ばれます。
正式名称はヨーマン・ウォーダーと呼ばれるこのビーフィーター、もともとは「ビーフ・イーター」
つまり、肉を食べる人という意味で、14世紀からロンドン塔を守ってきた人たち、
かつての給料は高級品だったお肉を現物支給されたことからこう呼ばれています。
30分ごとに行われるビーフィーターによる案内ツアー(所要約1時間)も実施されています。

夜のロンドン塔では、ここで処刑された人々の幽霊目撃情報がたくさんあります。
有名なのはヘンリー8世のお妃だったアン・ブーリン、処刑直後から自分の首を持って走り回る姿が
見られたと言われています。
ヘンリー8世については、ホワイト・タワーに甲冑が展示されています。

ゆうこ (貿易関連会社勤務)

血に塗られた歴史を持つ世界遺産

  • 観光おすすめ

ロンドン塔の歴史は、1070年に城塞として建設されて以来、
宮殿、王立鋳貨局、動物園、牢獄、処刑場などとして、
さまざまな用途で使用されてきましたが、
一番有名なのはやはり牢獄や処刑場としてではないでしょうか。
このため、幽霊が多く目撃される場所としても有名です。

現在は、英国王室が、主に武器の倉庫などとして使用しています。
1988年には、ユネスコの世界遺産に登録されました。

おどろおどろしい歴史があるロンドン塔ですが、
実際行ってみるとそんな印象はあまりなく、
特にその歴史を聞くと、想像以上に楽しめるといった声を多く聞きます。
歴史上の裏話などは数知れませんが、ロンドン塔に行かれる前に、
予備知識として、その背景や歴史など、予備知識を蓄えてられるか、
または、日本語対応のオーディオガイドが貸し出されていますので、
それを利用されて見学されることをお勧めします。

見所がたくさんあるロンドン塔ですが、公式サイトでお勧めされている
見学モデルコースの内、1時間コースと2時間コースを紹介します。

1時間コース
クイーンズ クラウンジュエルズ(20分) → ホワイトタワー(20分)
→ 中世の宮殿(MedievalPalace)(20分)


2時間コース
ヨーマン ウォーダーズのツアーに参加(60分)
→ クイーンズ クラウンジュエルズ(20分) → ホワイトタワー(30分)


ロンドン塔内の地図(ロンドン塔公式HPより)
http://www.hrp.org.uk/Resources/TOL_map-2013_2.pdf


最寄り駅はタワーブリッジ駅、駅から徒歩2-3分です。
ロンドン塔敷地内の南側、テムズ川沿いにでると、目の前はタワーブリッジです。
タワーブリッジ上部には歩道があり、有料で歩道を歩くこともできます。

また、大きい船が通るときは、真ん中から橋が開くので、
偶然見ることができたらラッキーですね。

タワーブリッジが開閉時間は、以下タワーブリッジの公式サイトから調べられます。
(日本語)
http://www.towerbridge.org.uk/TBE/JP/BridgeLiftTimes/


ロンドン塔は、夏季は特に込むので、
じっくり見たい場合は、朝一番で行くのがお勧です。

  • ジャンル
    世界 遺産 城・宮殿
  • エリア
    ウォータールー/サウスワーク
  • 住所
  • アクセス
    タワーヒル駅から徒歩1分
  • 電話番号
    +44-870-7566060
  • 営業時間
    3/1-10/31:[火-土]9:00-17:30[日・月]10:00-17:30(最終入館17:00)
    11/1-2/28:[火-土]9:00-16:30[日・月]10:00-16:30(最終入館16:00)
  • 予算
    大人 20.9ポンド
    子供(5~15歳) 10.45ポンド
    5歳以下は大人同伴の際は 無料
  • 公式サイト
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。