1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マカオグルメ
  5. 紫逸軒の現地クチコミ
マカオ グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Zi Yat Heen 紫逸軒 ジーヤッヒン

HEMEI (エディター、ライター)

ラグジュアリーなホテルのシグネチャーダイニングで本格広東料理を

  • 広東料理がおいしい
  • 定番人気

「フォーシーズンズ ホテル マカオ コタイ ストリップ」のゴージャスなエントランスと同じ階にあるシグネチャーダイニング。

ミシュランは1つ星。それを抜きにしても、盛り付けや味はもちろん、洗練されたインテリアも素晴らしく、お腹と心を満足させてくれます。

料理は季節によって異なりますが、たとえば、チャーシューや子豚の丸焼き、アワビの酒蒸しなどを乗せた紫逸軒特選前菜プレート(220パタカ)は、オブジェを思わせる繊細なつくり。
燕の巣とロブスターの蒸餃子(2つで120パタカ)、極上キクラゲの焼売(69パタカ)、シーフードの腸粉(84パタカ)などの点心類もパクッと一口でいくのは躊躇するほどの美しさです。
まさに、「グルメも芸術」と思わせる料理にうっとり。

エグゼクティブシェフは、上海で育ち、香港での厳しい修行を経てシェフになった張志才さん。
伝統を大切にしながらも、独創的なアイデアが料理にちりばめられていて、広東料理の底力と将来性を感じます。

なお、ダイニングルームの中央には、天井まで達するガラス張りのワインセラーがあり、ずらりとワインボトルが並んでいます。
ワイン好きなら、広東料理とのペアリングも楽しみなレストランです。

日本語は通じませんが、英語も通じますし、メニューに英語表記もあるので、オーダーはしやすいと思います。
また、クレジットカードの利用可能です。

フォーシーズンズ ホテル マカオ コタイ ストリップまでのアクセスは、セナド広場から車で約15分。

2019/05訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。