1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マカオグルメ
  5. 澳門安徳魯餅店の現地クチコミ

マカオ グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Lord Stow's Bakely 澳門安徳魯餅店 ロード ストウズ ベーカリー

コロアン島で海を見ながらアツアツのエッグタルトを食べるのが通?!

  • エッグタルトがおいしい
  • 定番人気

マカオはエッグタルトが有名ですが、一番人気はコロアン島にある「アンドリューのエッグタルト」と、
マカオ半島で一番人気の「マーガレットのエッグタルト」です。
もともとアンドリュー・ストウ氏とマーガレット氏は夫婦だったので、エッグタルトの味は同じくらい美味しい!

イギリス人のオーナー・アンドリュー・ストウ氏がポルトガルで修業し、
1989年に独自にアレンジしたエッグタルトを売出したのがマカオのエッグタルトが誕生した瞬間。
残念ながら、アンドリュー氏は2006年に病死されましたが、
今ではコロアン島の「ロード・ストウズ・カフェ」のエッグタルトがマカオを代表するスイーツとなりました。

アンドリュー氏は、タイムスリップしたかのような、のどかで田舎なマカオ最南端のコロアネ島に
本店を開くことにこだわりました。フェリーターミナルからタクシーで約25分もかかりますが、
今では毎日約6000個もエッグタルトを焼き、連日観光客で賑わっています。

サクサクのデニッシュ生地と甘すぎないシンプルなカスタードクリームに病みつき!
美味しいエッグタルトを食べながら、南シナ海を眺め、ゆったりと時間を過ごすのも、
昔ながらのマカオ流の時の過ごし方です。

カジノや人ごみから離れて、是非エッグタルトを食べながら昔のマカオを体験してみてください。

コロアン島の小さなベーカリーで焼くエッグタルト

  • エッグタルトがおいしい
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

日本や香港で一時期ブームになったエッグタルト、そのブームの火付け役となったのが、コロアン島にある小さなベーカリー「安徳魯餅店」。
地元では、「アンドリューのエッグタルト」といったほうが通じやすいかもしれません。
場所はコロアン村の中心地にあり、タクシーで行くのなら、「路環市区(コロアンビレッジ)、蛋撻(エッグタルト)」でおよそ分かってもらえます。

1989年にこのベーカリーをオープンしたのは、この静かな漁村を気に入ったイギリス人のアンドリューさん。
ポルトガルに古くから伝わる「ナタ」と呼ばれるお菓子をアレンジしたところ、マカオで大人気に。
コロアン島の小さな店であるにもかかわらず、香港からも客が訪れるほどの人気ぶりです。
残念なことに、2006年にアンドリューさんは51歳の若さで他界されましたが、その秘伝のレシピは今も引き継がれています。

マカオの2大エッグタルトと言われる「カフェ・エ・ナタ」と比べると、ややこちらのほうが甘さ控えめでパイがサクサクとしています。
男性には、こちらのエッグタルトのほうが人気が高いようですが、どちらも個性があって、食べ比べもマカオならではの楽しみかもしれません。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。